メインメニューを開く

華頂宮博経親王(かちょうのみや ひろつねしんのう、(嘉永4年3月18日1851年4月19日) - 明治9年(1876年5月24日)は、日本の皇族海軍軍人。官位は議定会計事務総督海軍少将徳川家茂猶子

華頂宮博経親王
華頂宮
Prince Hirotsune Kachōnomiya.jpg
華頂宮博経親王
続柄 伏見宮邦家親王の第十二王子
身位 親王
敬称 殿下
出生 1851年4月19日
死去 (1876-05-24) 1876年5月24日(25歳没)
配偶者 南部郁子
子女 華頂宮博厚親王
父親 伏見宮邦家親王
母親 堀内信子
役職 弾正尹
議定
会計事務総督
海軍少将
テンプレートを表示

伏見宮邦家親王第十二王子、母は家女房堀内信子。華頂宮を創設した。

経歴編集

幼少時の称号を隆宮といい嘉永5年(1852年)に出家知恩院門跡となり尊秀と号す。万延元年(1860年)8月に孝明天皇の猶子となり、同年11月、親王宣下を受ける。慶応4年(1868年)勅命により復飾し一家を創設、宮号を華頂宮とし博経に名を戻す。宮号は知恩院に因む。

和学校御用掛・弾正尹・議定・会計事務総督を歴任した他、アメリカに留学し、1872年5月に東隆彦の名でアナポリス海軍兵学校 (アメリカ合衆国)に入学して海軍について学び[1]1876年(明治9年)海軍少将となるも同年5月24日薨去する。

経歴編集

嘉永4年(1851年)3月18日 誕生
嘉永5年(1852年)10月12日 知恩院相続
万延元年(1860年)8月27日 孝明天皇猶子
万延元年(1860年) 徳川家茂猶子
万延元年(1860年)11月29日 親王宣下・名を博経とする
万延元年(1860年)12月29日 落飾・知恩院門跡・法名尊秀入道親王
慶応4年(1868年)1月7日 復飾・復名博経親王
慶応4年(1868年)1月10日 華頂宮家創設
明治元年(1868年)9月18日 元服
明治3年(1870年)6月 アメリカ留学
明治5年(1872年)8月 病気帰国
明治9年(1876年)5月13日 任海軍少将
明治9年(1876年)5月24日 薨去

血縁編集

親王は伯爵南部利剛の長女郁子を妃とし、博厚親王を儲ける。

脚注編集

外部リンク編集