メインメニューを開く
 
藤原実兼
時代 平安時代後期
生誕 応徳2年(1085年
死没 天永3年4月2日1112年4月29日
官位 蔵人
主君 鳥羽天皇
氏族 藤原南家貞嗣
父母 父:藤原季綱、母:藤原通宗
兄弟 友実尹通実兼範貞、慶祐、陽仁、尋秀、悦子、女子
源有家
信西
テンプレートを表示

藤原 実兼(ふじわら の さねかね)は、平安時代後期の貴族漢詩人藤原南家貞嗣流、右衛門権佐藤原季綱の次男[1]官位蔵人院政期に院近臣として権勢を得た信西(藤原通憲)の実父。

経歴編集

鳥羽天皇の即位前よりその傍らに仕え、康和5年(1103年)に東宮昇殿を許される。さらに同天皇の即位に伴い、天仁元年(1108年)に進士の時に蔵人に進む。若年時より博識を謳われ、『本朝無題詩』『朝野群載』『和漢兼作集』『擲金抄』『本朝小序集』などに漢詩・和歌が収録されている他、帥中納言・大江匡房の談話集である『江談抄』の筆録者であるともされている。

将来を嘱望されたが、天永3年(1112年)、28歳で蔵人所において頓死。余りに急な死であったため、殺害説も流布された[2]。これを受け、一子・通憲は高階経敏の養子となっている。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中右記』の記述より。ただし『尊卑分脈』によれば三男。
  2. ^ 殿暦』の記述より。