藤原正光
時代 平安時代中期
生誕 天暦11年(957年
死没 長和3年2月29日1014年3月31日
官位 従三位参議大蔵卿
主君 冷泉天皇円融天皇花山天皇一条天皇三条天皇
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原兼通、母:藤原有年の娘
兄弟 顕光媓子時光朝光、遠光、正光、婉子、親光、用光
源高明の娘、藤原永年の娘
兼貞、光子、永家、実慶、藤原長家
テンプレートを表示

藤原 正光(ふじわら の まさみつ)は、平安時代中期の公卿藤原北家関白太政大臣藤原兼通の六男。官位従三位参議

経歴編集

安和2年(969年)に円融天皇即位すると、正光は新天皇の東宮時代の小舎人であったことも幸いし、13歳にして昇殿を許され、翌天禄元年(970年従五位下近江少掾に叙任される。天禄3年(972年)伯父の摂政藤原伊尹が没して父・藤原兼通が執政になると、翌天禄4年(973年侍従天延2年(974年左近衛少将、天延3年(975年)従五位上、貞元2年(977年正五位下次いで従四位下と急速に昇進を果たす。しかし、同年11月に兼通が薨去すると、正光は閑職の右馬頭に遷り以後の昇進は滞った。

この間に正光は兼通と兄弟仲が悪かった兼家に接近したらしい。永観2年(984年花山天皇が即位して兼家の孫・懐仁親王が東宮に立つと正光は東宮昇殿を許され、さらに寛和2年(986年)懐仁親王が即位(一条天皇)し、国母詮子皇太后となると皇太后宮権亮に就任するなど、兼家の近臣として認められている様子がうかがえる。同じ年、10年ぶりの昇叙によって従四位上、永祚2年(990年正四位下と昇進していることも、兼家との関係によるものと想定される。正暦2年(991年)に円融上皇の崩御に伴い詮子が出家すると正光は皇太后宮権亮を停められるが、翌正暦3年(992年)には左近衛中将に任じられた。

長徳2年(996年)疫病の流行などによる公卿の大幅入れ替えや長徳の変を通じて藤原道長左大臣として太政官の首班に立つと、正光の兄・顕光が次席の右大臣に任ぜられた。同年4月には正光は蔵人頭(頭中将)に補せられ、長徳4年(998年)には中将から大蔵卿に遷った。しかし、兄である顕光より、兼家から引き続いてその子である道長に近かったようで、長保2年(1000年)に道長の娘である彰子中宮となると中宮亮に任じられている。のちに三条天皇皇后娍子の立后に際して、対立する中宮・妍子の父であった道長派の一員として、立后の儀式に出席するよう求めた使者に対して正光が瓦礫を投げつけているが[1]。これは兄の一人である時光が同様に宮中からの退出を道長に妨害された一条天皇の中宮・定子のために退出の上卿を務めたこととは対照的で、兄弟で政権中枢である兼家-道長親子との距離のとり方の違いが表れている。

その後、蔵人頭の任8年を経て、寛弘元年(1004年従三位参議に叙任されて公卿に列す。議政官の傍らで引き続き大蔵卿を兼帯するが、それ以上の昇進はならなかった。三条朝長和3年(1014年)2月28日に顕光や時光ら兄に先立って薨去享年58。最終官位は参議従三位大蔵卿。

人物編集

枕草子』には「大蔵卿ばかり耳とき人はなし」で始まる段があるが、これは正光を指しているとされ、この中で遠くに座っていた正光が、清少納言が隣にいた人でも聞き返してくるくらいの小声で言ったことを、しっかり聞き逃さなかったことが書かれている。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『小右記』
  2. ^ a b c 『近衛府補任』

参考文献編集