メインメニューを開く

藤田真央

藤田 真央(ふじた まお、1998年[1]11月28日[2] - )は、日本ピアニスト東京音楽大学付属高等学校卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス在学中。[3]ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ首席客演ソリスト。 [4]

藤田 真央
出生名 藤田 真央
生誕 1998年11月28日
学歴 東京音楽大学付属高等学校 卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
事務所 ジャパン・アーツ

目次

経歴編集

  • 2009年 - 第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会グランプリ。「世界クラシック2010」(台湾)へ日本代表として出場、ジュニア部門第1位。
  • 2010年 - 第64回全日本学生音楽コンクール小学校の部東京大会第1位、全国大会第1位。併せて野村賞、井口愛子賞、音楽奨励賞、横浜市民賞(聴衆賞)を受賞。
  • 2013年 - 第5回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクールにおいて日本人初の第1位、併せてワーグナー・ヴェルディ賞を受賞。
     ナクソスよりデビューアルバム『ラフマニノフ: 楽興の時/三善 晃: ピアノ・ソナタ/他』をリリース。
  • 2015年 - 第1回若い音楽家のための珠海国際モーツァルトコンクール ピアノ部門グループBで第1位。
     セカンドアルバム『ワーグナー=リスト: 歌劇「タンホイザー」序曲』をリリース。
  • 2016年 - 第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位受賞。アメリカ・ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール第3位。
  • 2017年 - 第27回クララ・ハスキル国際ピアノコンクール第1位。
    併せて聴衆賞などの3つの特別賞受賞。
    日本人では河村尚子以来、3人目の優勝。

2013年12月に津田ホールにて初めてのリサイタルを開催、以降国内各地をはじめポーランド、ドイツ、イタリアなどで定期的に演奏を行うほか、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、世界のアッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。 国内においては、これまでに、現田茂夫飯森範親大友直人指揮のもと、神奈川フィルハーモニー管弦楽団東京交響楽団、ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ等のオーケストラと共演し、演奏経験を積んでいる。

2013年、14歳にてナクソス・ジャパンより、「ナクソス・クレッシェンド」という若い世代の音楽家のための新しいレーベル第1号として、デビューアルバム「MAO FUJITA」(NYCC-10001)をリリース。(ベートーヴェン/ピアノソナタ第6番、ラフマニノフ/楽興の時、三善晃/ピアノソナタを収録) 2015年、同ナクソス・ジャパンより、セカンドアルバム「ヤング・ヴィルトゥオーゾ」(NYCC-27296)をリリース。(ベートーヴェン/ピアノソナタ第14番月光、ワーグナー=リスト/タンホイザー序曲、プロコフィエフ/ピアノソナタ第6番を収録) 2018年、同ナクソス・ジャパンより、サードアルバム「passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番」(NYCC-27306)をリリース予定。(リスト/ハンガリー狂詩曲第2番、モーツァルト/ピアノソナタ第18番、ショパン/ピアノ・ソナタ第3番を収録)[5]

現在、ピアノを鷲見加寿子、野島稔に師事。ソルフェージュを西尾洋に師事。

2015年末に第1回、2016年4月に第2回ヴィルトゥオーゾユースオーケストラのソリストとして招待された。

アルバム編集

  • 『ラフマニノフ: 楽興の時/三善 晃: ピアノ・ソナタ/他』(2013年、ナクソス・ジャパン)
  • 『ワーグナー=リスト: 歌劇「タンホイザー」序曲』(2015年、ナクソス・ジャパン)
  • 『passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番』(2018年、ナクソス・ジャパン)

出演編集

テレビ番組編集

脚注編集

外部リンク編集