行基寺

行基寺(ぎょうきじ)は、岐阜県海津市にある浄土宗寺院である。山号は臥龍山。

行基寺(ぎょうきじ)
Gyokiji2008-07.jpg
行基寺本堂
所在地 岐阜県海津市南濃町上野河戸1024-1
山号 臥龍山
宗旨 浄土宗
法人番号 3200005005574
テンプレートを表示

別名「月見寺」、「隠れ城」、「お月見の寺」。行基入定の地の伝承がある。美濃高須藩藩主松平氏菩提寺である。本尊大日如来西美濃三十三霊場27札所。

目次

概要編集

養老山地の中腹にあり、本堂、大書院、小書院、庫裡、松平家廟を有し、高い石垣を持つ城郭風の伽藍であり、一見すると小規模な城である。一説には、緊急時には高須藩の城としての機能を有していたという。そのためか、寺院というより城の御殿に近い。

1705年宝永2年)に造られた美しい回廊式庭園があり、有料で拝観できる。また、庫裡にある月見の間からは、濃尾平野が一望できる。

沿革編集

伝承によれば、744年天平16年)、地方を巡っていた行基がこの地の洪水による被害を目の当たりにし、聖武天皇に懇願し人々のために建立したという。

行基は、一般的な説では、668年天智天皇7年)に生誕し、749年天平21年)、菅原寺で81歳で入滅し、生駒市竹林寺に埋葬されたとされているが、行基寺の伝承によれば、677年天武天皇6年)に生誕し、757年天平宝字元年)にこの地で入滅。埋葬されたとされている。

1336年延元元年)、結城友定の手により焼失。正平年間に再建される。

1702年元禄15年)、美濃高須藩藩主松平義行が行基寺を松平氏菩提寺とし、大規模な改修工事に着手する。1709年(宝永6年)、改修工事が完了する。1820年文政3年)、山門が建立される。

現在の本堂は1832年天保3年)再建である。

明治維新になるまでは、一般の人々が参拝することを禁止していた。

文化財編集

岐阜県重要文化財
行基入定の地と伝えられている行基塚の上に建っている板石塔婆。1377年永和3年)の年号が刻まれている。傍らにある自然石の副碑には、行基菩薩御入定御墓、天平勝宝元己丑二月二日御入寂などといった内容が刻まれている。
  • 一光三尊弥陀仏[2]
岐阜県指定史跡
  • 高須藩主歴代墓[3]
海津市指定文化財
海津市名勝
  • 臥龍山行基寺[5]

所在地編集

  • 岐阜県海津市南濃町上野河戸1024-1

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 板碑”. 岐阜県. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ 一光三尊弥陀仏”. 岐阜県. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ 高須藩主歴代墓”. 岐阜県. 2013年5月10日閲覧。
  4. ^ 海津市指定文化財”. 海津市. 2013年5月15日閲覧。
  5. ^ 海津市名勝”. 海津市. 2013年5月15日閲覧。

外部リンク編集