西国東郡

日本の大分県にあった郡
日本 > 九州地方 > 大分県 > 西国東郡

西国東郡(にしくにさきぐん)は、大分県にあった

大分県西国東郡の位置

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 熊本藩預地 3村 呉崎新田、鹿伏新田、和田新田
藩領 肥前島原藩 55村 高田村、芝崎村、田福村、川原村、野辺村、雷村、志手村、犬田村、楢林村、下来縄村、上来縄村、森村、佐野村、奥畑村、知恩寺村、高宇田村、鴨尾村、小田原村、横嶺村、小崎村、中村、間戸村、真木村、陽平村、薗木村、池部村、熊野村、田ノ口村、大曲村、観音堂村、上野村、相原村、蕗村、一畑村、加礼川村、梅木村、新城村、松行村、築地村、荒尾村、長岩屋村、大力村、払田村、算所村、中伏村、入津原村、草地村、大平村、下黒土村、白木原村、俣見村、赤水村、波多方村、下波多方村[1]、石丸村
日向延岡藩 32村 菊山村、金屋村、大村、浜村、庄屋村、恵良村、西畑村、泊村[2]、臼野村、横内村、山畑村、小畑村、常盤村、湯原村、徳六村、城前村、大岩屋村、有寺村、上黒土村、三畑村、小河内村、狩場村、堅来村、小池村、羽根村、香々地村、樋口村、見目村、夷村、長小野村、佐古村、唐櫃村
豊後杵築藩 3村 小野村、岸奈村、永松村[3]
杵築藩・島原藩 1村 沓掛村
  • 慶応4年8月28日1868年10月13日) - 熊本藩預地が日田県の管轄となる[4]
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 岸奈村が永松村に合併。(93村)
  • 明治8年(1875年)3月 - 以下の各村の統合が行われる。(50村)
    • 西真玉村 ← 和田新田、金屋村、大村、湯原村、徳六村
    • 玉津村 ← 芝崎村、志手村
    • 美和村 ← 田福村、川原村、野辺村、雷村
    • 界村 ← 犬田村、楢林村
    • 来縄村 ← 下来縄村、上来縄村
    • 鼎村 ← 知恩寺村、高宇田村、鴨尾村
    • 嶺崎村 ← 横嶺村、小崎村
    • 真中村 ← 中村、間戸村、真木村、菊山村
    • 平野村 ← 陽平村、薗木村、熊野村、田ノ口村、大曲村、観音堂村
    • 新栄村 ← 算所村、中伏村、入津原村
    • 黒土村 ← 下黒土村、上黒土村、三畑村、小河内村、狩場村
    • 俣水村 ← 俣見村、赤水村
    • 中真玉村 ← 浜村、庄屋村、恵良村、西畑村、常盤村
    • 東真玉村 ← 泊村、臼野村、横内村、山畑村
    • 上香々地村 ← 長小野村、佐古村
    • 草地村草地村、鹿伏新田
    • 佐野村 ← 佐野村、奥畑村
    • 波多方村 ← 波多方村、下波多方村
    • 大岩屋村 ← 大岩屋村、有寺村
    • 堅来村 ← 堅来村、小池村
    • 香々地村 ← 香々地村、樋口村、唐櫃村

郡発足以降の沿革編集

  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の大分県での施行により、国東郡のうち高田村ほか50村の区域に行政区画としての西国東郡が発足。郡役所が高田村に設置。
 
1.高田町 2.玉津村 3.美和村 4.来縄村 5.河内村 6.田染村 7.田原村 8.朝田村 9.東都甲村 10.西都甲村 11.草地村 12.呉崎村 13.西真玉村 14.中真玉村 15.上真玉村 16.臼野村 17.三浦村 18.岬村 19.三重村(紫:豊後高田市 橙:杵築市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・豊後高田市。(1町18村)
    • 高田町(高田村が単独町制)
    • 玉津村 ← 玉津村、新栄村
    • 美和村 ← 美和村、鼎村、払田村
    • 来縄村 ← 来縄村、界村
    • 河内村 ← 小田原村、森村、佐野村
    • 田染村 ← 嶺崎村、真中村、平野村、池部村、相原村、上野村、蕗村
    • 田原村 ← 沓掛村、永松村、小野村、石丸村(現・杵築市)
    • 朝田村 ← 俣水村、波多方村、白木原村(現・杵築市)
    • 東都甲村 ← 新城村、梅木村、加礼川村、一畑村
    • 西都甲村 ← 長岩屋村、大力村、荒尾村、築地村、松行村
    • 草地村(単独村制)
    • 呉崎村(呉崎新田が単独村制)
    • 西真玉村 ← 西真玉村、大平村
    • 中真玉村(単独村制)
    • 上真玉村 ← 城前村、大岩屋村、黒土村(旧狩場村を除く)
    • 臼野村(東真玉村が単独村制)
    • 三浦村 ← 堅来村、小畑村、羽根村
    • 岬村 ← 香々地村、見目村
    • 三重村 ← 上香々地村、夷村、黒土村の一部(旧狩場村)
  • 明治24年(1891年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治28年(1895年7月12日 - 玉津村が町制施行して玉津町となる。(2町17村)
  • 明治40年(1907年)4月1日 - 高田町・玉津町・来縄村・美和村が合併し、改めて高田町が発足。(1町15村)
  • 大正8年(1919年1月1日 - 岬村が町制施行・改称して香々地町となる。(2町14村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和16年(1941年)4月1日 - 西真玉村・中真玉村が合併して真玉村が発足。(2町13村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「西国東地方事務所」が高田町に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 高田町・草地村・河内村・西都甲村・東都甲村が合併し、改めて高田町が発足。(2町9村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日(2町6村)
      • 真玉村・臼野村・上真玉村が合併し、改めて真玉村が発足。
      • 呉崎村が高田町に編入。
    • 5月10日 - 高田町が改称して豊後高田町となる。
    • 5月31日 - 田染村が豊後高田町に編入。同日豊後高田町が市制施行して豊後高田市となり、郡より離脱。(1町5村)
    • 8月31日 - 香々地町・三浦村・三重村が合併し、改めて香々地町が発足。(1町3村)
    • 10月1日 - 田原村・朝田村が合併して大田村が発足。(1町2村)
  • 昭和30年(1955年)1月1日 - 真玉村が町制施行して真玉町となる。(2町1村)
  • 平成17年(2005年
    • 3月31日 - 真玉町・香々地町が豊後高田市と合併し、改めて豊後高田市が発足、郡より離脱。(1村)
    • 10月1日 - 大田村が杵築市・速見郡山香町と合併し、改めて杵築市が発足。同日西国東郡廃止。

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
高田町 高田町 明治40年4月1日
高田町
昭和26年4月1日
高田町
昭和29年5月10日
改称
豊後高田町
昭和29年5月31日
市制
平成17年3月31日
豊後高田市
豊後高田市
玉津村 明治28年7月12日
町制
来縄村 来縄村
美和村 美和村
河内村 河内村
東都甲村 東都甲村
西都甲村 西都甲村
草地村 草地村
呉崎村 呉崎村 昭和29年3月31日
高田町に編入
田染村 田染村 田染村 昭和29年5月31日
豊後高田町に編入
西真玉村 西真玉村 昭和16年4月1日
真玉村
真玉村 昭和29年3月31日
真玉村
昭和30年1月1日
町制
中真玉村 中真玉村
上真玉村 上真玉村 上真玉村
臼野村 臼野村 臼野村
岬村 大正8年1月1日
町制改称
香々地町
昭和29年8月31日
香々地町
三浦村 三浦村
三重村 三重村
朝田村 朝田村 昭和29年10月1日
大田村
平成17年10月1日
杵築市の一部
杵築市
田原村 田原村

行政編集

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年11月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 下波多方村・下波多方村ノ内筌口村に分かれて記載。
  2. ^ 記載は臼野村之内泊村。
  3. ^ 記載なし。
  4. ^ 末広利人「日田県管地化の実体 : 佐伯藩預所の場合」『大分縣地方史』第105号、大分県地方史研究会、1982年3月、 20-37頁、 NAID 120004878384

参考文献編集

関連項目編集

先代
国東郡
行政区の変遷
1878年 - 2005年
次代
(消滅)