メインメニューを開く

来生えつこ

来生 えつこ(きすぎ えつこ、1948年3月9日 - )は、東京都出身の作詞家。本名、来生悦子[1]

来生 えつこ
出生名 来生 悦子(読み同じ)
生誕 (1948-03-09) 1948年3月9日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 女子美術短期大学 卒業
職業 作詞家
小説家
エッセイスト
活動期間 1970年代 -
共同作業者 来生たかお

都立豊島高等学校女子美術短期大学卒業。雑誌の編集やフリーライターをしていたが、弟の来生たかおの曲に詞を付けるようになり、プロの作詞家になった。弟とのコンビは多くのヒット曲を生み、ニューミュージック界を代表するゴールデン・コンビの一つとして知られる。小説家エッセイストとしても活動している。

目次

詞を提供した曲編集

アニメ編集

書籍編集

エッセイ編集

  • いろはにオトコ
  • 夢の途中に
  • わたくし的生活
  • いつでも猫がそばにいる(エッセイ集)
  • 突然、失明して半身麻痺になった父を看取って(ノンフィクション)

小説編集

  • エピソード(ヒット曲を元にしたラブストーリー集)
  • 野ばらたち(連作小説集)
  • 阪妻の縁結び(短編集)
  • 涙嫌い(小説)
  • 冷たくても夢中(小説)

歌詞集編集

  • いつだって「夢の途中」

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.505
  2. ^ “高橋みなみソロ作にOKAMOTO'S、真島昌利、カーリー・レイ・ジェプセンら参加”. 音楽ナタリー. (2016年8月26日). http://natalie.mu/music/news/199502 2016年8月26日閲覧。