メインメニューを開く

警視庁捜査資料管理室 (仮)』もしくは『警視庁捜査資料管理室』は、2018年からBSフジの新しく開設されたドラマ枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は瀧川英次(赤ペン瀧川)。瀧川は連続ドラマ初主演となる。

警視庁捜査資料管理室 (仮)
ジャンル 刑事ドラマ
企画 高井一郎フジテレビ
脚本 山内直哉
総監督 本広克行
監督 山口淳太
補佐 木村好克
プロデューサー 高井一郎
岡林修平
制作 BSフジ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送時間 月曜日23:00 - 23:30
放送枠 BSフジオリジナルドラマ
放送分 30分
公式サイト
シーズン1
『警視庁捜査資料管理室 (仮)』
出演者 瀧川英次
小橋めぐみ
向井地美音
川野直輝
甲本雅裕
ナレーター 渡辺真理
放送期間 2018年10月1日 - 12月10日
回数 11
シーズン2
『警視庁捜査資料管理室』
出演者 瀧川英次
秋元才加
武野功雄
小橋めぐみ
向井地美音
川野直輝
甲本雅裕
ナレーター 渡辺真理
放送期間 2019年4月1日 -

架空の警察署の一部屋のみでドラマが進む、全編4K撮影のワンシチュエーションドラマである。メイン撮影カメラは、パナソニック・ルミックスGシリーズの、Cinema4K/60p動画対応型の最新モデル「DC-GH5S」を使っている[1]

2019年4月1日から続編『警視庁捜査資料管理室』がスタート[2]

目次

あらすじ編集

シーズン1『警視庁捜査資料管理室 (仮)』
2020年東京オリンピックパラリンピック開催に向けた、警視庁の中期5か年計画“MPDアクションプラン2020”の第1弾として新稼働予定の「警視庁捜査資料管理センター」の設立準備室である。警視庁勝どき署管内の、資料室の一角に仮設置されたもので、組織上6人が所属する。しかし、室長を含む5人は他部署との兼務であり、専属で常駐するのは次長の明石幸男技術専門官ただ1人である。踊る大捜査線シリーズのオリジナルキャストが登場する等の伏線もあり、話題を呼んだ。

キャスト編集

警視庁関係者編集

明石幸男(あかいし ゆきお)〈39〉
演 - 瀧川英次
警視庁技術専門官・捜査資料管理室(仮)次長。一応6名の職員がいるが、明石以外の5人は兼務のため、めったにやって来ない。過去の捜査済み資料をデータベース化するのが業務内容(身分は警察官ではない)。昼食は弁当を持参している(休日にまとめて自炊しているらしい)。
神奈川県七里ヶ浜生まれ。趣味は時刻表、プログラミング、ミステリー(父の影響)。特技は高校時代から始めた卓球(心を落ち着ける際などに突然素振りを始めるため、周囲を困惑させている)。年下であろうと、誰に対しても丁寧語で対応する。イチイチ細かいことが気になってしまう性格。
妻とは本編開始時より3年前(2015年)に離婚したが、1人娘の結佳とは月に一度会っている。
幼少期から他人とのコミュニケーションが苦手で、自分の世界に入り込んでしまう癖があった。小学生の時に読んだ松本清張の『点と線』の「空白の4分間」がきっかけでミステリーにハマったことで推理好きにもなってしまった。妻との関係を修復するためにカウンセリングを受けていたときの手法を用いて、勝手に単独で推理をしている。が、そもそも警察官としての権限はなく、勤務にもまったく関係ないため、切り替え押しボタン式対局タイマーを使ってできるかぎりプライベートの時間で行っているが、時折きっちり任務を遂行したい自分と妄想してしまう自分との間でせめぎ合うため、大学ノート(通称「心得ノート」)に「捜査資料はミステリー作品ではない。捜査は終了している。仕事中に余計な推理はしないこと」と記入している。ほかに「プロファイルノート」もあり、新たに出会った人を隠し撮りして、名前、特徴、交わした会話などを書き留めている。
名前の読みは「あかし」ではなく「あかいし」(ときどき間違えられる)。データ上の自分のプロフィール写真が白目だったため、上司である緒方に報告し、紆余曲折あり、撮り直してもらった(が、撮り直した写真は画質が荒いものだった)。
シーズン2では娘の結佳からの要望により、地味に髪の分け目を変えている。相変わらず思ったことを口に出してしまっているが、仕事ぶりは認められ、警視庁捜査資料管理センターの次長に就任。人員も増員してもらえることになったが、面接会場でのやり取りは散々なもので、緒方からは「(面接官として)不合格」と言われてしまい、危機管理対策として行った訓練も散々な結果に終わる。
野添久美子(のぞえ くみこ)〈32〉
演 - 小橋めぐみ
総務課庶務係。階級は巡査長。独身。6年前、とある捜査本部の応援中に不用意な発言をしたために異動させられたらしい(が、真相は不明)。
週に1回程度、捜査終了後の資料を段ボールに入れ、台車で捜査資料管理室(仮)に運んでくる。
以前は仕事と称してサボる場所として使っていた場所に明石が常駐することになったことに不満を持っている。
明石の扱いは雑で手厳しい。妄想推理にも呆れ気味。大雑把な面もあり、明石とは気が合わない。
口が軽く、とある一件が起きた際には明石に「監禁パパ」「あけてくれおじさん」「たこ足」と変なあだ名をつけ、署内で言いふらしていた。
シーズン2では、いきなり明石の人事に口出ししてくる。そして明石に対する電話などでの対応は相変わらず横柄である。
戸塚美保(とつか みほ)〈26〉
演 ‐ 秋元才加
シーズン2より登場。新人技術専門官。
真面目で嘘が嫌いな性分。ハキハキした物言いをし、勘も鋭い。小学生の頃に自宅が火事になり、火災調査官と刑事とのやり取りに興味を持ったのが応募動機である。大学卒業後はNGOに参加していたため、ボランティア経験もある。特技は英語、バスケット、ゲーム制作。
面接では、明石の手違いで履歴書の写真を他人のものと間違えて貼付されてしまい、緒方から整形を疑われた。
小守泰次郎(こもり たいじろう)〈55〉
演 - 武野功雄
シーズン2より登場。新人。
さまざまな職種を経て、シニア採用枠の行政職員として採用される。既婚で三児(男児)の父。子どもの頃は教師か警察官に憧れていたらしい。警備員時代に腰を痛めている。マイペースだが気配りは忘れない。
採用初日には明石と緒方との行き違いにより、職場に入れずに追い返されてしまった。
柴田里香子(しばた りかこ)〈22〉
演 - 向井地美音
刑事課見習い。階級は巡査部長。幼い頃に母を亡くし、父と兄との三人暮らしだったが、台場で起きた「ある事件」の後、母方の親戚の養子となった。「ある事件」の際、体を張って自分の命を守ってくれたとある女性刑事に憧れ、高校卒業後に警察官採用試験に合格する。交番勤務時代に、スリ、ひったくり、痴漢、万引きなど、現行犯で逃走する犯人のほとんどを自慢の俊足で取り押さえて実績を積み、狭き門の署長推薦を勝ち取ったらしい。
明石の妄想推理に付き合い、冷静に矛盾点を指摘し、明石をヘコませているが、明石のプロファイルノートでは「あくまで勘だが次世代の感性を持った刑事になりそう」と評価(?)されている。
シーズン2でも明石の妄想推理にはたびたび付き合わされている。
栗山孝治(くりやま こうじ)〈34〉
演 - 川野直輝
某署刑事課刑事。階級は巡査部長。ゲームオタク。情報処理には明るく、実益を兼ねたアプリ開発が趣味。
明石と同様に他人とのコミュニケーションが苦手なため、気は合う様子。
緒方薫(おがた かおる)〈48〉
演 - 甲本雅裕
総務課長 兼 捜査資料管理室(仮)室長。階級は警部。明石の上司だが、普段は内線電話でのやり取りのみ。妄想推理に関しては快く思っていない。
かつては機動隊出身の武闘派だったが、職務中の怪我がもとで現場を離れたらしい。
職務中の怪我によって入院した病院にて、東日本大震災の際の被災地応援で出会った看護師(バツ1、子持ち)と再会して結婚した、とのこと。
ピーちゃん〈インコ〉
演 - Q太郎
警視庁いきもの係より預けられたインコ。

その他編集

明石結佳(あかいし ゆか)
演 - 渡邊このみ
明石の娘。小学6年生。3年前に離婚した明石の元妻と暮らしており、明石とは月に一度会っているらしい。
明石遥佳(あかいし はるか)/ナレーション
演 - 渡辺真理
明石の元妻。
劇中では高速で登場人物たちを解説や前回までのおさらいを行う。
企画・総合プロデューサー・高井一郎の実の妻。

ゲスト編集

シーズン1編集

田中文夫
演 - 近藤芳正(第3話)
美濃部藤吉
演 - きたろう(第9話)
火災原因調査官・鮫島
演 - 山田裕貴(第10話)
生活環境課署員 環境三係(通称いきもの係)
演 - 川栄李奈(第10話)

シーズン2編集

虎丸良平[注 1]
演 - 船越英一郎(第1話)
三宅実
演 - 柳沢慎吾(第1話)
明石良子(あかいし りょうこ)
演 - 戸村美智子(第6話)
明石の母。
明石寛治(あかいし かんじ)
演 - 中山克己(第6話)
明石の父。
早乙女将太
演 - 堀井新太(第7話)

スタッフ編集

放送日程編集

シーズン1『警視庁捜査資料管理室 (仮)』編集

話数 放送日 タイトル
第1話 2018年10月01日 真実は書類の中に眠っている!? 初めての妄想推理は転落事件の謎
第2話 10月08日 バナナが導く転落死事件の悲しい真相?
第3話 10月15日 被疑者は当時19歳の美少女、僕と同い年!
第4話 10月22日 完全黙秘の謎、返せなかったネガの悲劇…
第5話 10月29日 ペット見守りカメラは見た! 歳の差43歳の監禁殺人
第6話 11月05日 僕が監禁された!? まっ暗闇の密室が導く新たな真相?
第7話 11月12日 唄に込められた暗号? そして、壮大な推理の果てに…
第8話 11月19日 娘の小学校で怪事件!? パパが事件を解決する!
第9話 11月26日 不審死のウラに潜む魔の手が、明石に迫る!?
第10話 12月03日 初めての事件解決の鍵は、ピーちゃんの重要証言!?
第11話 12月10日 僕はクビだ…警視庁捜査資料管理室(仮)がなくなる!?

シーズン2『警視庁捜査資料管理室』編集

話数 放送日 タイトル
第1話 2019年4月01日 『捜査資料管理室』本格稼働! ついに、僕にも部下ができた!!
第2話 4月08日 上司としての初仕事は危機管理対策だ!…え?技術専門官なのに?
第3話 4月15日 なぜ廃墟でパンツ一丁!?推理に夢中の明石は、ついに自分も…!
第4話 4月22日 涙のパンツの真相と、捜査資料管理室新人歓迎会の悲劇!?
第5話 4月29日 時刻表と無理心中事件!?これは小説じゃないリアル『点と線』だ!!
第6話 5月06日 両親のおかげで辿り着いた新たな真相!?明石と緒方の最大の勘違い
第7話 5月13日 明石幸男の妄想が全開!…『本当に明石さんで間違いないですか?』
第8話 5月20日 芸術は爆発だ!またもや明石に新たなあだ名の命名の危機が…!?

関連番組編集

  • 赤ペン瀧川の『警視庁捜査資料管理室(仮)』徹底解説スペシャル(2018年12月17日)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ フジテレビトレース〜科捜研の男〜』の登場人物。同作品との相互コラボレーション企画として登場。同作品には本作品から明石がゲスト出演した[3]

出典編集

外部リンク編集

BSフジ オリジナルドラマ枠
前番組 番組名 次番組
-
警視庁捜査資料管理室 (仮)
(2018.10.1 - 2018.12.10)
警視庁捜査資料管理室 (仮) 再放送
(2019.1.7 - 3.18)
BSフジ オリジナルドラマ枠
警視庁捜査資料管理室 (仮) 再放送
(2019.1.7 - 3.18)
警視庁捜査資料管理室
(2019.4.1 - )
-