甲本雅裕

日本の俳優

甲本 雅裕(こうもと まさひろ、1965年6月26日[1] - )は、日本俳優岡山県岡山市出身[1]アルファエージェンシー所属。

こうもと まさひろ
甲本 雅裕
生年月日 (1965-06-26) 1965年6月26日(57歳)
出身地 日本の旗 日本岡山県岡山市[1]
身長 177 cm[2]
血液型 A型[2]
職業 俳優
ジャンル ドラマ映画
活動期間 1989年 -
著名な家族 甲本ヒロト(兄)[1]
事務所 アルファエージェンシー
主な作品
テレビドラマ
踊る大捜査線』シリーズ
ごくせん
カーネーション
遺留捜査』シリーズ
99.9-刑事専門弁護士-
シグナル 長期未解決事件捜査班
舞台
東京サンシャインボーイズ各公演
テンプレートを表示

ミュージシャン甲本ヒロトは実兄[1][3]

経歴編集

クリーニング店を営む家に生まれる[4]。小学1年生の頃から剣道を始め、その後中学、高校、大学と剣道に明け暮れる日々を送った。

京都産業大学経営学部卒業後、アパレル会社に入社するが[1]、2年で退職し、同学年で高校時代からの友人だった梶原善の誘いを受けて1989年から東京サンシャインボーイズに入団[3]1994年に充電に入るまで在籍し、ほぼ全作品に出演した[1]

劇団の活動休止後はテレビドラマや映画に活動の拠点を移す[1]。中間管理職のサラリーマンや暴力団員など様々な人物を等身大に演じ、トップバイプレイヤーとして活躍[3]。また、三谷作品にも常連出演している。

2019年11月21日より島根県ふるさと親善大使「遣島使」を務める[5]。同年11月29日中国地方先行公開の映画『高津川』(錦織良成監督)で映画初主演[6][7][8]

人物編集

学生時代編集

子供の頃は負けず嫌いな性格で友達と揉めた時に引かない所があった。本人によるとこの性格のせいで教師から目をつけられてしまい、身の回りで問題が起きると真っ先に疑われることが多かったという[4]

小学1年生の頃野球をやるつもりで申込書を持ち帰り、親に書いてもらって入団したが、間違えて剣道の申込書を渡していたことから剣道を始めることになった[注釈 1]。当初1年ぐらい続けたら剣道を辞めるつもりだったが、翌年とある剣道大会で優勝する。地元のテレビ番組で「少年剣士」として取り上げられ、周りの応援もあったことから結局その後も続けることとなった[4]

中学入学後も剣道に打ち込み関西高校では国体に出場した後[9]、卒業を機に剣道をやめるつもりだった。しかし進路を決める際、京都産業大学に進学していた剣道部の憧れの先輩から誘われ、悩んだ末に同大学への進学を決めた。入学後は寮生活を送り、過酷な剣道生活だったが全日本学生剣道選手権大会で団体ベスト8の成績を納めた[4]

役者デビュー編集

大学卒業を前に今後こそ剣道から離れるため、剣道と無縁な[注釈 2]大阪市内の婦人服メーカーに就職し生地の管理業務に携わった。それまで趣味として映画を見ていたが、この頃に見方が変わり役者になりたいとの思いが生まれ、その後退職して上京[4]

当時東京で暮らしていた兄・ヒロトのもとでしばらく居候した後、中華料理屋「珉亭」[注釈 3]のバイトを決めて渋谷区笹塚のアパートで一人暮らしを始める。同店で同じくバイトする俳優・梶原善から、所属する東京サンシャインボーイズの稽古場への荷物運びの手伝いを頼まれた。これがきっかけで主宰の三谷幸喜に出会い役者になることを打ち明けた所、翌月の芝居への参加に誘われて入団が決まった[4]

この時甲本は演技未経験なためさすがに翌月の舞台に立つことには躊躇したが、三谷から「誰でも最初は素人なのが当たり前。舞台の上では経験が10年あろうが初日だろうが関係ないんだから、やりたい気持ちがあればいいんだよ」と言われ、出演を決めた。1989年に下北沢駅前劇場で上演された『天国から北へ3キロ』で役者デビュー。この時は、本番で緊張するばかりで芝居を楽しむ余裕はなかったという[4]

その他編集

甲本ヒロトは実の兄であり、2004年に出演したポッカの「キレートレモン」のCMではザ・ハイロウズがCMソングを担当し、初めての兄弟共演を果たした[3]。2005年の映画『リンダ リンダ リンダ』ではTHE BLUE HEARTSの急造カバーを目指すガールズバンドが所属する軽音楽部顧問として出演。

剣道四段[2]

本人によると、「趣味と言えるか分かりませんが、2000年頃から時々車に乗ってふらりと出かけるのが好きになった」としている。休日などに目的も行き先も決めずに気ままに車を走らせるが、気づくとよく山中湖方面に行くことが多いという。その辺りの温泉に入ると心が洗われて、次の仕事への活力になるとのこと[4]

思い入れがある映像作品として、初めてのレギュラー出演でその後映画化もされた『踊る大捜査線』を挙げている[4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

テレビアニメ編集

バラエティ編集

CM編集

ラジオ編集

  • みんなどけぇいきょーん?!(RSKラジオ、1991年 - 1992年) - 木曜パーソナリティー

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本人によると、小学1年生でまだ漢字が読めなかったため、初練習に参加するまで申込書を間違えたことに気づかなかった。しかし負けず嫌いなため野球と間違えたことを親に言わず、そのまま剣道をやることにしたという[4]
  2. ^ 甲本によると、一般的に学生時代に剣道の実績を残した人は、その後の就職先として実業団入りや警察官や教員を選ぶケースが多いとのこと。
  3. ^ 「珉亭」は、元々ヒロトや俳優・松重豊が働いていた店でもある。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 甲本雅裕”. KINENOTE. 2016年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c 甲本 雅裕”. 日本タレント名鑑. VIP Times. 2017年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 五目舎 (2015年10月29日). “甲本ヒロトの実弟 “永遠の二番手”俳優・甲本雅裕の魅力”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 週刊現代2022年2月12日号私の地図第509回・甲本雅裕p76-78
  5. ^ 島根)俳優甲本さん、県親善大使に 島根舞台の映画主演”. 朝日新聞デジタル (2019年11月24日). 2019年11月27日閲覧。
  6. ^ 映画「高津川」、29日から上映 監督、主演甲本雅裕さんらに聞く”. 山陽新聞デジタル (2019年11月15日). 2019年11月30日閲覧。
  7. ^ 石見の豊かな自然と人間模様 映画「高津川」中国地方で先行上映”. 中国新聞デジタル (2019年11月29日). 2019年11月30日閲覧。
  8. ^ a b 映画「高津川」オフィシャルサイト”. 映画「高津川」製作委員会 (2019年). 2019年11月30日閲覧。
  9. ^ より, 服部洋明 (2018年8月18日). “「剣道は自分のすべてだった」俳優・甲本雅裕さんインタビュー” (日本語). BUSHIZO. 2022年6月13日閲覧。
  10. ^ 2021年度後期 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」ヒロイン上白石萌音・岡山編の出演者発表!”. NHK ドラマトピックス. 日本放送協会 (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  11. ^ 上川隆也×甲本雅裕 (2017年9月7日). 上川隆也×甲本雅裕、『遺留捜査』の“熟年夫婦”「強烈に2人での撮影が楽しみ」. (インタビュー). オリコン.. https://www.oricon.co.jp/news/2096902/full/ 2017年11月26日閲覧。 
  12. ^ 甲本雅裕、『遺留捜査』上川隆也を「日頃は振り回している」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年7月11日). 2018年12月13日閲覧。
  13. ^ 上川隆也、栗山千明、甲本雅裕「遺留捜査」シリーズ誕生10周年記念イベントで2021年の抱負を語る(ザテレビジョン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年4月4日閲覧。
  14. ^ “「遺留捜査」第7シーズンが7月にスタート、木曜ミステリーのフィナーレ飾る”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年6月7日). https://natalie.mu/eiga/news/480523 2022年6月7日閲覧。 
  15. ^ 小澤征悦&甲本雅裕が初共演、カナダの大自然で友情育む”. 映画.com (2013年2月22日). 2017年11月26日閲覧。
  16. ^ 人物相関図”. ユーコンの友人. イマジカBS (2013年). 2017年11月26日閲覧。
  17. ^ “三匹のおっさん”がまたまた大暴れ!2019年1月にSPドラマで復活”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年11月7日). 2018年12月13日閲覧。
  18. ^ 綾瀬はるか&三浦春馬&水川あさみが共演!「わたしを離さないで」初のドラマ化決定”. シネマカフェ (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  19. ^ 『ひよっこ』スピンオフ?と話題の『ユニバーサル広告社』第2話”. テレビドガッチ (2017年10月27日). 2017年12月25日閲覧。
  20. ^ 『バイプレイヤーズ』劇中“朝ドラ”、本家並みの豪華キャストを発表”. ORICON NEWS. オリコン (2018年1月18日). 2018年6月21日閲覧。
  21. ^ ユースケが織田裕二の部下役 『監査役 野崎修平』追加キャスト16人”. CINRA.NET (2017年11月7日). 2018年11月30日閲覧。
  22. ^ 出演者”. 99.9-刑事専門弁護士-. TBS (2018年). 2018年6月21日閲覧。
  23. ^ 甲本雅裕、予想外の反響に照れ笑い「まさか注目してもらえるとは」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年5月29日). 2018年6月6日閲覧。
  24. ^ 上川隆也「見終わった時、風を感じた」完成した作品に自信「連続ドラマW 真犯人」”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年9月4日). 2018年11月30日閲覧。
  25. ^ “マンガ飯:「男おいどん」「包丁人味平」の“ありえないグルメ”をドラマで再現 主演は甲本雅裕”. MANTANWEB. (2018年11月3日). https://mantan-web.jp/article/20181103dog00m200023000c.html 2018年11月30日閲覧。 
  26. ^ 渡辺彰浩 (2018年11月19日). “新キャストも続々登場 『下町ロケット』古川雄大が“ワル”すぎるとSNSでも話題に”. Real Sound. 2018年11月30日閲覧。
  27. ^ 小栗旬主演『二つの祖国』に、主役級キャスト集結! 8人が明らかに”. マイナビニュース. マイナビ (2019年3月1日). 2019年5月7日閲覧。
  28. ^ おもな登場人物(キャスト)”. ミストレス〜女たちの秘密〜. NHK (2019年). 2019年5月7日閲覧。
  29. ^ ドラマ「愛しのナニワ飯」”. テレビ大阪. 2019年7月6日閲覧。
  30. ^ 北山宏光主演「ただ離婚してないだけ」主要キャスト解禁! 萩原みのり『テレビで放送されることが、まだ信じられません』”. ザテレビジョン (2021年6月20日). 2021年6月20日閲覧。
  31. ^ 松岡昌宏、仲村トオルら出演サスペンス「連続ドラマW 密告はうたう」予告公開”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年6月24日). 2021年12月29日閲覧。
  32. ^ "オダギリジョー脚本・演出の初オリジナル連続ドラマ今秋放送! 豪華キャストも発表". シネマトゥデイ. 10 June 2021. 2021年6月10日閲覧
  33. ^ “オダギリジョー脚本・演出のドラマ「オリバーな犬」NHKで放送、主演は池松壮亮”. シネマトゥデイ. (2021年8月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0131967 2022年9月16日閲覧。 
  34. ^ 連続ドラマW だから殺せなかった”. WOWOW. 2021年12月29日閲覧。
  35. ^ “工藤阿須加主演「池波正太郎原作 武士とその妻」×「噂の!東京マガジン」コラボ!清水国明は時代劇に初挑戦、小島奈津子は語りを担当”. ザテレビジョン. (2022年2月14日). https://thetv.jp/news/detail/1071372/ 2022年3月12日閲覧。 
  36. ^ "Hey! Say! JUMP薮宏太「俳優人生の財産に」 松本清張ドラマで主人公ら"翻弄"する". ORICON NEWS. oricon ME. 25 March 2022. 2022年3月25日閲覧
  37. ^ “甲本雅裕、月9でベテラン麻酔科医役 台本読み「早く現場に行きたくなりました!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2248242/full/ 2022年9月5日閲覧。 
  38. ^ 甲本雅裕×桃瀬美咲×前野朋哉「でーれーガールズ」出演で地元・岡山に凱旋!”. 映画.com (2014年9月10日). 2018年6月6日閲覧。
  39. ^ 岡田准一主演『エヴェレスト』 風間俊介、佐々木蔵之介ら出演者発表”. ORICON NEWS. オリコン (2015年9月19日). 2015年10月30日閲覧。
  40. ^ 山本美月主演「貞子vs伽椰子」追加キャスト発表、安藤政信が霊媒師役”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  41. ^ 宮地真緒主演、映画『夜明けまで離さない』10月27日公開”. RBB TODAY. イード (2018年7月27日). 2018年11月30日閲覧。
  42. ^ “板垣瑞生、映画初主演で竹内涼真と共演 ヒロインはホリプロTSC出身・吉柳咲良<初恋ロスタイム>”. モデルプレス. (2019年2月19日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1822526 2019年3月1日閲覧。 
  43. ^ 逆境無頼カイジ”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。

外部リンク編集