中山 克己(なかやま かつみ、1942年8月11日 - )は、日本俳優劇団俳優座養成所13期生。所属事務所は希楽星中山 克巳と表記される作品もある。

目次

来歴・人物編集

兵庫県出身。1961年に俳優座養成所に入所し、その後は劇団俳小に所属した[1]。養成所時代の同期には石立鉄男細川俊之横内正らがいた[1]

俳小時代には俳優仲間の山谷初男とともに千葉県御宿町海の家を営んでおり、ここへ円谷一が家族で訪れたことが縁で『怪奇大作戦』へ出演している[1]

子供が成人するまでは安定した仕事で養おうという考えから、1970年代半ばに俳優業を休業し20年ほどサラリーマンとして働いていた[1]

エピソード編集

  • ウルトラマンA』に梶研究員役で出演しているが、企画書では吉村隊員役の候補に挙げられていた[2]

出演編集

連続ドラマ編集

単発ドラマ編集

映画編集

特撮編集

  • 怪奇大作戦 第6話「吸血地獄」(1968年、TBS / 円谷プロ) - 山本周作
  • ミラーマン 第4話「コバルト60の恐怖」(1971年、CX / 円谷プロ) - 塚本郁夫
  • ウルトラマンA(1972年、TBS / 円谷プロ) - TAC兵器開発研究員・梶洋一 ※1話〜3話、5話〜14話、16話〜27話、31話に出演
  • 仮面ライダーV3 第23話「恐怖! 墓場から来た吸血男」(1973年、MBS / 東映) - 黒田狂一
  • 仮面ライダーウィザード 第18話「魔力が食事」(2013年、EX / 東映) - 神主

教育番組編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 49, 中山克己インタビュー.
  2. ^ 「ウルトラマンAのキャスティング」『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版、89頁。雑誌コード:67897-80。

参考文献編集

外部リンク編集