メインメニューを開く

買えるAbemaTV社(かえるアベマティービーしゃ)は、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで2018年2月1日から7月26日まで、毎週木曜日23:00 - 24:00に配信されていた通販番組及び会社名。2018年8月2日から、『買えるバトルクラブ』へ番組名称を改めて配信されている。

株式会社買えるAbemaTV社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0044
東京都渋谷区円山町19番1号
設立 2017年(平成29年)12月1日
業種 小売業
法人番号 4011001119527
事業内容 インターネットテレビショッピング事業
代表者 藤田晋(代表取締役社長)
資本金 1億5,000万円
主要株主 (株)サイバーエージェント 55%
(株)テレビ朝日 40%
(株)ロッピングライフ 5%
関係する人物 藤森慎吾オリエンタルラジオRADIO FISH[注 1]
外部リンク 株式会社買えるAbemaTV社 株式会社サイバーエージェント
テンプレートを表示
買えるAbemaTV社
買えるバトルクラブ
ジャンル 通販番組 / バラエティ番組
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTV
買えるAbemaTV社
売れるAbemaTV社(第1回のみ)
買えるAbemaTV社
配信時間 木曜日 23:00 - 24:00
配信期間 2018年2月1日 - 7月26日
出演者 藤森慎吾
伊達学
買えるバトルクラブ
配信時間 木曜日 23:00 - 24:00
配信期間 2018年8月2日 -
出演者 藤森慎吾
伊達学
BOYS AND MEN
清野茂樹
松嶋えいみ
テンプレートを表示

番組の初回キャッチフレーズは「ヤバい人がヤバいものを売る新番組」。

概要編集

AbemaTV設立時点から通販企業から番組配信の希望が相次いだが、AbemaTV代表・藤田晋はCS、BS、地方局どこも通販番組だらけになっていることに疑問を抱き、どうせなら自社で手掛けることを決断し、番組配信および通販売上益で、広告収入、課金収入に次ぐAbemaTVの新たな収益源確保のため会社を設立[1]した。サイバーエージェントは、通販事業のノウハウを有するテレビ朝日ロジスティクスを担当する[2]ロッピングライフ、と共同出資した。

沿革編集

  • 2017年平成29年)  
    • 12月1日 - 売れるAbemaTV社を設立。
  • 2018年平成30年)
    • 2月1日 - 買えるAbemaTV社に社名変更。
    • 5月10日 - 初の限定オリジナル商品を販売。  
    • 6月24日 - 買えるAbemaTV社くじを販売。  
    • 10月26日 - 株式会社サラヴィオ化粧品と初のOEM契約を締結。
  • 2019年平成31年)
    • 1月18日 - 株式会社BANDAI SPIRITSとの協業を発表。コラボレーション企画の第1弾として、キングダムに登場する主人公、信のフィギュア新商品を26日に数量限定で先行販売する。
    • 5月1日 - いちから株式会社は、バーチャルライバーグループにじさんじ内の新ユニットFragrance5とコラボした香水を販売。
    • 10月25日 - 買えるアニメ放送局を開始。ANIPLEXと共同で開発する。
    • 11月1日 - アパレルブランドmewenをリリース。3ミニッツと共同で開発する。

番組内容編集

サイバーエージェント代表藤田晋の「AbemaTVで通販番組をやりたい」の一声で設立された会社。藤田が販売部長に選んだのは営業一筋でサイバーエージェントの広告代理店部門を長年支えてきた伊達学。

会社名でもあり番組名でもある「買えるAbemaTV社」の番組内容は、伊達が選んだハンバイヤー(販売員)たちがそれぞれのおすすめ商品を番組で紹介し、その場で売るというもの。

また、番組では商品の紹介だけでなく、新たな通販番組を成功させるために奮闘する伊達や番組および会社スタッフの様子を描くドキュメンタリーで構成。仕入れから企画、営業、販売。さらには販売員選びまでをエンターテインメントとして描く。

社名と番組名編集

2017年12月の会社設立時は「株式会社売れるAbemaTV社」だったが、既存の「売れるネット広告社」と交渉するも「売れる……」の名称を利用することを断念[3][4]した。初回配信時の番組タイトルは「売れるAbemaTV社」であり、配信中に社名変更と番組名の変更を報告した。第1回ではこのドキュメント部分と販売員紹介がメインとなったため、商品紹介をしていない。

出演者(買えるAbemaTV社)編集

ハンバイヤー(販売員)編集

スタッフ編集

技術協力 ブル

  • 番組制作協力:ビーフィット[5]

買えるバトルクラブ編集

概要編集

2018年8月2日配信分から、番組内で好評を博していたハンバイヤーの対戦形式をピックアップして大幅に刷新し、売りたい“勝負アイテム”を持ち寄り、どちらがより多く販売できるかを競うショッピングコロシアム番組となる。販売サイトは「買えるAbemaTV社」のものを継続する[6]。MCは藤森慎吾が継続し、BOYS AND MENがサブMCとして出演[7]する。

出演(買えるバトルクラブ)編集

レギュラー編集

準レギュラー編集

  • 錦織美香(買えるAbemaTV社)

アベマ3分ショッピング編集

概要編集

2018年9月1日からスタートしたインフォマーシャル番組で、買えるAbemaTVで取り上げた商品を中心に、3分間の番組内で伊達学が商品請求する[8]。1時間番組の買えるAbemaTV社は視聴数と面白さが求められるが、商品の訴求が上がらずに売り上げも想定を下回り、『本気で売るための番組』を開始した[8]。番組表に掲載されるが不定期で、CM枠を使用し編成される。出演者や構成内容、商品を変えて実験的に配信される。

関連番組編集

  • KANCOS HOLIC‐買えるAbemaTV社が関わっていないAbemaTVの通販番組。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 買えるAbemaTV社のMC。

出典編集

  1. ^ 売れるAbemaTV社 ネットTV局で通販番組スタート、ダンサーやホスト実演販売士らが商品紹介、希少で魅力的な商品を”. 通販新聞 (2018年1月25日). 2018年3月6日閲覧。
  2. ^ 【買えるAbemaTV社 伊達学 取締役】通販番組を毎週生配信/人に紐づく商品紹介で”面白さ”追求”. 日本ネット経済新聞 (2018年3月1日). 2018年3月6日閲覧。
  3. ^ 「売れるAbemaTV社」が「買えるAbemaTV社」に社名を変えた真相”. 2018年2月20日閲覧。
  4. ^ 「売れるAbemaTV社」、記念すべき第1回放送でまさかの社名変更「買えるAbemaTV社」に”. AbemaTIMES (2018年2月6日). 2018年2月6日閲覧。
  5. ^ “(株)ビーフィット BEE FIT (テレビ番組制作会社)”. (株)ビーフィット BEE FIT (テレビ番組制作会社). http://www.beefit.co.jp/works/ 2018年7月2日閲覧。 
  6. ^ 【ボイメンNo.1決定戦】本田剛文vs辻本達規の壮絶死闘!買えるバトルクラブ#1 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年7月28日閲覧。
  7. ^ 【人気ハーフタレント対決】熾烈ポジション争いに終止符!買えるバトルクラブ#3 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年7月28日閲覧。
  8. ^ a b 通販新聞. “買えるAbemaTV社 インフォマーシャルを開始、3分尺でカレーなど訴求 - 通販新聞” (日本語). www.tsuhanshinbun.com. 2018年9月9日閲覧。

外部リンク編集