RADIO FISH

日本の音楽グループ

RADIO FISH (レディオ・フィッシュ) は、日本のお笑いコンビ・オリエンタルラジオを中心に結成されたダンス&ボーカルユニット、YouTuber。所属レーベルYOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENTYouTubeチャンネルはRADIOFISH UNION

RADIO FISH
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPEDM
活動期間 2014年 -
レーベル YOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENT
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー (NAKATA・SHINGO)
ワタナベエンターテインメント (SKILL-MASTER)
共同作業者 KOJIKARU
CATTLEYA TOKYO
公式サイト radiofish.jp
メンバー NAKATA
SHINGO
FISHBOY
Show-hey
SHiN
RIHITO

目次

略歴編集

2014年

オリエンタルラジオ (NAKATASHINGO) とNAKATAの実弟であるFISHBOYダンサーのShow-hey、SHiN、RIHITOの6人で結成。

12月26日テレビ朝日系『芸人ちゃんネタ祭り 実力派芸人大集合スペシャル』でテレビ初登場。以後オリラジの単独ライブやネタ番組に精力的に登場し、お笑いファンに広く知られる存在となった[1]

2015年

3月18日配信限定シングル第1弾「STAR」をリリース。その後も5月27日に「TONIGHT」「GOOD BYE」、6月28日に「SUMMER TIME」、7月1日に「PARADISE」と3ヶ月連続でリリース。

12月23日、配信限定シングル「PERFECT HUMAN」をリリース。12月25日放送のテレビ朝日系『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り』でテレビ初披露。

また12月25日には渋谷CLUB QUATTROで初の音楽ライブとなる「RADIO FISH PARTY〜オリラジ10周年音楽祭〜」を開催した[2]

2016年

2月13日フジテレビ系で放送された『ENGEIグランドスラム』で「PERFECT HUMAN」のパフォーマンスを披露すると、iTunesのランキングで1位を獲得するなど大きな話題となった[1]

3月11日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演した[1][3]。その後もミュージックステーションには2度出演し、更には3月28日のフジテレビ系『FNSうたの春まつり[4]7月2日の日本テレビ系『THE MUSIC DAY 夏のはじまり。』など、お笑い番組にとどまらず音楽番組にも多数出演。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』にも出演した。

5月25日、1stアルバムPERFECT HUMAN』をリリース[5]。本アルバムよりクリエイティブユニットのCATTLEYA TOKYOがクリエイティブディレクションを担当。6月22日には同日より10週連続で楽曲配信することが発表された。

1stアルバムと10週連続配信の楽曲を引っ提げ、多くの夏フェスに参加。また8月26日には赤坂BLITZでワンマンライブ「PERFECT SUMMER」を開催し、10月12日に2ndアルバム『WORLD IS MINE』をリリースすることも発表された[6]

秋にはNAKATAとYouTuberのKOJIKARUが出会い意気投合、テクニカルブレインとして参加するようになる。

11月になると「PERFECT HUMAN」で第49回日本有線大賞・有線話題賞[7]第58回日本レコード大賞・企画賞[8]、WebTVAsia Awards 2016・年間最優秀楽曲賞[9]を立て続けに受賞した。

11月24日、かねてより目標として掲げていた第67回NHK紅白歌合戦への初出場が決定し、当日のステージで一緒に踊るダンサーを一般から募集することが発表された[10]12月31日の放送ではオーディションで全国から選ばれた40人のダンサーと共に、"ネオ秀吉"をテーマに醍醐の花見をモチーフにしたステージでパフォーマンスを披露[11]。またこの年の下半期にブレイクし、かねてよりNAKATAが「隙があればつぶしにいく」「僕は彼の存在を認めていない」などと発言し敵視していたピコ太郎と和解する演出も見せ、白組司会の相葉雅紀はこれを「歴史的和解」と表現した[12]。もちろん両者は実際に険悪だったわけではなく、翌日にNAKATAはTwitterで、秋の時点で既に紅白で和解する算段が組まれていたことを明かしている[13]

12月20日Googleが発表した国内のYouTube年間トレンド動画ランキングの音楽動画部門では、1月21日に公開された「PERFECT HUMAN」のライブ映像が4700万再生で3位、4月25日に公開された同曲のMVが3700万再生で5位にランクイン[14]。同日に行われた「YouTube FanFest Japan 2016」にも出演した[15]

2017年

1月13日、RADIO FISHの公式ホームページがリニューアルオープン[16]

3月31日、それまでMVやライブ映像、オフショットなどを投稿していた自身のYouTubeチャンネルに、第一弾となるエンタメ企画動画を投稿。

4月17日に都内で行われたロッテ「ACUO」の新CMお披露目イベントで新曲「進化論」を発表[17]。翌4月18日に配信リリースされた。

7月21日よりYouTuberとしての活動が本格化。それまでは不定期だった動画のアップロードがこの日以降ほぼ毎日行われている。また9月下旬頃からは毎週日曜日にYouTube Liveで生放送を行っており、以降は他の日も不定期ではあるがメンバーそれぞれが個別にInstagramLINE LIVEなどで生配信を行っている。

10月13日、初の全国ツアー「RADIO FISH 2017-2018 TOUR "Phalanx"」が12月25日より開催されることが発表された[18]

10月29日、オリエンタルラジオがMCを務めるNHKラジオの番組「らじらー! サンデー」の放送で、同じくアシスタントMCを務める乃木坂46中元日芽香を迎えた新曲「LAST NUMBER (feat. 中元日芽香 (乃木坂46))」を初公開。11月8日に配信リリースされた[19]

11月29日、YouTuberをテーマに制作された楽曲「新時代」と初のRIHITOプロデュース楽曲となる「O.D.O:Re」の2曲を配信リリース[20]。「新時代」は2018年3月10日までの期間限定ながらGoogle Play Musicでの独占無料配信が行われている[21]。また12月1日にはYouTube Space Tokyoでリリースイベントが行われ、ゲストとしてYouTuberのKazuも登場した。

また12月6日にはMay J.をゲストボーカルに迎えた「NEW GOD (feat. May J.)」と初のShow-heyプロデュース楽曲となる「Trip Drop Town」の2曲を、12月20日にはこちらも共に初となるFISHBOYのプロデュース楽曲「Make Ya Groove」とSHiNのプロデュース楽曲「Life is a Game」の2曲を配信リリースした。

2018年

4月1日、昨年12月25日に行われた「RADIO FISH 2017-2018 TOUR "Phalanx"」の東京公演の模様がWOWOWにて放送[22]
4月5日には追加公演が行われ、同ツアーのライブDVD及びBlu-rayのリリースと9月に2度目となるツアー「RADIO FISH TOUR 2018 "NEWTON"」が開催されることが発表された[23]。また同日公式ホームページが再びリニューアルされ、Twitterの公式アカウントも開設された[24]

メンバー編集

RADIO FISHでは「ボーカル」「ダンサー」といった呼称は使用せず、各メンバーの肩書きはNAKATAにより名付けられたものである[25]

御神体編集

  • NAKATA
    (ナカタ、本名:中田敦彦) 1982年9月27日生。大阪府出身。
    • 実質的なリーダープロデューサー。グループの活動の方向性を決める他、多く楽曲の作詞を手掛ける。
    • パフォーマンスでは楽曲により、サビまでは後ろを向いて待機しサビでは一言だけ歌い中央で踊る場合と、SHINGOと共にツインボーカルを務める場合がある。
    • PERFECT HUMAN」のリリース以降、ステージでは基本的にサングラスを着用している。
    • YouTuberゆきりぬの大ファンである。
    • RADIOFISH UNIONとは別に個人でもNKT officialというYouTubeチャンネルを開設しており、そちらにも一部RADIO FISHのオフショットやグッズの紹介動画などを投稿している[注釈 1]

SHAMAN編集

  • SHINGO
    (シンゴ、本名:藤森慎吾) 1983年3月17日生。長野県出身。
    • メインボーカルMCを務め、「PERFECT HUMAN」以降の楽曲では作詞も手掛ける。
    • パフォーマンスでは楽曲により、サビまでは中央で歌いサビでは中央に立つNAKATAの後ろに隠れて歌う場合と、NAKATAと共にツインボーカルを務める場合がある。
    • 以前スチャダラパーのBOSEにSHINGOの声がラップ向きだと言われたことがあり、それを覚えていたNAKATAが「PERFECT HUMAN」制作に当たり「ラップをやって欲しい」と要請し、以降ラップを取り入れた楽曲が多くなっている。
    • SHAMAN (シャーマン) とは "祈る者" を意味しており、「最大の役割は歌うことではなく、御神体のありがたき御言葉を民へと繋ぐ架け橋であること」とされている。
    • 年下であるSKILL-MASTERメンバーと一緒の時でも基本的に車はSHINGOが運転し食事もよく奢っていることから、アッシー・メッシー扱いされることがある。

SKILL-MASTER編集

  • FISHBOY
    (フィッシュボーイ、本名:中田啓之) 1985年12月19日生。大阪府出身。
    • NAKATAの実弟であり、2009年にはJuste Debout世界大会での優勝経験もあるダンサー。また日本人のダンサーとして初めてadidas Originalsからスポンサード契約を受けた人物でもある。ダンスのジャンルはPOP
    • パフォーマンスでの立ち位置は基本的にShow-heyと対象となる。
    • メンバーやファンからは「フィッシュ」、もしくはそれにくん・さんを付けて呼ばれる。
    • 広い人脈を生かし、RADIO FISH結成に当たりSKILL-MASTER (スキルマスター) メンバーやサウンドプロデューサーらを集めた功労者である。
    • 2016年より友人らと共に "MWnishiazabu" (ムゥニシアザブ) というバー西麻布に経営しており[26]、エンタメ企画動画の撮影場所としても度々使われている。
  • Show-hey
    (ショウヘイ、本名:鬼塚祥平) 1983年6月6日生。熊本県出身。
    • BoA倖田來未三浦大知w-inds.AAA清水翔太など多くのアーティストバックダンサーMV出演の経歴を持つ。ダンスのジャンルはHIP-HOP
    • パフォーマンスでの立ち位置は基本的にFISHBOYと対象となる。
    • SKILL-MASTERの中では最年長のお兄さん的存在であり、ファンからは「へい様」と呼ばれている。実際に3兄弟の長男で、次男はお笑いコンビ・未来ホーガンの鬼塚貴臣である[27][28]
    • その豊富な経験から、ステージの構成・演出は主にShow-heyが手掛けている。
    • プライベートや移動中などはサングラスを着用していることが多い。またいつも入りの時にお洒落なカフェを持っているという。
    • EXILENESMITHとは同郷で、5歳頃からの幼馴染である[29]
    • 2018年4月13日、自身のInstagramにて一般女性との結婚を発表した[30]
  • SHiN
    (シン、本名:田島慎介) 1987年6月27日生。東京都出身。
    • 西野カナ関ジャニ∞、倖田來未などのバックダンサーやMV出演経験の他、25歳より2年間YG ENTERTAINMENT JAPANに専属ダンサーとして所属し、BIGBANGV.ID-LITE2NE1などのバックダンサーとしても活動した。またリオデジャネイロオリンピックの閉会式にもダンサーとして参加している[6]。ダンスのジャンルはHIP-HOP。
    • パフォーマンスでの立ち位置は基本的にRIHITOと対象となる。共に高身長である為サビでは両端に立つことが多い。
    • 日本韓国のハーフ。また自他共に認めるゲーマーであり、特にグランブルーファンタジーはオフショットなどでもプレイしているシーンがよく見られたが、2017年5月25日Twitterでグランブルーファンタジーを引退することを宣言。「今後はもうどんなゲームも継続してやることはないでしょう」とゲーマーからの引退も示唆している[31]
    • 中学時代に岡村隆史ウインドミルに憧れブレイクダンスを始めたこともあり、「PERFECT HUMAN」のMVなどソロパートではウインドミルを披露することも多い。
    • 普段からあまり感情を表に出さずテンションも低い為、FISHBOYは最初の練習の時「真っ先に抜けてしまうだろうな」と思ったという[32]。打ち解けてからは主にSHINGOなどから可愛がられる立ち位置となっている。
    • 2017年7月より地元蒲田を拠点としたダンス教室 "E.S.D.C." をダンサーの高安恵理と共に開講している。その後11月3日に自身のInstagramで高安と入籍したことを発表、RADIO FISHではNAKATAに次ぎ2人目の既婚者となった[33]
  • RIHITO
    (リヒト、本名:田嶋つとむ) 1988年7月15日生。東京都出身。
    • ダンスチームTRIQSTARのメンバーとして、オーディション番組Asia's Got Talentで日本人で唯一ファイナルまで進出しTop6になった他、TOMMY HILFIGERポルシェなどモデルの経験も持つ。ダンスのジャンルはアニメーション
    • パフォーマンスでの立ち位置は基本的にSHiNと対象となる。共に高身長である為サビでは両端に立つことが多い。
    • 結成当初はつとむという名前で活動していたが、2016年11月よりNAKATAに命名されRiH!TOと改名し、その後表記をRIHITOとした。また結成より2年程はモヒカンヘアトレードマークとしていた。
    • 自称上質なパリピで、日頃から様々なパーティーに出入りしているという。
    • FISHBOYはメンバーの中でもRIHITOの顔が最も気に入っており「全方位型イケメン」と評している。
    • NPO法人Wa-shoiの理事長も務めており、毎年主催しているイベント "Dance&Performer FESTIVAL" には2016年以降RADIO FISHも参加している。

共同作業者編集

TECHNICAL-BRAIN編集

  • KOJIKARU
    (こじかる、本名非公表) 神奈川県出身。
    • りきゃっとあいす・こじかるとしても活動するUUUM所属のYouTuber2016年10月頃より参加。
    • YouTubeに投稿される動画の撮影及び編集、企画立案などを行っている。また基本的にライブやイベント、テレビ番組の収録などにもオフショットやライブ動画の撮影の為同行している。
    • ステージでのパフォーマンスには参加しないがYouTubeの動画の概要欄にはTECHNICAL-BRAIN (テクニカルブレイン) としてKOJIKARUの名前も記載されており、ほぼ正式メンバーと同様の扱いを受けている。また「新時代」にはわずかながら歌唱参加もしている。
    • キャップをよくかぶっており、白に黒の柄が入ったものや黒にroarのロゴが入ったもの、CA4LA loves Andy Warholのワインレッドのものなどを愛用している。
    • 小学5年生の頃からフェレットを飼っており、現在もジェームズ、フォード、ハクという名前の3匹が自宅にいる。名前の由来はそれぞれジェームズ・フォードと千と千尋の神隠しのハクから。

BRANDING-SUPERVISOR編集

JOKER編集

SKILL-MASTERメンバーが他にも仕事を持っている為、スケジュールの都合で来られない際に代わりに入る臨時メンバーのことをJOKER (ジョーカー) と呼び、現在までに4名が参加している。
以前はスーパーサブ00Xという呼称を使用していたが、2016年7月16日以降はJOKERという呼称が使われ、00Xという番号も使われなくなっている[34][35]

  • 江端タイスケ (スーパーサブ002)[37]
    • XperiaのCMの振付、AKB48のダンス指導・振付などの経験を持つダンサー。
    • 過去にFISHBOYのマネージャーを務めていた。
  • パイレーツオブマチョビアン (スーパーサブ003)[38]
    • 関ジャニ∞ケラケラチャラン・ポ・ランタンのMV出演、振付などの経験を持つダンサー。またソロでは主にTバック一丁で踊るというパフォーマンスを行っている他、TAKUYAという名前でCRAiZ dance studioの代表も務める。
    • JOKERの中で最も登場回数が多く、メンバーやファンからは主に「マチョくん」または「マチョさん」と呼ばれている。
  • TッKUN♂[39]
    • ファレル・ウィリアムス東方神起ユンホなどのバックダンサー経験を持つダンサー。
    • 初参加が2016年8月20日SUMMER SONICであった為、スーパーサブ00Xという呼称や番号を使用されたことがない。またその際参加が直前に決まった為、当日ステージでパフォーマンスする全8曲の振付をわずか1日で覚えたという[40]

RADIOFISH & CHIPS編集

SKILL-MASTERメンバーが揃わない場合音楽ライブやテレビ出演ではJOKERを呼ぶが、オリエンタルラジオのトークライブなどのお笑いライブでは2015年10月以降その日の前説を務めたおばたのお兄さんレインボーの池田直人、実方孝生らがダンサーとして参加していた (おばたと池田は元々ひのでというコンビを組んでいた)[41][42]

2016年4月以降はRADIOFISH & CHIPSとして[43]毎回4名の芸人がダンサーとして参加しており、これまでにおばたのお兄さん、しゅんしゅんクリニックP (元フレミング)、ちゃっぴー (元しゃろん)、ゴールドバーグの西本彪留[44]、マイルドシュートの小名木健[45]、菅原ゆらぎ[46]などが参加している。

エピソード編集

以前よりNAKATAFISHBOYに「ダンスと歌でキャーキャーいわれるようなことをやりたい」と言っており[32]、NAKATAから出されたイケメンという最低条件の下、FISHBOYがSKILL-MASTERを集めた[6]
最初に元々仲が良く、2013年4月4日放送の日本テレビ系『ロンブー&チュートの芸能人ヒットソングで爆笑ショーバトル!』でNAKATA・FISHBOYらと共にWORLD ORDERの「MIND SHIFT」をコピーしオリエンタルラジオの2人とも面識のあったTRIQSTARのメンバー・RIHITOに声をかけた[32]
もう1人はどうしても自分より年上で経験豊富でなおかつイケメンが欲しいと思ったFISHBOYは、以前舞台でも共演したことがあり同じスタジオで自分の前にレッスンをしていたShow-heyに、入れ替わりの際すれ違い様に声をかけたところ二つ返事で快諾[32]
4人目はかなり悩み[6]、EN DANCE STUDIOのスタッフにバックダンサー経験のあるイケメンはいないか相談したところSHiNを紹介された。SHiNとは面識がなかったが、いきなり電話をかけ「オリラジが歌うんだけど、一緒に踊らない?」と誘った。電話越しのテンションが低かったため断られると思ったFISHBOYだったがこちらも快諾[32]。こうしてRADIO FISHが誕生した。

その他楽曲提供を受けたイトヲカシ宮田リョウ[47]OOPARTZのJUVENILE[48]、「GOLDEN TOWER」に参加した當山みれい[49]、JOKERの江端タイスケなど、RADIO FISHに関わる人物の多くがFISHBOYの紹介によるものである。
またFISHBOY以外のSKILL-MASTERメンバーからの紹介も多く、「東京大革命」や「ワンチャンCOCO夏☆物語」に参加した焚巻はRIHITO[6]、「Stepping on the fire」に参加したw-inds.はShow-heyの紹介である[50]

ディスコグラフィー編集

配信シングル編集

# 発売日 曲名 収録アルバム
1st 2015年3月18日 STAR PERFECT HUMAN
2nd 2015年5月27日 TONIGHT
3rd GOOD BYE
4th 2015年6月28日 SUMMER TIME
5th 2015年7月1日 PARADISE
6th 2015年12月23日 PERFECT HUMAN
7th 2016年6月22日 黄金時代 WORLD IS MINE
8th 2016年6月29日 ULTRA TIGER
9th 2016年7月6日 あの日見た神様の名前を思い出していつかきっと泣いてしまう
10th 2016年7月13日 NKT34
11th 2016年7月20日 GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい)
12th 2016年7月27日 さよなら
13th 2016年8月3日 東京大革命 (feat. 焚巻 & 345/凛として時雨)
14th 2016年8月10日 MIND BEACH
15th 2016年8月17日 INVISIBLE EMPEROR
16th 2016年8月24日 PERFECT HUMAN (m-flo☆Taku Remember 1999 Samba House Remix)
17th 2016年10月5日 WONDERLAND
18th 2017年4月18日 進化論 RADIO FISH 2017-2018 TOUR "Phalanx"
19th 2017年11月8日 LAST NUMBER (feat. 中元日芽香 (乃木坂46))
20th 2017年11月29日 新時代
21st O.D.O:Re
22nd 2017年12月6日 NEW GOD (feat. May J.)
23rd Trip Drop Town
24th 2017年12月20日 Make Ya Groove
25th Life is a Game

アルバム編集

# 発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2016年5月25日 PERFECT HUMAN YRCN-95257:TYPE-A (CD+DVD)
YRCN-95258:TYPE-B (CD)
4位
2016年8月26日 YRCN-95265:なりきりグッズ付き限定盤 (CD+DVD)
2nd 2016年10月12日 WORLD IS MINE YRCN-95263:TYPE-A (CD+DVD)
YRCN-95264:TYPE-B (CD)
16位

映像作品編集

# 発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2018年6月6日 RADIO FISH 2017-2018 TOUR "Phalanx" YRXN-80007:初回盤Blu-ray豪華BOX仕様 (BD+CD)
YRXN-80008:通常盤Blu-ray (BD)
YRBN-80183/4:初回盤DVD (2DVD+CD)
YRBN-80185/6:通常盤DVD (2DVD)
N/A

参加作品編集

発売日 曲名 収録作品 規格品番 最高位
2016年10月26日 PERFECT HUMAN V.A.『A GIRL↑↑4 mixed by DJ和 AICL-3158 47位

未発表曲編集

  • ORIENT
作詞:オリエンタルラジオ・土屋良介 / 作曲:樋口聖典
  • 2010年に行われたオリエンタルラジオの漫才ツアー「VS」で披露された楽曲。FISHBOYもゲストとしてダンスで参加していた。
  • 同ツアー会場限定で発売されたCDにのみ音源が収録されている。またルミネtheよしもとで行われた同ツアーの最終公演を収録したライブDVD『VS』にはライブ映像が収録されている。
  • 正確にはRADIO FISHではなくオリエンタルラジオとしての楽曲だが、2015年に行われた「RADIO FISH PARTY〜オリラジ10周年音楽祭〜」や2016年に行われた「PERFECT SUMMER」といったRADIO FISHのライブでも披露されている。

タイアップ編集

タイトル タイアップ先
GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい) MBSTBS系『プレバト!!』2016年8月・9月度エンディングテーマ
WONDERLAND TBS系アニメ『カミワザ・ワンダ』エンディングテーマ[51]
進化論 ロッテ「ACUO」CMソング

ミュージックビデオ編集

出演編集

バラエティ番組編集

音楽番組編集

特別番組編集

イベント編集

WEB編集

  • YouTube Rewind「The Ultimate 2016 Challenge」(2016年12月7日) - NAKATA、SHINGO、FISHBOY、RIHITOの4人のみ出演。

CM編集

MV編集

  • ユナク from 超新星「Do Your Own Thing feat. 藤森慎吾」(2018年1月17日) - SHINGO、RIHITOのみの出演で、RIHITOはキャスティングと振付も担当。またJOKERのNOSUKEも出演している。

受賞歴編集

ライブ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 主にKOJIKARUが撮影・編集を行うRADIOFISH UNIONと違い、NKT officialには基本的にNAKATAが撮影・編集した動画が投稿されている。
  2. ^ 監督が名前を公表出来ないため偽名であると、2016年4月24日のオリエンタルラジオトークライブ内で中田が発言している。

出典編集

  1. ^ a b c “オリラジのRADIO FISHが「Mステ」出演、「PERFECT HUMAN」披露”. お笑いナタリー. (2016年2月26日). http://natalie.mu/owarai/news/177740 2016年3月9日閲覧。 
  2. ^ “オリラジ10周年記念、クリスマスにRADIO FISHライブ開催”. お笑いナタリー. (2015年10月30日). http://natalie.mu/owarai/news/164317 2017年10月21日閲覧。 
  3. ^ “オリラジ、新ネタでまさかのMステ出演へ 「PERFECT HUMAN最高」とファン歓喜”. ORICON NEWS. (2016年2月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2067541/full/ 2016年3月9日閲覧。 
  4. ^ “『FNSうたの春まつり』にいきものがかり、RADIO FISHらが出演 藤巻亮太は卒業式で「3月9日」を熱唱”. リアルサウンド. (2016年3月11日). http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00010019-realsound-ent 2016年3月11日閲覧。 
  5. ^ “オリラジの新ユニットRADIO FISH、1stアルバム「PERFECT HUMAN」リリース”. 音楽ナタリー. (2016年3月11日). http://natalie.mu/music/news/179498 2016年10月5日閲覧。 
  6. ^ a b c d e “RADIO FISH赤坂BLITZでのワンマン成功に、オリラジ・中田「まだまだ走り続けます」と宣言! セカンドアルバムリリースもサプライズ発表!!”. よしもとニュースセンター (吉本興業). (2016年8月27日). http://news.yoshimoto.co.jp/2016/08/entry55855.php 2016年10月5日閲覧。 
  7. ^ “「日本有線大賞」にAKB48、JUJU、西内まりや、西野カナら8組ノミネート”. 音楽ナタリー. (2016年11月16日). http://natalie.mu/music/news/209516 2016年11月16日閲覧。 
  8. ^ “『第58回輝く!日本レコード大賞』、各賞受賞者が発表に”. BARKS. (2016年11月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000135203 2016年11月24日閲覧。 
  9. ^ “オリラジ率いるRADIO FISH、海外初パフォーマンス 今後のビジョンは「人が増えるかも」”. モデルプレス. (2016年11月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1639866 2017年10月21日閲覧。 
  10. ^ “【紅白】RADIO FISH、紅白初出場 「PERFECT HUMAN」ダンサー募集”. ORICON NEWS. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081949/full/ 2017年10月21日閲覧。 
  11. ^ “RADIO FISHの紅白は「ネオ秀吉」がテーマ「アーティストとして愛されたい」”. お笑いナタリー. (2016年12月28日). http://natalie.mu/music/news/215118 2017年10月21日閲覧。 
  12. ^ “【紅白】RADIO FISHが初出場 オリラジ中田、ピコ太郎と和解ハグも”. ORICON NEWS. (2017年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2083983/full/ 2017年10月21日閲覧。 
  13. ^ “ピコ太郎と中田敦彦、紅白での“歴史的和解”は「昨秋から算段していた」「素敵な茶番をありがとう!」の声”. livedoor NEWS. (2017年1月1日). http://news.livedoor.com/article/detail/12489605/ 2017年10月21日閲覧。 
  14. ^ “YouTube年間音楽動画「PPAP」が1位 欅坂46「サイマジョ」が4位に”. ORICON STYLE. (2016年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2083379/full/ 2017年10月21日閲覧。 
  15. ^ “RADIO FISH&エグスプロージョンも5000人の前で圧巻パフォーマンス!『YouTube FanFest Japan 2016』”. よしもとニュースセンター (吉本興業). (2016年12月21日). http://news.yoshimoto.co.jp/2016/12/entry63893.php 2017年10月21日閲覧。 
  16. ^ 中田敦彦”. Twitter (2017年1月13日). 2017年10月21日閲覧。
  17. ^ “オリラジ率いるRADIO FISHが新曲披露 CMソングで商品情報詰め込む”. ORICON NEWS. (2017年4月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2089299/full/ 2017年10月21日閲覧。 
  18. ^ “RADIO FISH、初の全国ツアー開催!タイトルは「Phalanx」多様な仕掛け用意”. お笑いナタリー. (2017年10月13日). http://natalie.mu/owarai/news/252600 2017年10月21日閲覧。 
  19. ^ “RADIO FISH新曲は乃木阪46中元日芽香とのコラボナンバー”. 音楽ナタリー. (2017年11月3日). http://natalie.mu/music/news/255379 2017年11月3日閲覧。 
  20. ^ “RADIO FISH、YouTuberがテーマの新曲「新時代」を無料配信”. お笑いナタリー. (2017年11月29日). http://natalie.mu/owarai/news/258711 2017年11月29日閲覧。 
  21. ^ 中田敦彦”. Twitter (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  22. ^ “RADIO FISH、初の全国ワンマンツアーから東京公演をWOWOWで4/1放送”. Musicman-NET. (2018年3月29日). https://www.musicman-net.com/artist/74667 2018年4月9日閲覧。 
  23. ^ “RADIO FISH、秋ツアー“NEWTON”の開催を発表!”. RBB TODAY. (2018年4月6日). https://www.rbbtoday.com/article/2018/04/06/159566.html 2018年4月9日閲覧。 
  24. ^ RADIO FISH info”. Twitter (2018年4月5日). 2018年4月10日閲覧。
  25. ^ “オリラジ中田「RADIOFISHでは藤森慎吾→『SHAMAN』、中田敦彦→『御神体』となっている」”. J-CASTニュース. (2016年7月15日). http://www.j-cast.com/tv/2016/07/15272670.html 2016年10月5日閲覧。 
  26. ^ FISHBOY”. Instagram (2017年5月16日). 2017年11月5日閲覧。
  27. ^ Show-hey”. Instagram (2017年4月5日). 2017年11月5日閲覧。
  28. ^ 未来ホーガン 鬼塚‏”. Twitter (2016年5月26日). 2017年11月5日閲覧。
  29. ^ EXILE NESMITH”. Instagram (2016年10月31日). 2018年5月25日閲覧。
  30. ^ “RADIO FISHのShow-heyが一般女性と結婚「今まで通り自分らしく一生懸命に」”. ORICON NEWS. (2018年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2109483/full/ 2018年4月29日閲覧。 
  31. ^ SHiN =RADIO FISH=‏”. Twitter (2017年5月25日). 2017年11月5日閲覧。
  32. ^ a b c d e “Mステ出演や1stアルバム「PERFECT HUMAN」の発売など、話題の尽きないRADIO FISH!ダンサーメンバーにスペシャルインタビュー!”. Dews. (2016年3月16日). http://dews365.com/special/radiofish-interview.html 2016年10月5日閲覧。 
  33. ^ “RADIO FISHのSHiN、ダンサー・高安恵理と結婚”. ORICON NEWS. (2017年11月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2100111/full/ 2017年11月5日閲覧。 
  34. ^ 中田敦彦”. Instagram (2016年7月16日). 2016年10月5日閲覧。
  35. ^ パイレーツオブマチョビアン”. Twitter (2016年7月17日). 2016年10月5日閲覧。
  36. ^ FISHBOY”. Instagram (2016年2月29日). 2016年10月5日閲覧。
  37. ^ FISHBOY”. Instagram (2016年3月5日). 2016年10月5日閲覧。
  38. ^ パイレーツオブマチョビアン”. Twitter (2016年5月9日). 2016年10月5日閲覧。
  39. ^ FISHBOY”. Instagram (2016年8月28日). 2016年10月5日閲覧。
  40. ^ RADIO FISHのサマソニ裏話”. sora×niwa (2016年8月23日). 2017年11月5日閲覧。
  41. ^ オリエンタルラジオ公式サイト ライブレポート”. 吉本興業 (2015年10月31日). 2016年10月5日閲覧。
  42. ^ オリエンタルラジオ公式サイト ライブレポート”. 吉本興業 (2016年3月19日). 2016年10月5日閲覧。
  43. ^ オリエンタルラジオ公式サイト ライブレポート”. 吉本興業 (2016年5月29日). 2016年10月5日閲覧。
  44. ^ オリエンタルラジオ公式サイト ライブレポート”. 吉本興業 (2016年4月24日). 2016年10月5日閲覧。
  45. ^ マイルドシュート小名木健”. Twitter (2016年5月29日). 2016年10月5日閲覧。
  46. ^ 菅原ゆらぎ”. Twitter (2016年7月31日). 2016年10月5日閲覧。
  47. ^ FISHBOY”. Instagram (2016年7月16日). 2016年10月4日閲覧。
  48. ^ “「PERFECT HUMAN」作曲 JUVENILEに聞く、楽曲制作のルーツとこだわり”. SENSORS. (2016年5月2日). http://www.sensors.jp/post/juvenile_oopartz.html 2016年10月4日閲覧。 
  49. ^ “オリラジ RADIO FISHゲストボーカルで話題!當山みれい 17歳と18歳の間で今、伝えたいたくさんのこと【インタビュー】”. T-SITEニュース エンタメ. (2016年7月27日). http://top.tsite.jp/entertainment/j-pop/i/29849327/ 2016年10月5日閲覧。 
  50. ^ “RADIO FISH初のライブBD&DVD『RADIO FISH 2017-2018 TOUR "Phalanx"』ジャケット写真・収録内容発表”. よしもとニュースセンター (吉本興業). (2018年5月17日). http://news.yoshimoto.co.jp/2018/05/entry83093.php 2018年5月19日閲覧。 
  51. ^ “RADIO FISH新曲がアニメ「カミワザ・ワンダ」エンディングテーマに”. お笑いナタリー. (2016年9月8日). http://natalie.mu/owarai/news/200967 2016年9月8日閲覧。 
  52. ^ CATTLEYA TOKYO”. Twitter (2016年7月29日). 2016年10月6日閲覧。
  53. ^ “RADIO FISH、笑点の舞台で「PERFECT HUMAN」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2016年4月4日). http://natalie.mu/owarai/news/182197 2016年5月18日閲覧。 
  54. ^ 中田敦彦”. Twitter (2017年1月25日). 2017年1月29日閲覧。

外部リンク編集