メインメニューを開く

ベリッシモ・フランチェスコ

料理研究家

ベリッシモ・フランチェスコ(本名 フランチェスコ・ベリッシモ Francesco BELLISSIMO 1979年1月3日 - )は、イタリアローマ生まれの料理研究家外国人タレント実業家空手家(極真会館参段)。"BELLISSIMO Francesco"は日本風に姓・名の順に並べ替えた「芸名」である(ベリッシモが姓、フランチェスコが名)。株式会社ビリオネア代表取締役社長、イタリア料理研究会会長[2]ローマクラブ日本会長[3]。イタリアと日本の文化の架け橋的な役割で活躍、伝統を守りながらも現代の食卓に合うような新しいグローバルスタンダードを目指す。日本各地の食材の素晴らしさや使い方等を世界へ発信。所属は自身が社長を務めるビリオネア。愛称は「ベリさん」、「ベリちゃん(自分で言うこともある)」(*1:#名字の意味に関連情報あり)、又は世界のみんなに聞いてみたに出演時についた「イタリアの種馬[4]」と呼ばれる。身長182cm。体重82kg。

ベリッシモ・フランチェスコ
Francescobellissimo2015.jpg
ベリッシモ・フランチェスコ, 駐日イタリア大使館, 2015年
生誕 (1979-01-03) 1979年1月3日(40歳)
イタリアの旗 ラツィオ州の旗ラツィオ州ローマ県ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 料理研究家,FISオリーブオイルソムリエ[1], 外国人タレント, 実業家, イタリア料理コンサルタント, モチベーション・スピーカー, 空手家極真会館参段)

目次

プロフィール編集

1979年1月3日にローマで生まれる[5][6]。家族の影響で幼い頃から料理に親しむ。美学学校デザイン専攻卒。ローマ大学哲学部在学中に陸軍[7]志願、チェサーノ陸軍歩兵学校卒(主計部付下士官)。2001年に来日。東京YMCA日本語学校卒。日本語弁論大会第一位受賞[8]

芸能活動編集

イタリア料理コンサルタント活動編集

  • 国内外イタリア料理レストランや高級ホテル・リゾートなどの料理及びホールサービスのアドバイザーやコンサルティングを務める。

名字の意味編集

イタリア語形容詞“bello”は「美しい」という意味。形容詞+“issimo”(「-いっしも」と読む)で最高・最上級の表現が作れる。更に、-o で終わる単語は男性名詞・形容詞。“bellissimo”は強調表現の「とても美しい」「美男」「伊達男」「イケメン」という意味。イタリアで非常に珍しい名字である。

ベリッシモ料理編集

幼少の頃より親戚のシェフのもと[10]カラブリア郷土料理に親しみ共に研究に励んできた。そして芸術を学び、ローマで培った感性を料理に活かしている。 彼のCucina(クチーナ、伊語 で料理の意味)はローマ料理やカラブリア州郷土料理をベースとしたイタリア料理。更に日本やアジア等の様々なアイデアを活かし、マスコミに受けやすい新たな創作イタリアンを作る。日本人の口に合う素材を見たときのインスピレーションから生まれ、二度と同じものは作れないといわれる。 レストランのコンサルティング、企業のレシピ開発、プロデュース等も行っている。

古代ローマ及びルネサンス時代の料理を研究編集

古代ローマ及びルネサンス時代の食事を復元し、食の特徴を研究している。更にシカゴ大学研究員ダニエレ・マクッリャ氏と歴史と料理をテーマに、アメリカ合衆国カナダ日本等の大学やイタリア文化会館で共同の文化イベントを行っている。[11]

イタリア料理研究会編集

イタリア料理研究会(いたりありょうりけんきゅうかい、Associazione d'Arte Culinaria Italiana in Giappone)は、2005年に設立。イタリアの一流レストランのシェフ、料理人、料理研究家を中心。イタリア料理に関する研究調査、伝統的料理技術の保存、伝承及び研鑚と新たな素材を活用した「イタリア料理の開発・普及」に努め、日本人の食生活向上に寄与することを目的とした研究会。

  • 活動内容

現地会員レストランでのイタリア家庭料理教室の開催、日本人シェフを対象としたイタリア家庭料理教室、会員同士の交流・レシピ交換・レシピ開発など、イタリア家庭料理教室の開催、テーブルマナー教室の開催、イタリア食文化交流に関するシンポジウム、講演活動の企画提案(講師、コーディネーター、パネリストの派遣など含む)、クッキングショーなど各種イベント企画提案、イタリアレストランプロデュース、テーブルコーディネート、スタイリング、雑誌・新聞へのレシピ提供・連載企画提案など。

ベリッシモの講演活動編集

"困難は最善の時です。多くの事が学べ、人間の頭と心を豊かにしてくれます。"
日刊スゴい人! vol.335 インタビュー

日本とイタリアの交流を深めるため、イタリア料理は勿論、おもてなし、マナー[12]国際理解教育食育、ビジネス論、モチベーション自己啓発、国際問題トークなどをテーマにして、全国にて数多の講演や研修を行う[13]小学校[14] - 大学や企業、老若男女が対象[15]。異なった観点からテーマを分析し、違う側面から物事を見ることにより、未来への希望を膨らませる。ユーモアのあるスピーチで観客に新たな喜びと感動を与えていると言われる。

"「みんな誘われるのを待っている」ということです。人は誰かに声をかけられたり、誘われたりすることに喜びを感じます。必要とされるのは誰でもうれしいことだからです。"
ビジネスパーソンの誘う技術 ダイヤモンド社 ベリッシモ・フランチェスコ著 pp.188

講演実績編集

エピソード編集

  • 徹子の部屋に出演した時、辛い料理を食べた黒柳徹子を見て、「僕はSだから女の人が苦しむのが見たい」と言い、徹子を口説いた[16]
  • 友だち+プラスに出演した時、『業界のトップ』の料理研究家として紹介される。[17]
  • 料理を始めたきっかけは、「女の子にモテたいから」。女の子を誘うために「ボクのおいしい手料理を食べに来ない?」という決めゼリフを使った[18]
  • ASローマファンである。ローマにいる時、ASローマ戦を観戦しており、選手との交流もある[19][20]
  • 「先生の作っているペペロンチーノには、なぜニンニクのみじん切りが入ってないの?」という質問に対して「あまりニンニクがききすぎたら、お食事の後に思いっきりキスができないでしょう?」と答えた[21]
  • 「料理研究家になって良かったことは?」という質問に対して「いつでもイタリア料理が食べられ、素敵な女性に出会えること」と答えた[22]
  • 講談社「GLAMOROUS」(グラマラス)『グラ男®2009年』(「グラっとくる色気のある男性」「セクシーな魅力が強い男性」)の一人である[23]
  • 「好きな料理は、誰のために作っているかで、好きか嫌いか決まりますね。そういう意味では、好きな料理は好きな女性のために作っている料理、かな」と語った[24]
  • 秋田美人について「デザインを学んだ者の目で見ると、顔がきれいなだけでなく、スタイルもいい。イタリアのファッションが合いそうと思う。それに肌の質がいいので、年齢が高くなっても上品な感じを保っていますね。」と言った[5]
  • 進藤晶子に対し「男性は女性に、女性は男性につくる。それでまた味は変わるんです。」と語った[7]
  • 一条ゆかりに対し「味だけじゃなくて、ムードとか、テーブルマナーとか…女性とどんな風に食べたかも大切。すべて含めて愛の記憶になる。」と語っている[25]
  • 別所哲也に語ったところによると「祖母のトマトソースの味をまだ超えられない」とのこと[26]
  • イケメンと呼ばれることに対しては「ビジネス面ではメリットがあるかもしれないが、自分では特にうれしいとは感じない」という[27]
  • テレビ番組での共演がきっかけで元サッカー日本代表武田修宏と仲が良い。街で二人で遊ぶ姿が目撃されている[28]。同じようにして、外国人の似たもの同士仲間としてブラジルオジエル・ノザキとも仲が良い(番組の楽屋ドッキリで周りがいるにもかかわらずセクシー画像を2人で見ていたりする)。
  • 世界くらべてみたらではフランスのニコラに自身のモノマネをされた時は恥ずかしかったようで顔を赤くしていた他、バッコンバッコン(夫婦間の営みの擬音)が言えずに何故かパックンマックンと発音してFUJIWARAの藤本敏史に何度もツッコまれたり、ドスケベイタリアンから挽回すべくポルチーニ茸のリゾットを作って桜の花の入ったオリーブオイルでリゾットを完成させる際にオジエルから「(速水)もこみちさんみたい」と言われた際には「べりもっこ、べりもっこ」と発言するなど、時々下ネタキャラから面白キャラになっている。
  • ナンパ健康法という独自の健康法を実戦している。本人曰く、女性を口説くとドキドキするので血流が良くなり新陳代謝が上がるという[29]
  • イタリアのスーツを着こなせるようにずっと懸垂ウエイトトレーニングを続けている[30]
  • 子供の頃から「北斗の拳」のファンである。番組内で北斗神拳南斗聖拳などのネタを披露することもある。世界くらべてみたらでは、それが原因(?)で日本人に指を指されると爆発すると思っていたと話していた。
  • 世界のみんなに聞いてみたでは「ナンパ男爵」とあだ名されており、後に同番組で今のあだ名となる「イタリアの種馬」にあだ名が進化(?)している。

データ編集

出演番組編集

 
田んぼでロケーション撮影
現在放送中
過去の出演番組

ほか多数

海外番組編集

ドラマ編集

主な連載作品編集

雑誌編集

 
料理撮影にて

ほか多数

CM編集

  • AEON トップバリュ ビジネススーツ(2014年3月 - 5月)
  • AEON トップバリュ ITALIAN FABRIC SUIT(2014年9月 - 11月)
  • 世田谷自然食品『十六種類の野菜』(2018年12月 - )

動画共有編集

ラジオ編集

著書編集

歌手としての活動編集

受賞歴編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.bibenda.it/associazione-italiana-sommelier-olio.php F.I.S.イタリアソムリエ財団/A.I.S.O.イタリア・オリーヴ・オイル・ソムリエ協会認定ソムリエ
  2. ^ イタリア料理研究会公式サイト 会長の挨拶[リンク切れ]
  3. ^ ローマクラブ日本公式サイト 会長の挨拶
  4. ^ それ以前は「ナンパ男爵」とあだ名されていた
  5. ^ a b http://issuu.com/sakigake/docs/20091002/8?mode=a_p 秋田魁新報社 mari*mari 2009年10月2日 Vol.32 pp.5
  6. ^ 秋田魁新報社日刊2010年(平成22年)3月31日 pp.27
  7. ^ a b «時代を駆けるキーパーソンたちに訊く!え、それってどういうこと?第110回»、発行 アスキー・メディアワークス、週刊アスキー、 2010年1月4日発行 通巻767号 pp.60,61,62, 63 EAN/JAN:4910247630105
  8. ^ «Lavorare in Giappone»、NHKイタリア語講座テキスト、日本放送出版協会、2006年4月号 pp.111 EAN/JAN:4910091590464
  9. ^ https://metropolitana.tokyo/ja/archive/bellissimo_oliveoil
  10. ^ «今、時代は〝つくる人〟へ ─〝いまどき男子〟の料理観─»、銀座百点、銀座百点会、2009年5月号 pp.11 - 23
  11. ^ http://webpark1781.sakura.ne.jp/index.html 東京大学教養学部教養学科地域文化研究分科 イタリア地中海研究コース主催 講演会「ダヴィンチの料理」レオナルド・ダヴィンチの時代、ルネサンスの食文化とは実際どんなものだったのか? ダニエレ・マクッリャ Daniele Macuglia シカゴ大学研究員 PH.D. 科学史、ベリッシモ・フランチェスコ Francesco Bellissimo 料理研究家 2019年4月24日(水)18:30
  12. ^ «イタリア男も認めるイタリア女の魅力! 国際感覚を身に付いた個性的で、洗練された女性»、徳間書店発行、Attiva、2004年9月号 pp.42,44 EAN/JAN:4910115890945
  13. ^ «輝くあの人にインタビュー»、安全衛生のひろば、中央労働災害防止協会発行、2009年4月号 pp.4,5 ISSN 0911-0011
  14. ^ http://www.city.sayama.saitama.jp/kakuka/kyoiku/kominkan/oktm-kom/hp/kodomo/2006/challenge/912.htm [リンク切れ]
  15. ^ «イタリア男と大和なでしこが語る アモーレ文化論»、扶桑社発行、Amarena、2008年10月号 pp.176,177 EAN/JAN:4910172001087
  16. ^ 2012年11月1日放送 ベリッシモ・フランチェスコ(イケメン料理研究家)徹子の部屋
  17. ^ 2017年5月2日放送 武田修宏のキラーフレンズ、ベリッシモ・フランチェスコ
  18. ^ All About Japan - インタビュー
  19. ^ http://www.romaclubgiappone.com/ilromanista2.pdf Il Romanista - 2006年2月1日号 pp.2 インタビュー (イタリア語)
  20. ^ http://www.romaclubgiappone.com/ilromanista.pdf Il Romanista - 2005年10月9日号 pp.7 インタビュー (イタリア語)
  21. ^ http://www.kosaidoakatsuki.jp/shuppan/mook/003284-0805.php [リンク切れ] 株式会社廣済堂出版、わたしの教室、 2008年5月1日発行 pp.19 EAN/JAN:4910032840580
  22. ^ 光文社CLASSY.、 2010年9月28日発行 11月号 pp.276 EAN/JAN:4910132551102
  23. ^ 株式会社講談社 GLAMOROUS、 2009年8月7日発行 9月号 EAN/JAN:4910133030590
  24. ^ 株式会社マガジンハウス ターザン、 2009年9月23日発行 No.542 pp.112,113 EAN/JAN:4910240340995
  25. ^ 株式会社集英社 コーラス、 2009年12月28日発行 別冊 超特大号ふろく EAN/JAN:4910137750203
  26. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月6日閲覧。 J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 2010年9月6日 MORNING LOUNGE
  27. ^ 日経BP日経トレンディ、 2011年9月4日発行 10月号 pp.63 EAN/JAN:4910171011018
  28. ^ http://www.ntv.co.jp/goten/oa/20121113/comment.html
  29. ^ 2013年6月23日放送 行列のできる法律相談所
  30. ^ http://www.mylohas.net/blog8/2010/09/026024_il_segreto_dellabito.html
  31. ^ https://www.tbs.co.jp/sekakura/cast/
  32. ^ http://www.tv-asahi.co.jp/shisatsudan/
  33. ^ https://abematimes.com/posts/817965
  34. ^ http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/kensakudego/archives/120922.html
  35. ^ http://www4.nhk.or.jp/P4443/x/2017-06-30/21/4199/2383351/
  36. ^ http://www.nhk.or.jp/athome/onair/20131207.html
  37. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月27日閲覧。 エプロンメモ メニューリスト
  38. ^ http://www.nhk.or.jp/kitchen-wagon/archives/index_archives101015.html
  39. ^ http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/special/train_cruise.html
  40. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月28日閲覧。
  41. ^ http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/archive/chapter003.html
  42. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月1日閲覧。
  43. ^ http://www.nhk.or.jp/nagoya/kintoku/archives/2013/20130208/index.html
  44. ^ http://iitomo.sakura.ne.jp/iitomo/2008/20080715.htm
  45. ^ http://www.fujitv.co.jp/nonstop/index.html
  46. ^ http://menzuitarian.wikitoha.com/
  47. ^ http://www.fujitv.co.jp/otn/hk/index.html
  48. ^ http://www.fujitv.co.jp/1HSense/bn/story49.html
  49. ^ http://www.ktv.jp/mune/onair.html
  50. ^ http://www.bsfuji.tv/tabikibun/2015/2015_08.html
  51. ^ http://www.bsfuji.tv/pub/kiwamezara/pub/007.html イタリアピッツァ vs アメリカピザの大論争!ベリッシモ(イケメン料理研究家)×パックン(パックンマックン)の激論
  52. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月29日閲覧。
  53. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月5日閲覧。
  54. ^ http://akitabijin-akitabinan.com/television/
  55. ^ http://www.sunsuntv.co.jp/ 清流・四万十川源流点の町 、高知県津野町。四国カルストも広がる豊かな自然に育まれた食材を、イケメン料理研究家ベリッシモさんが料理。癒しの高知旅に出かけたくなる30分。
  56. ^ http://www.tv-asahi.co.jp/uchigohan/recipe/181/
  57. ^ http://www.tv-asahi.co.jp/uchigohan/guest/181/
  58. ^ http://www.bs-asahi.co.jp/sahou/prg_014.html
  59. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/asa/2007/09/23-week/
  60. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/backnumber/101225.html
  61. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20170815/01.html
  62. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/footbrain/backnumber/1508.html
  63. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/hatake-restaurant/110814.html
  64. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/hatake-restaurant/110807.html
  65. ^ http://www.ntv.co.jp/banduke/contents/profile/index.html
  66. ^ http://www.ntv.co.jp/99answer/profile/index.html
  67. ^ http://www.ntv.co.jp/shikamo/customizeshoukai/
  68. ^ http://www.ntv.co.jp/don/contents02/2010/10/-sp-1.html
  69. ^ http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/120806/04.html [リンク切れ]
  70. ^ http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/120806/10.html [リンク切れ]
  71. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月13日閲覧。
  72. ^ http://www.tbs.co.jp/brunch/gourmet/20110521.html [リンク切れ]
  73. ^ https://www.tbs.co.jp/saikourestaurant/archive/20190202.html
  74. ^ http://www.tbs.co.jp/k-reshipi/backnumber/201402/1.html
  75. ^ http://s.mxtv.jp/goji/guest.php?date=20120316&list=all
  76. ^ https://s.mxtv.jp/variety/colorful/gest.php
  77. ^ http://s.mxtv.jp/barairo/gallery.php?date=20150813&week=thu
  78. ^ http://lala.tv/programs/cookingschool/index.html
  79. ^ http://www.ustream.tv/user/danshi-shokudo/videos
  80. ^ デリ飯#4 タワマンで暮らすデリ嬢と壮絶人生を歩んだ女王様が作るご飯の味は? | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年9月21日閲覧。
  81. ^ https://www.ricetteintv.com/panino-bellissimo-alla-thailandese-francesco-bellissimo/
  82. ^ https://www.lanostratv.it/2017/10/detto-fatto-caterina-balivo-chiama-uno-chef-de-la-prova-del-cuoco/
  83. ^ https://www.pasta.or.jp/movie/
  84. ^ http://baito.mynavi.jp/campaign/growth/hobopro/
  85. ^ https://www.openrec.tv/live/i9DTmnCJ0kq

関係事項編集

外部リンク編集