趙・匈奴の戦い

春秋戦国時代の戦い

趙・匈奴の戦い(ちょう・きょうどのたたかい)は、紀元前256年の名将の李牧匈奴の大軍に大勝した戦い。

趙・匈奴の戦い
戦争春秋戦国時代
年月日紀元前256年
場所雁門
結果匈奴に大勝し、十余年は国境を越境して来なくなった。
交戦勢力
匈奴
指導者・指揮官
李牧 匈奴単于
戦力
乗車:1300
騎兵:13000
歩兵:50000
弩兵:100000
騎兵:10余万
損害
不詳 10余万の兵
春秋戦国時代
春秋時代
戦国時代
秦の統一戦争
†はその国の滅亡 表示

背景編集

趙の孝成王の時代、趙の北方の雁門に駐屯する国境軍の長官で、国境防衛のために独自の地方軍政を許され、匈奴に対して備える任に李牧がついていた[1]。匈奴の執拗な攻撃に対しては徹底的な防衛・篭城の戦法を採ることで、大きな損害を受けずに安定的に国境を守備していた[1]。兵達には「匈奴が略奪に入ったら、すぐに籠城して安全を確保すること。あえて討って出た者は斬首に処す」と厳命していたからである[1]

そのやり方は匈奴だけでなく、趙兵にさえも臆病者であると思われてしまうこととなる[1]。趙王は李牧のやり方を不満に思い責めたが、李牧はこれを改めなかったので任を解かれた[1]

李牧の後任者は匈奴に討って出たが、被害が増大し、国境は侵された[1]。そのため趙王は過ちに気付き、李牧に任を請うたが、李牧は門を閉じて外に出ず、病と称して固辞した[1]。それでも将軍に起用されたので、李牧は「王がどうしても私を将軍にしたければ、前の方針を変えないようにさせて下さい」と言い、これを許された。そして李牧は元通り、国境防衛の任に復帰することになった[1]

戦争編集

匈奴の小隊が偵察に来た時、李牧は数千人を置き去りにして偽装の敗退を行い、わざと家畜を略奪させた[1]。これに味をしめた匈奴の単于が大軍の指揮を執ってやってきたが、李牧は伏兵を置き、左右の遊撃部隊で巧みに挟撃して匈奴軍を討った[1]。結果、匈奴は十余万の騎兵を失うという大敗北に終わった[1]。その後、さらに代の北にいた東胡を破り、林胡を降したため、単于は敗走した。

影響編集

匈奴はその後十余年は趙の北方を越境して来なくなった[1]。そのため李牧は紀元前243年悼襄王の命でを討ち、武遂方城などに侵攻した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]