鄶の滅亡

春秋戦国時代の戦い

鄶の滅亡(かいのめつぼう)は、紀元前769年を滅ぼした戦争。

鄶の滅亡
戦争春秋戦国時代
年月日紀元前769年
場所
結果によってが滅亡・併呑
交戦勢力
指導者・指揮官
武公 不詳
戦力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
春秋戦国時代
春秋時代
戦国時代
秦の統一戦争
†はその国の滅亡 表示

攻略戦編集

太史伯は鄭の桓公に天下形勢を分析した。太史伯は周の東都の成周中国語版付近発展し、まずは鄶とに財物と妻子を預け、次に両国を滅ぼし、根拠地を取得するように提案した[1]

鄭はの地に東遷した。幽王の敗死後、鄭の武公二年(紀元前769年)、鄭伯と鄶の君主の夫人が通姦し、鄭は出兵して鄶を滅ぼした。鄭は鄶の故地に遷都した[2][3]

脚注編集

  1. ^ 史記 巻四十二 鄭世家第十二》:於是桓公問太史伯曰:「王室多故,予安逃死乎?」太史伯對曰:「獨雒之東土,河済之南可居。」公曰:「何以?」對曰:「地近虢・鄶,虢・鄶之君貪而好利,百姓不附。今公為司徒,民皆愛公,公誠請居之,虢・鄶之君見公方用事,輕分公地。公誠居之,虢・鄶之民皆公之民也。」公曰:「吾欲南之江上,何如?」對曰:「昔祝融為高辛氏火正,其功大矣,而其於周未有興者,楚其後也。周衰,楚必興。興,非鄭之利也。」公曰:「吾欲居西方,何如?」對曰:「其民貪而好利,難久居。」公曰:「周衰,何國興者?」對曰:「斉・秦・晋・楚乎?夫斉,姜姓,伯夷之後也,伯夷佐堯典禮。秦,嬴姓,伯翳之後也,伯翳佐舜懐柔百物。及楚之先,皆嘗有功於天下。而周武王克紂後,成王封叔虞于唐,其地阻険,以此有徳與周衰並,亦必興矣。」桓公曰:「善。」於是卒言王,東徙其民雒東,而虢・鄶果献十邑,竟國之。
  2. ^ 《漢書 地理志》臣瓚注:鄭桓公寄帑与賄于虢・會之間。幽王既敗,二年而滅會,四年而滅虢。
  3. ^ 春秋公羊傳 桓公十一年》:古者鄭國處于留。先鄭伯有善于鄶公者,通乎夫人,以取其國而遷鄭焉,而野留。