メインメニューを開く

近畿中部防衛局(きんきちゅうぶぼうえいきょく、Kinki-Chubu Defense Bureau)は、防衛省地方防衛局のひとつ。防衛施設庁による汚職事件により防衛施設庁が廃止され、2007年9月1日装備本部装備施設本部大阪支部(舞鶴事務所を含み広島事務所、玉野事務所を除く)、名古屋支部(岐阜事務所を含む)が大阪防衛施設局防衛施設局)を統合し発足した。

大阪府兵庫県奈良県京都府滋賀県和歌山県愛知県岐阜県三重県福井県石川県富山県を管轄する。

下部組織に、小松防衛事務所、京都防衛事務所、舞鶴防衛事務所、東海防衛支局、東海防衛支局岐阜防衛事務所がある[1]

所在地・管轄区域編集

  • 近畿中部防衛局(本部)
大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館
大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、京都府、富山県、石川県、福井県
【防衛装備品に関する事務-大阪府、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝郡を除く)、兵庫県(豊岡市、養父市、朝来市、美方郡を除く)、徳島県板野郡】
  • 小松防衛事務所
小松市浮柳町ヨ21 小松空港庁舎
富山県、石川県、福井県
  • 京都防衛事務所
京都市中京区御池通西洞院西入ル石橋町438-1 京都地方合同庁舎
滋賀県、京都府
  • 舞鶴防衛事務所(防衛装備品に関する事務のみを担当)
舞鶴市余部下1190 海上自衛隊舞鶴地方総監部
富山県、石川県、福井県、京都府(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝郡に限る)、兵庫県(豊岡市、養父市、朝来市、美方郡に限る)[2]
  • 東海防衛支局
名古屋市中区三の丸2-2-1 名古屋合同庁舎第1号館
愛知県、三重県、岐阜県
  • 東海防衛支局岐阜防衛事務所(防衛装備品に関する事務のみを担当)
各務原市那加官有地無番地航空自衛隊岐阜基地
岐阜県

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
近畿中部防衛局長 防衛事務官 島眞哉 2018年08月03日 九州防衛局次長
次長 防衛事務官 石尾慎一郎
防衛補佐官 1等陸佐 永島肇 2017年12月01日 陸上自衛隊関西補給処桂支処補給部長
舞鶴防衛事務所長 2等海佐 石川卓央 2018年05月21日 統合幕僚学校教育課
東海支局長 防衛事務官 森卓生 2018年08月03日 防衛装備庁装備政策部装備政策課長
岐阜防衛事務所長 1等空佐 林田博行 2019年05月25日 第3輸送航空隊副司令

環境問題編集

東海防衛支局管轄の各務原市の岐阜基地に関しては、岐阜基地#環境対応を参照の事。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 地方防衛局組織規則(平成19年防衛省令第10号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2017年8月4日閲覧。
  2. ^ 地方防衛局の内部組織等に関する訓令(平成25年防衛省訓令第32号) (PDF)”. 防衛省. 2017年8月4日閲覧。


外部リンク編集