メインメニューを開く

邦寿王(くにながおう、1922年大正11年)4月21日 - 1986年昭和61年)4月16日)は、日本の元皇族陸軍軍人。最終階級は陸軍大尉賀陽宮恒憲王の第1王子。

邦寿王
Prince Kuninaga.png
続柄 賀陽宮恒憲王第一王子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
出生 1922年4月21日
日本の旗 日本 東京府
死去 (1986-04-16) 1986年4月16日(63歳没)
中華民国の旗 中華民国 台北市
配偶者 津雲龍子
父親 賀陽宮恒憲王
母親 恒憲王妃敏子
役職 陸軍大尉
テンプレートを表示
称号:
Japan Kouzoku Flag 16ben.svg

生涯

1941年7月、陸軍士官学校(55期)を卒業。陸軍少尉に任官する。大尉時代には早淵四郎中将のもとで豊橋第一陸軍予備士官学校の教官を務め、精神訓話と戦術の講義を担当した。1942年4月、満20歳に達したため、貴族院の皇族議員となる(1946年5月23日まで[1])。1942年から南方を転戦。陸軍大尉として敗戦を迎える。

復員後、1946年京都大学経済学部に入学。大学在学中、1947年10月14日、11宮家の皇籍離脱が行われ、賀陽邦寿(かや くになが)となり、公職追放となる[2]1950年に京都大学経済学部卒業。東京銀行日本国土開発などへの勤務を経て、後に賀陽会(かようかい)を主宰、賀陽政治経済研究所を設立し、所長となった。また、第8回参議院議員通常選挙1968年7月7日投票)に全国区から立候補したが落選した大日本居合道連盟初代会長を務めた。[3]。1986年(昭和61年)4月16日、心筋梗塞のため旅行中の台湾で客死。

血縁

逸話

京都大学在学時、大工の娘で祇園舞妓・南洋子と深い仲となり結婚を決意するが、両親の大反対と洋子が結核に冒されたことで諦める(大学卒業後洋子も上京して、大森にアパートを借りて住んでいた。一旦京都に帰ったが、上京させ昭和医大に入院させていたり、駒込に、小さな家を建てて、ばあやをつけて療養させた。邦寿は両親と下落合に住んでいたが、毎日見舞いは欠さななかった、洋子には毎月10万円をかけていた(当時の大卒銀行員の初任給3000円)。洋子の存命中、男の性というもので、邦寿には別の恋人ができた[4]。それは深川富岡町の料亭の一人娘の長島マリ子であった[4]。マリ子は当初、久邇朝融とも併行してつきあっていた[4]

南洋子は、9人兄弟がいたため、10歳の時、祇園の妓方(置屋)に預けられる、13歳から芸妓(舞妓になる前の半玉)になる。大きな目は利発そうで、一重瞼でチャーミングではあったが、美人というほどではなかった。大学最上級の頃、孝宮和子内親王(昭和天皇の第3皇女)との、この上ない良縁の縁談が持ちかけられたが、断っている。旧佐倉藩藩主、堀田伯爵の娘・英子(学習院一の美人と言われていた。後に政商と言われた小佐野賢治と結婚)との縁談も断っている。長嶋マリ子は、深川富岡町の料亭「一楽」の一人娘(マリ子は、その後に、東映ニューフェイスでデビューする)。長嶋マリ子は、邦寿王、久邇宮朝融王と並行して、付き合っていたが、久邇宮朝融王が身を引いた。

両親は、長男としての自覚と借財の尻ぬぐいまでさた事を盾に取り、無理やり見合いをさせられて、結婚にまでこごつけた。昭和26年(1951年)5月、心配した両親から津雲龍子と強引に結婚させられたが、邦寿は結婚に際し「洋子の病気が治ればすぐに離婚しよう。龍子には気の毒だが指一本触れまい」との決意で臨んでいた。龍子は新婚旅行にも連れて行かれず、入籍も先延ばしにされた[5]。龍子の思いは、2日、3日、4日と日は過ぎても、夫の邦寿が指一本触れない事が気がかりだったが、龍子も夜の生活はどのようになるか知識としては知っている。皇族育ちゆえ、その方面は知らないのかと思ったが、どうも態度がよそよそしい、新婚旅行をしないのは、皇室では、そのような例はないからと言われて納得していたが、とうもおかしい。新婚の夢が無残に破れウツウツとする龍子だった。

結局洋子は1952年7月27日に死去したが、その後も、邦寿が、関西方面に出張する時は、墓に参りを忘れずに参り、法事にも毎回出席した。失業中の洋子の父親の南佐太郎の面倒を何かと見てやった。佐太郎は元皇族殿下が娘の対して、ここまで愛情と情けを与えてくれる事に、感涙した。洋子の実家は、入り組んだ狭い住宅地の角地にあり、病室だった部屋は、狭い路地に面していたが、薄暮になった頃、その部屋の近くで、食い入るように佇む邦寿の姿が洋子が亡くなった後、見かけられた。邦寿の気持ちが変わらなかったため、龍子は「どうか、これを機に、私を愛してほしいのですが」申し出た。邦寿は「初恋の女、洋子は忘れる事ができない。今までに、女と思うのは洋子だけだ」と話した。龍子は昭和30年(1955年)春に離婚した[6]。結婚生活は3年だった。龍子は義母の賀陽敏子から「本当にすまなかったねぇ、あなたの半生を台無しにして。申し訳なさで言葉もないわ、どうぞ幸せな第二の人生をみつけてください」とのお詫びと励ましの言葉を受けて、龍子は処女のまま賀陽家を去った[7]。龍子は、「最後まで、私の体に触れなかったのが、せめてもの幸いでした」とさばさばした顔で話した。

皇籍離脱後、「石ばしる垂水(たるみ)の上のさ蕨(わらび)の萌え出づる春になりにけるかも」(志貴皇子 巻8 1418)を揮毫し、この歌の石碑が春日宮天皇陵(志貴皇子の陵墓)前に設置されている。

高度経済成長期には、皇族としての名を商売道具として使っていた。産経新聞夕刊、1976年12月20日、賀陽邦寿が会長を務める「日本経済功労顕彰委員会」が、2万8千円~6万8千円を支払った中小企業経営者に「功五位等位」~「功一位等位」まで、与えていた。お金で民間勲位を与える行為を、厳格にいえば詐欺事件ではないが、総理府賞勲局が、問題視。また、この後、賀陽邦寿が会長を務める「時事新聞社社会事業団」という団体が、全国の中小企業社長、商店主に、菊の紋章入り「経営褒華賞受賞資格推薦書」というものを、一律5万円で送っていた。旧宮家の人物が、トップにいる団体が、賞を送り、その代わりに金銭が必要になるという商売を行なっていた。

脚注

  1. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  2. ^ 『朝日新聞』1947年10月17日二面。
  3. ^ 大日本居合道連盟 連盟について、2012年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c 河原敏明『天皇家の50年』p.131
  5. ^ 河原敏明『天皇家の50年』p.133
  6. ^ 河原敏明『天皇家の50年』p.134
  7. ^ 河原敏明 『昭和の皇室をゆるがせた女性たち』 講談社、2004年、193-214頁

関連項目

外部リンク