メインメニューを開く
本来の表記は「鄭昇炫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鄭 昇炫(チョン・スンヒョン、朝鮮語: 정승현、1994年4月3日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手Jリーグ鹿島アントラーズ所属。ポジションは、ディフェンダー(DF)(センターバック)。韓国代表

鄭 昇炫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ チョン・スンヒョン
ラテン文字 JUNG Seung-Hyun
ハングル 정승현
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1994-04-03) 1994年4月3日(25歳)
出身地 大韓民国
身長 190cm
体重 89kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション DF
背番号 5
ユース
2010-2012 現代高校
2013-2014 延世大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 蔚山現代 49 (1)
2017-2018 サガン鳥栖 27 (2)
2018- 鹿島アントラーズ 11 (0)
代表歴2
2015-2016 大韓民国の旗 韓国 U-23 21 (2)
2017- 大韓民国の旗 韓国 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
2. 2018年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

クラブ編集

延世大学校を経て、2015年より蔚山現代FCへ加入。2017年6月、日本サガン鳥栖へ完全移籍で加入[1][2]。同シーズンは選手登録後からシーズン終了までのリーグ戦全試合に出場し、内2試合以外は先発出場であった。

翌2018年も第17節までの内11試合に先発出場し、内5試合ではキャプテンマークを巻いた[3]。7月24日、金崎夢生と入れ替わる形[4]鹿島アントラーズに完全移籍加入することが発表された[5]

代表編集

2016年リオデジャネイロオリンピックU-23韓国代表に選出され、センターバックのレギュラーとして全4試合に出場した[6]

2017年9月、韓国代表に初招集され、翌年のロシア・ワールドカップにも招集された。

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2013 延世大 3 - - 3 1 3 1
2015 蔚山 5 Kクラシック 18 0 - 2 0 20 0
2016 3 19 1 - 3 0 22 1
2017 15 12 0 - 0 0 12 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 鳥栖 15 J1 16 1 - - 16 1
2018 11 1 2 0 0 0 13 1
鹿島 5 11 0 - 2 0 13 0
2019
通算 韓国 Kクラシック 49 1 - 5 0 54 1
韓国 - - 3 1 3 1
日本 J1 38 2 2 0 2 0 42 2
総通算 87 3 2 0 10 1 99 4
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2017 蔚山 15 4 0 -
2018 鹿島 35[7] 6 0 3 0
2019 5 -
通算 AFC 10 0 3 0

その他の国際公式戦

タイトル編集

クラブ編集

鹿島アントラーズ

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ “鄭昇炫(チョン・スンヒョン)選手 新加入のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2017年6月23日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/2206/ 2017年7月15日閲覧。 
  2. ^ “鄭昇〓「Jで一番いい選手に」 サガン移籍会見”. 西日本スポーツ. (2017年7月5日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/sagan/article/340409/ 2017年7月15日閲覧。 
  3. ^ J.League Data Siteより、同シーズンの出場記録参照
  4. ^ “金崎選手がサガン鳥栖に完全移籍” (プレスリリース), 鹿島アントラーズ, (2018年7月24日), http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/66640 2018年7月24日閲覧。 
  5. ^ “チョン スンヒョン選手が加入” (プレスリリース), 鹿島アントラーズ, (2018年7月24日), http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/66641 2018年7月24日閲覧。 
  6. ^ “鳥栖、リオ五輪・韓国代表DFチョン・スンヒョンを獲得”. 佐賀新聞. (2017年6月23日). http://www.saga-s.co.jp/sagantosu/news/440376 2017年7月15日閲覧。 
  7. ^ ACLでは加入直前まで背番号5を着用していた植田直通の背番号として登録されていたため、別番号での登録となっている

関連項目編集

外部リンク編集