メインメニューを開く

この項目では、2019年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

2019年のJリーグ
J1
期間 2019年2月22日 - 12月7日
J2
期間 2019年2月24日 - 11月24日
J3
期間 2019年3月9日 - 12月8日
YBCルヴァンカップ
2018
2020

目次

概要編集

Jリーグ発足から27年目のシーズンになる。明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー (冠スポンサー)として、「2019明治安田生命Jリーグ」(: 2019 MEIJI YASUDA J.LEAGUE) の名称で行う。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新し、タイトルマークデザインが変更された[1]

この年からクラブ編成に関して大きな変更が2点あった。一つは12歳から21歳の間、3シーズンまたは36か月以上、自クラブで登録していた選手の保有を義務づける「ホームグロウン制度」の導入(J1では2019年シーズンから、J2・J3では2022年シーズンから)、もう一つは外国籍選手枠について、選手登録数の上限を廃止するとともに、試合エントリー(ベンチ入り)上限と試合出場上限をともにJ1で5人、J2とJ3で4人に増加するというものである[2]。後者については、Jリーグ提携国[注 1]については外国籍選手枠の対象外とされており、従前の「アジア枠」が廃止されている。

できごと編集

1月11日
各クラブのホーム開幕カードが発表される[3]。J1は前年同様1試合(セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸が2月22日金曜日開幕となり、その他のカードは翌23日土曜日開幕。またJ2のモンテディオ山形ヴァンフォーレ甲府ツエーゲン金沢とJ3のブラウブリッツ秋田は第4節がホーム開幕となる。
1月23日
J1・J2・J3の全日程およびJ1第25節まで・J2第31節まで・J3第22節までのキックオフ時刻を発表[4]ラグビーワールドカップ2019の関係でFC東京が8月から11月にかけてアウェイ8連戦が、ロアッソ熊本が9月から10月にかけてアウェイ4連戦がそれぞれ設定されたほか、横浜F・マリノスニッパツ三ツ沢球技場で、大分トリニータ大分市営陸上競技場で、アビスパ福岡東平尾公園博多の森陸上競技場で、それぞれ開催される日程が組まれた[5][6]
1月25日
2019JリーグYBCルヴァンカッププライムステージとJ1参入プレーオフ決定戦に於いてビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) を試験的に導入することを発表[7]
2月1日
同日付での試合運営管理規程の改訂を発表[8]。同規程の対象を「日本サッカー協会が主催するすべての試合」(天皇杯など)まで広げるのが主な目的。
2月19日
この日行われた理事会で、Jリーグの月間表彰について、J3リーグの「月間MVP」、J2・J3リーグの「月間ベストゴール」およびJ1・J2・J3リーグの「月間優秀監督賞」を新設することを決定[9]。J2の月間ベストゴールに関しては、2016年シーズン以来3年ぶりの復活となる。
また、同日行われた理事会で日本フットボールリーグ (JFL) 所属のラインメール青森テゲバジャーロ宮崎の2チームをJリーグ百年構想クラブとして承認[10]
3月14日
Jリーグ・Jリーグメディアプロモーション・NTTグループの3社により、Jリーグの試合映像やスタッツデータを一元管理・編集し、メディアへの提供や映像配信に活用するデジタルアセットマネジメントハブ、通称「Jリーグ FUROSHIKI」を構築することを発表[11][12]
5月17日
この日行われたJ1第12節・浦和レッズ湘南ベルマーレ埼玉スタジアム2002)の前半31分、湘南MF杉岡大暉のシュートがサイドネットを揺らしたにもかかわらず主審の山本雄大がノーゴールの判定で試合を続行したことにより試合が7分間中断するなど混乱を生じる[13]。この判定について、日本サッカー協会審判委員会は5月20日、主審の山本と副審の川崎秋仁に試合割り当て停止2週間、もう一人の副審である中野卓と第4審の熊谷幸剛に試合割り当て停止1週間の処分を発表[14]
6月11日
この日から、楽天が展開するOTT/インターネット動画配信サービス「Rakuten Sports」で、J1リーグ毎節3試合を配信することを発表[15]。対象地域はこれまでJリーグの放送・配信を行ってこなかった世界約140の国と地域で、DAZNでの配信を行っている日本などは対象外。
6月22日
この日、開催予定だったJ3 第13節のいわてグルージャ盛岡福島ユナイテッドFCいわぎんスタジアム)の試合が雷雨のため中止となった[16]。同試合の代替開催日は8月18日に開催予定とされた[17]
6月27日
Jリーグでもプレーしたジーコ鹿島テクニカルディレクター、元日本代表監督)、ギド・ブッフバルト(元浦和、元ドイツ代表)、ドゥンガ(元磐田、元ブラジル代表監督)、洪明甫(元平塚、元韓国代表監督)の4名が「Jリーググローバルアンバサダー」に就任することを発表[18]
7月13日
この日行われたJ1第19節・横浜F・マリノス浦和レッズ日産スタジアム)の後半14分のゴールについて、副審の相樂亨と第4審の大坪博和が運営担当者からの情報を元に「(オフサイドポジションにいた)横浜FM・FW仲川輝人の得点」と主審の松尾一に伝えたことで判定が二転三転し、試合が約9分間中断するなど混乱を生じる。この判定について、日本サッカー協会審判委員会は7月17日、「判定の裁量権を外部に求めた」として相樂と大坪に1ヶ月の審判資格停止処分、松尾に1ヶ月の試合割り当て停止処分、もう一人の副審であった田尻智計に1試合の試合割り当て停止処分とすることを発表[19]
また、同じ試合の試合開始前には浦和サポーターが横浜FMの定めた横断幕禁止エリアに横断幕を掲出したことを契機として両クラブのサポーターの間で緩衝エリアフェンス越しの揉み合いが生じ、負傷者も出る事態となったことから、8月22日に行われたJリーグの裁定委員会において両クラブに対しサポーターに対する監督責任義務違反により譴責処分と制裁金200万円を課すことを決定[20]
7月20日
この日、開催予定だったJ2 第23節の鹿児島ユナイテッドFCFC岐阜白波スタジアム)の試合が雷雨のため中止となった[21]。同試合の代替開催日は10月30日に開催予定とされた[22]
7月30日
この日行われた理事会で、アルビレックス新潟のホームタウンを「新潟市・聖篭町・阿賀野市・阿賀町・粟島浦村・出雲崎町・糸魚川市・魚沼市・小千谷市・柏崎市・刈羽村・加茂市・五泉市・佐渡市・三条市・新発田市・上越市・関川村・胎内市・田上町・津南町・燕市・十日町市・長岡市・見附市・南魚沼市・妙高市・村上市・弥彦村・湯沢町」に変更(新潟市・聖籠町以外の28市町村を追加)することを承認[23]
また、同日行われた理事会で、tonan前橋関東リーグ2部)のJリーグ百年構想クラブからの脱退を承認[24]
8月9日
J1第26節以降・J2第32節以降・J3第23節以降のキックオフ時刻を発表[25]
8月17日
この日行われたJ1第23節・清水エスパルス北海道コンサドーレ札幌IAIスタジアム日本平)で、札幌が0-8で勝利。札幌の8点差での勝利は1998年のJリーグ1stステージ第6節・セレッソ大阪vsジュビロ磐田(1998年4月15日、C大阪1-9磐田)、2003年J1 1stステージ第14節・ヴィッセル神戸vs大分トリニータ(2003年7月26日、神戸0-8大分)、2015年J3第2節・レノファ山口FCvsJリーグ・アンダー22選抜(2015年3月21日・山口8-0J-22)と並ぶJリーグタイ記録[26]

J1編集

チーム 出場権または降格
1 FC東京 26 16 4 6 37 21 +16 52 AFCチャンピオンズリーグ2020グループステージ1の出場権を獲得 
2 鹿島アントラーズ 26 15 6 5 48 23 +25 51 AFCチャンピオンズリーグ2020プレーオフの出場権を獲得 
3 横浜F・マリノス 26 15 3 8 48 32 +16 48
4 川崎フロンターレ 26 11 11 4 40 24 +16 44
5 サンフレッチェ広島 26 12 7 7 33 21 +12 43
6 セレッソ大阪 26 13 4 9 29 20 +9 43
7 北海道コンサドーレ札幌 26 11 6 9 44 34 +10 39
8 大分トリニータ 26 10 9 7 29 24 +5 39
9 ヴィッセル神戸 26 9 5 12 46 44 +2 32
10 清水エスパルス 26 9 5 12 33 58 −25 32
11 名古屋グランパス 26 8 7 11 39 40 −1 31
12 ガンバ大阪 26 7 10 9 33 38 −5 31
13 湘南ベルマーレ 26 9 4 13 36 43 −7 31
14 ベガルタ仙台 26 9 4 13 31 38 −7 31
15 浦和レッズ 26 8 7 11 25 37 −12 31
16 サガン鳥栖 26 8 3 15 23 42 −19 27 J1参入プレーオフに出場
17 松本山雅FC 26 5 9 12 16 31 −15 24 J2リーグ 2020へ降格
18 ジュビロ磐田 26 4 6 16 18 38 −20 18

最終更新は2019年9月14日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 天皇杯優勝クラブにもAFCチャンピオンズリーグ2020参加資格が与えられるが、同大会優勝クラブがJ1リーグ戦上位に入った場合は、リーグ戦次点のクラブに参加資格が与えられる。

J2編集

チーム 出場権または降格
1 柏レイソル 32 18 9 5 51 25 +26 63 J1リーグ 2020へ昇格 1
2 モンテディオ山形 32 16 9 7 41 24 +17 57
3 横浜FC 32 16 8 8 53 33 +20 56 J1参入プレーオフに出場 1
4 京都サンガF.C. 32 15 10 7 47 35 +12 55
5 水戸ホーリーホック 32 14 12 6 42 24 +18 54
6 大宮アルディージャ 32 14 12 6 42 30 +12 54
7 ファジアーノ岡山 32 15 7 10 41 39 +2 52
8 ヴァンフォーレ甲府 32 14 8 10 48 32 +16 50
9 徳島ヴォルティス 32 14 8 10 44 37 +7 50
10 ツエーゲン金沢 32 11 14 7 43 32 +11 47
11 V・ファーレン長崎 32 14 5 13 46 42 +4 47
12 東京ヴェルディ 32 11 12 9 44 43 +1 45
13 アルビレックス新潟 32 11 9 12 50 44 +6 42
14 レノファ山口FC 32 10 6 16 44 57 −13 36
15 愛媛FC 32 10 5 17 37 44 −7 35
16 FC琉球 32 9 8 15 44 62 −18 35
17 ジェフユナイテッド千葉 32 8 10 14 38 50 −12 34
18 アビスパ福岡 32 9 7 16 32 45 −13 34
19 FC町田ゼルビア 32 7 11 14 30 49 −19 32
20 鹿児島ユナイテッドFC 31 9 3 19 36 57 −21 30
21 栃木SC 32 4 13 15 22 43 −21 25 J3リーグ 2020へ降格 2
22 FC岐阜 31 6 6 19 27 55 −28 24

最終更新は2019年9月15日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1. J1リーグ昇格ならびにJ1参入プレーオフ出場は、J1ライセンスを保有するクラブに限る。
2. J3リーグ降格は、J3リーグの上位2チームにJ2ライセンスを保有しないクラブが入った場合は対象チームが変更となる。

J3編集

チーム 出場権または降格
1 ザスパクサツ群馬 23 13 5 5 45 24 +21 44 J2リーグ 2020へ昇格 1,2
2 ロアッソ熊本 23 13 5 5 33 25 +8 44
3 ギラヴァンツ北九州 23 12 7 4 33 19 +14 43
4 藤枝MYFC 23 12 6 5 31 22 +9 42
5 カターレ富山 23 9 8 6 32 23 +9 35
6 ガイナーレ鳥取 23 10 5 8 36 39 −3 35
7 セレッソ大阪U-23 23 10 3 10 33 41 −8 33
8 アスルクラロ沼津 23 9 5 9 23 22 +1 32
9 ブラウブリッツ秋田 23 8 7 8 29 24 +5 31
10 福島ユナイテッドFC 23 9 3 11 28 36 −8 30
11 ガンバ大阪U-23 23 8 5 10 40 29 +11 29
12 ヴァンラーレ八戸 23 8 5 10 36 33 +3 29
13 カマタマーレ讃岐 23 8 5 10 26 35 −9 29
14 SC相模原 23 7 5 11 25 33 −8 26
15 AC長野パルセイロ 23 6 7 10 22 29 −7 25
16 Y.S.C.C.横浜 23 7 3 13 35 45 −10 24
17 いわてグルージャ盛岡 23 7 3 13 27 41 −14 24
18 FC東京U-23 23 4 7 12 24 38 −14 19

最終更新は2019年9月15日の試合終了時
出典: J. League data
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.
1J2リーグ22位との自動昇・降格および同21位との入れ替え戦については、J3の1位・2位クラブがJ1もしくはJ2ライセンスを保有している場合のみ行われ、1位・2位のどちらか、あるいは両方がライセンスを保有していない場合、自動昇格・降格か入れ替え戦、あるいはその両方が行われない場合がある。
22位までにU-23チームが入賞した場合、U-23チームを除く13チームの成績を基として、自動昇格、または入れ替え戦出場チームを決定する。


表彰編集

月間MVP編集

J1 J2 J3
選手 所属 出典 選手 所属 出典 選手 所属 出典
2月・3月 藤本憲明 大分トリニータ [27] 鈴木孝司 FC琉球 [28] 山田寛人 セレッソ大阪U-23 [29]
4月 ディエゴ・オリヴェイラ FC東京 [30] イ・ヨンジェ ファジアーノ岡山 [31] 森島康仁 藤枝MYFC [32]
5月 喜田拓也 横浜F・マリノス [33] 仙頭啓矢 京都サンガF.C. [34] 髙木彰人 ガンバ大阪U-23 [35]
6月 シマオ マテ ベガルタ仙台 [36] 岩尾憲 徳島ヴォルティス [37] 北村知也 ロアッソ熊本 [38]
7月 セルジーニョ 鹿島アントラーズ [39] クリスティアーノ 柏レイソル [40] フェルナンジーニョ ガイナーレ鳥取 [41]

月間ベストゴール編集

J1 月間ベストゴール
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 伊藤翔 鹿島アントラーズ 2節 川崎F(等々力) 21分 [42]
4月 レオ・シルバ 6節 名古屋(カシマ) 81分 [43]
5月 山根視来 湘南ベルマーレ 12節 浦和(埼玉) 90+4分 [44]
6月 ダビド ビジャ ヴィッセル神戸 17節 名古屋(ノエスタ) 27分 [45]
7月 小池裕太 鹿島アントラーズ 18節 磐田 (カシマ) 40分 [46]
J2 月間ベストゴール
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 清武功暉 徳島ヴォルティス 2節 岐阜(鳴門大塚) 90+5分 [47]
4月 仲間隼斗 ファジアーノ岡山 10節 徳島(Cスタ) 75分 [48]
5月 小屋松知哉 京都サンガF.C. 15節 山口(西京極) 85分 [49]
6月 ロメロ フランク FC町田ゼルビア 20節 千葉(フクアリ) 87分 [50]
7月 松井大輔 横浜FC 24節 千葉 (フクアリ) 65分 [51]
J3 月間ベストゴール
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 福家勇輝 カマタマーレ讃岐 1節 岩手(ピカスタ) 27分 [52]
4月 高瀬優孝 ロアッソ熊本 7節 沼津(愛鷹) 3分 [53]
5月 黒木晃平 9節 鳥取(えがおS) 57分 [54]
6月 我那覇和樹 カマタマーレ讃岐 12節 YS横浜(ピカスタ) 34分 [55]
7月 池谷友喜 17節 F東23 (味フィ西) 30分 [56]

月間最優秀監督賞編集

J1 J2 J3
監督 所属 出典 監督 所属 出典 監督 所属 出典
2月・3月 風間八宏 名古屋グランパス [57] 樋口靖洋 FC琉球 [58] 小林伸二 ギラヴァンツ北九州 [59]
4月 長谷川健太 FC東京 [60] 高木琢也 大宮アルディージャ [61] 石﨑信弘 藤枝MYFC [62]
5月 アンジェ・ポステコグルー 横浜F・マリノス [63] 中田一三 京都サンガF.C. [64] 渋谷洋樹 ロアッソ熊本 [65]
6月 渡邉晋 ベガルタ仙台 [66] リカルド ロドリゲス 徳島ヴォルティス [67] 小林伸二 ギラヴァンツ北九州 [68]
7月 大岩剛 鹿島アントラーズ [69] 下平隆宏 横浜FC [70] 髙木理己 ガイナーレ鳥取 [71]

協賛団体編集

2019年 Jリーグパートナー(協賛団体)一覧[72][73][74]
協賛カテゴリー種別 協賛団体名 契約開始年度
Jリーグタイトルパートナー 明治安田生命保険 2015年
Jリーグトップパートナー キヤノン
キヤノンマーケティングジャパン
1996年
アイデム 2005年
明治安田生命保険 2014年
ルートインジャパン 2015年
イオンリテール
エレクトロニック・アーツEAスポーツ 2016年
マスターカード・ジャパン 2017年
NTTドコモ
コナミデジタルエンタテインメント 2018年
いちご 2019年
Jリーグ百年構想パートナー 朝日新聞社 2003年
リーグカップ戦スポンサー ヤマザキビスケット 1992年
スーパーカップスポンサー 富士ゼロックス 1994年
Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナー モルテン 1993年
アディダス ジャパン 2005年
Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー Perform Investment LimitedDAZN 2017年
Jリーグスポーツ振興パートナー 日本スポーツ振興センタースポーツ振興くじ <toto>) 2003年
JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー 楽天 2017年
Jリーグオフィシャルテクノロジーパートナー NTTグループ 2017年
Jリーグオフィシャルタイムキーパー TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA 2019年[注 2]
Jリーグサポーティングカンパニー ヤフーYahoo! JAPAN 2015年
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
デロイトトーマツコンサルティング
2017年
Jリーグマーケティングパートナー 電通 2015年

Jリーグ百年構想クラブ編集

特記なしはいずれも日本フットボールリーグ(JFL)所属

前年度からの継続
2019年2月承認[10]
2019年7月脱退[24]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2018年11月20日現在でタイベトナムミャンマーカンボジアシンガポールインドネシアマレーシアカタールの8か国[2]
  2. ^ 2017年・2018年は「Jリーグトップパートナー」

出典編集

  1. ^ “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~” (PDF) (プレスリリース), 明治安田生命保険, (2018年12月14日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ a b “「ホームグロウン制度」の導入と「外国籍選手枠」の変更について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年11月20日), https://www.jleague.jp/release/post-56861/ 2018年12月14日閲覧。 
  3. ^ “2019明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定! ~ 2019年も平日金曜開幕! ~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年1月11日), https://www.jleague.jp/release/post-57633/ 2019年1月12日閲覧。 
  4. ^ 2019シーズン 試合日程発表!”. 日本プロサッカーリーグ (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  5. ^ “【Jリーグ】3月に川崎対鹿島 ラグビーW杯の影響で会場変更も”. 産経新聞. (2019年1月23日). https://www.sankei.com/sports/news/190123/spo1901230040-n1.html 2019年1月23日閲覧。 
  6. ^ “2019明治安田生命J2リーグ 開幕カード決定!!” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年1月11日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21929 2019年1月12日閲覧。 
  7. ^ “ビデオ・アシスタント・レフェリー導入について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年1月24日), https://www.jleague.jp/release/post-57674/ 2019年1月25日閲覧。 
  8. ^ “試合運営管理規程改訂のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年2月1日), https://www.jleague.jp/release/post-57709/ 2019年2月3日閲覧。 
  9. ^ “2019シーズンの月間表彰について ~J3の月間MVP、J2・J3の月間ベストゴール、月間優秀監督賞を新設~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年2月19日), https://www.jleague.jp/release/post-57830/ 2019年2月19日閲覧。 
  10. ^ a b “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年2月19日), https://www.jleague.jp/release/post-57826/ 2019年2月19日閲覧。 
  11. ^ “Jリーグ 新たなスポーツ映像体験の提供と映像関連ビジネスの更なる成長をめざし日本初の本格的スポーツデジタルアセットハブ、“Jリーグ FUROSHIKI”(Jリーグふろしき)の構築を推進” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年3月14日), https://www.jleague.jp/release/post-58031/ 2019年6月13日閲覧。 
  12. ^ “JリーグやNTTなど、デジタルアセットハブ「Jリーグ FUROSHIKI」”. マイナビニュース. (2019年3月15日). https://news.mynavi.jp/article/20190315-789414/ 2019年6月13日閲覧。 
  13. ^ “【湘南】明らかな大誤審! 杉岡のシュートがネット揺らすも審判は得点認めず”. スポーツ報知. (2019年5月17日). https://hochi.news/articles/20190517-OHT1T50204.html 2019年7月20日閲覧。 
  14. ^ “湘南戦の誤審で2週間停止=追加副審導入も-J1”. 時事通信. (2019年5月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052001060&g=spo 2019年5月20日閲覧。 
  15. ^ “2019明治安田生命Jリーグ 「Rakuten Sports」にて世界約140の国と地域で配信開始!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年6月11日), https://www.jleague.jp/release/post-59009/ 2019年6月13日閲覧。 
  16. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第13節 いわてグルージャ盛岡 vs 福島ユナイテッドFC 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年6月22日), https://www.jleague.jp/release/post-59158/ 2019年6月22日閲覧。 
  17. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第13節 いわてグルージャ盛岡 vs 福島ユナイテッドFC代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), (2019年6月22日), https://www.jleague.jp/release/post-59174/ 2019年6月22日閲覧。 
  18. ^ “Jリーググローバルアンバサダーの就任について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年6月27日), https://www.jleague.jp/release/post-59009/ 2019年7月9日閲覧。 
  19. ^ “J横浜-浦和の不適切対応問題 協会が審判団を処分”. 日刊スポーツ. (2019年7月17日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201907170000655.html 2019年7月20日閲覧。 
  20. ^ “制裁決定について(横浜FM・浦和)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年8月22日), https://www.jleague.jp/release/post-59886/ 2019年8月22日閲覧。 
  21. ^ “2019明治安田生命J2リーグ 第23節 鹿児島ユナイテッドFC vs FC岐阜開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月20日), https://www.jleague.jp/release/post-59577/ 2019年7月20日閲覧。 
  22. ^ “2019明治安田生命J2リーグ 第23節 鹿児島ユナイテッドFC vs FC岐阜代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), (2019年8月13日), https://www.jleague.jp/release/post-59834/ 2019年8月13日閲覧。 
  23. ^ “アルビレックス新潟 ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月30日), https://www.jleague.jp/release/post-59648/ 2019年7月30日閲覧。 
  24. ^ a b “tonan前橋のJリーグ百年構想クラブからの脱退について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月30日), https://www.jleague.jp/release/post-59650/ 2019年7月30日閲覧。 
  25. ^ 2019シーズンの後半日程が発表!【Jリーグ】”. J.LEAGUE.jp (2019年8月9日). 2019年8月20日閲覧。
  26. ^ “札幌史上2位の8発!8点差は史上最大得点差!!”. 日刊スポーツ. (2019年8月18日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201908180000114.html 2019年8月20日閲覧。 
  27. ^ J1受賞者 大分トリニータ FW10藤本 憲明:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  28. ^ J2受賞者 FC琉球 FW9鈴木 孝司:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  29. ^ J3受賞者 セレッソ大阪U-23 FW23山田 寛人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  30. ^ J1受賞者 FC東京 FW9ディエゴ オリヴェイラ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  31. ^ J2受賞者 ファジアーノ岡山 FW9イ ヨンジェ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  32. ^ J3受賞者 藤枝MYFC FW20森島 康仁:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  33. ^ J1受賞者 横浜F・マリノス MF8喜田 拓也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  34. ^ J2受賞者 京都サンガF.C. MF14仙頭 啓矢:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  35. ^ J3受賞者 ガンバ大阪U-23 FW18髙木 彰人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  36. ^ J1受賞者 ベガルタ仙台 DF23シマオ マテ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  37. ^ 徳島ヴォルティス MF8岩尾 憲:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  38. ^ ロアッソ熊本ロアッソ熊本 FW13北村 知也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  39. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ MF18セルジーニョ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  40. ^ J2受賞者 柏レイソル FW9クリスティアーノ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  41. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 FW10フェルナンジーニョ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  42. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ FW15伊藤 翔:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  43. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ MF4レオ シルバ:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  44. ^ J1受賞者 湘南ベルマーレ DF13山根 視来:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  45. ^ J1受賞者 ヴィッセル神戸 FW7ダビド ビジャ:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  46. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ DF26小池 裕太:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  47. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス FW13清武 功暉:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  48. ^ J2受賞者 ファジアーノ岡山 MF19仲間 隼斗:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  49. ^ J2受賞者 京都サンガF.C. MF22小屋松 知哉:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  50. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア MF24ロメロ フランク:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  51. ^ J2受賞者 横浜FC MF22松井 大輔:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  52. ^ J3受賞者 カマタマーレ讃岐 FW21福家 勇輝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  53. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 DF24高瀬 優孝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  54. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 MF2黒木 晃平:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  55. ^ カマタマーレ讃岐 FW9我那覇 和樹:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  56. ^ J3受賞者 カマタマーレ讃岐 MF17池谷 友喜:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  57. ^ J1受賞者 名古屋グランパス 風間 八宏:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  58. ^ J2受賞者 FC琉球 樋口 靖洋:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  59. ^ J3受賞者 ギラヴァンツ北九州 小林 伸二:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  60. ^ J1受賞者 FC東京 長谷川 健太:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  61. ^ J2受賞者 大宮アルディージャ 高木 琢也:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  62. ^ J3受賞者 藤枝MYFC 石﨑 信弘:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  63. ^ J1受賞者 横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  64. ^ J2受賞者 京都サンガF.C. 中田 一三:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  65. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 渋谷 洋樹:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  66. ^ J1受賞者 ベガルタ仙台 渡邉 晋:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  67. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス リカルド ロドリゲス:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  68. ^ J3受賞者 ギラヴァンツ北九州 小林 伸二:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  69. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ 大岩 剛:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  70. ^ J2受賞者 横浜FC 下平 隆宏:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  71. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 髙木 理己:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp” (日本語). Jリーグ.jp. 2019年8月14日閲覧。
  72. ^ “2019年Jリーグパートナー契約決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年12月14日), https://www.jleague.jp/release/post-57379/ 2018年12月14日閲覧。 
  73. ^ “株式会社電通と「Jリーグ マーケティングパートナー」契約に基本合意” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年12月14日), https://www.jleague.jp/release/post-57377/ 2019年1月25日閲覧。 
  74. ^ “2019年Jリーグパートナー契約決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年1月24日), https://www.jleague.jp/release/post-57680/ 2019年1月25日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集