メインメニューを開く

野宮真貴

日本の女性ミュージシャン

野宮 真貴(のみや まき、1960年3月12日 - )は、歌手ミュージシャン

野宮真貴
生誕 (1960-03-12) 1960年3月12日(59歳)
出身地 日本の旗 日本北海道白糠郡音別町
ジャンル J-POP
渋谷系
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1980年 -
レーベル ロード&スカイ(1981年~2010年)
rhythm zone(?年~2010年)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(2011年~)
事務所 ロード&スカイ(1981年~2010年)
ソニー・ミュージックアーティスツ(2011年~)
共同作業者 ポータブル・ロック
ピチカート・ファイヴ
公式サイト おしゃれ手帖

ピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカルとして有名。現在ではソロでの音楽活動の他、ナレーターモデルデザイナーなどとしている。

来歴・人物編集

北海道白糠郡音別町(現・釧路市音別町)生まれ[1]。子供時代は父親の仕事の都合で札幌-東京-室蘭と引越を繰り返した。本人の話によると、歌手になりたいと思い始めたのは『ステージ101』(NHK総合)を観てのことで、この番組初のグループ『ヤング101』に入りたいと思っていた[2]。10歳の時には既にカーペンターズセルジオ・メンデスミッシェル・ポルナレフなどの洋楽を聴き始め、その後グラムロック好きになって、ニューヨーク・ドールズがお気に入りになっていた[2]。高校入学後はキッスエアロスミスなどハードロックを聴くようになって、その頃にはハードロック系のバンドを組んで活動。しかし自分の柔らかな感じの歌声はハードロックに合わず、ギターを担当していた。高校を卒業する頃の1970年代末にニュー・ウェイヴというムーブメントが到来し、テクノポップが流行り出した時に「やっと自分の歌いたい音楽に出会えた」と思ったという[2]。この時にハードロックに見切りを付け、髪を刈り上げにするなど自分のファッションを髪型から変えていた[2]。テクノポップでは、プラスチックスの佐藤チカに憧れていた[2]

高校卒業後は英語の専門学校へ進学しニュー・ウェイヴ系のバンドを結成して活動を始めたもののデビューには至らず、専門学校卒業後はコンピューター会社のOLとして働いていた[3][2]。この頃、渋谷のニュー・ウェイヴ喫茶店、ナイロン100%によく通っていた[2]

その後スカウトされて音楽界に入り[2]ハルメンズのレコーディングにボーカルの準メンバーとして参加した後[3]1981年、野宮“ロマン”真貴として、シングル「女ともだち」(資生堂「シャワーコロン」CM曲[3])でデビュー。22歳のときに中原信雄鈴木智文と共にポータブル・ロックを結成。活動を続けると共に、1984年前後にはムーンライダーズの資生堂CM曲「パーキー・ジーン」やシングル「M.I.J.」などでゲストボーカル、ラップ、コーラスを担当。1988年以降の田島貴男ボーカル時代のピチカート・ファイヴではゲストコーラスとして参加した。

1990年にピチカート・ファイヴに3代目ボーカルとして加入し、2001年3月に解散するまで、日本とヨーロッパを中心に活動。解散後はソロ活動を行う。

2004年m-floのアルバム『ASTROMANTIC』に参加、2005年に「野宮真貴 loves m-flo」としてシングルを発表するなど、他のアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。

2011年に「30年ぶりに、もう一度デビューする、みたいな気持ち」という気持ちでROAD AND SKY ORGANIZATIONから、ソニー・ミュージックアーティスツに移籍[4]。2012年にはデビュー30周年記念アルバム『30 〜Greatest Self Covers & More!!!〜』をリリース。

1996年に『ウゴウゴルーガ』で声優も務めていたフジテレビ局職員(現・音楽プロデューサー)と結婚し、同年長男を出産。長男はその後、医学部に進学した[5][6][7]

作品編集

ソロ活動以外の作品は関連項目を参照。

音楽編集

  • ピンクの心(1981年、ビクター音楽産業フライング・ドッグレーベル) - 鈴木慶一プロデュース。デビューシングル「女ともだち」と当時ムーンライダーズのライブでも演奏された「ウサギと私」を収録。
1990年・1995年・2005年8月に再発売。2005年版は当時の紙ジャケットを復刻したデザインで、インディーズレーベル“SS RECORDINGS”より発売。2010年10月30日にビクターエンタテインメントから秘蔵ライブ音源2曲を加えた『ピンクの心+2』のタイトルで発売された(VICL-70095)
  • すてきなラブ・パワー(1985年、RVC) ※つくば万博電力館テーマ曲
  • 100パーセント妖怪CAT(1986年、徳間ジャパン) ※『ゲゲゲの鬼太郎猫娘キャラクターソング
  • まだ見ぬプリンセス(1986年、徳間ジャパン) ※「プリティー“ピーチボイス”プリンセス」名義。『スーパーマリオブラザーズピーチ姫キャラクターソング(スーパーマリオブラザーズのアレンジアルバム『サウンドマリオブラザーズ』に収録。16BIT SCROLLERSとしてポータブルロックメンバーも変名で参加している)
  • miss maki nomiya sings(2000年7月、ヒートウェーヴ) - 小西康陽プロデュース
  • Lady Miss Warp(2002年11月、ジェマティカ・レコーズ)
  • DRESS CODE(2004年7月、ジェマティカ・レコーズ)
  • Big Bang Romance(2005年9月、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ) ※「野宮真貴 loves m-flo」名義
  • PARTY PEOPLE(2005年10月、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ)
  • エレガンス中毒(2008年2月、タワーレコード限定販売) - 菊地成孔提供曲収録
  • 30 〜Greatest Self Covers & More!!!〜(2012年1月、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 野宮真貴、渋谷系を歌う。 Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards(2014年11月、mini inc.+O.S.T.INC.)
  • 世界は愛を求めてる。What The World Needs Now Is Love 〜野宮真貴、渋谷系を歌う。〜(2015年11月、ユニバーサルミュージックジャパン
  • 男と女’Un Homme et Une Femme’〜野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。〜(2016年8月、ユニバーサルミュージックジャパン)
  • 野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。〜Wonderful Summer〜(2017年5月、ユニバーサルミュージックジャパン)
  • 野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。(2017年10月、ユニバーサルミュージックジャパン)
  • 野宮真貴 渋谷系ソングブック(2018年10月、ユニバーサルミュージックジャパン)

書籍編集

  • おしゃれ手帖 - Cahier de la Mode(1999年11月、PARCO事業局出版部、ISBN 4891946008
2003年12月、朝日新聞社より文庫化。(ISBN 4022614331
  • スター・ストラック - スタアのひとりごと(2001年3月、PARCO事業局出版部、ISBN 4891946199
  • 野宮真貴のAtoZ(2001年9月、GAP出版、ISBN 490159429X
  • ドレスコードのすすめ - おしゃれ手帖 PART II(2004年7月、DAI-X出版、ISBN 4812525403
  • 野宮真貴×篠崎真紀×湯山玲子『エレガンス中毒 ぎりぎりの女たち』(2008年2月、INFASパブリケーションズ、ISBN 9784900785618) - +1ゲストによる対談集
  • 赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック(2016年9月、幻冬舎、ISBN 9784344030022
  • おしゃれはほどほどでいい(2017年10月、幻冬舎、ISBN 9784344031968

その他編集

メディア出演編集

テレビ編集

  • 続・最後から二番目の恋 第4話(2014年5月8日、フジテレビ) - 本人 役
  • The Covers' Fes 今夜はカバーソングナイト(2014年12月10日放送) - The Coversのスペシャル番組。小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」、トワ・エ・モワ「或る日突然」をカヴァー
  • The Covers(2015年12月21日・2016年9月5日、NHK BSプレミアム) - 〈2015年〉荒井由実「中央フリーウェイ」、松田聖子「ガラスの林檎」、尾崎亜美「マイ・ピュア・レディ」をカヴァー。〈2016年〉松任谷由実「ルージュの伝言」、安田成美「思い出のロックンロール」、フランス映画「男と女」主題歌(日本語歌詞:小西康陽)、鈴木雅之&菊池桃子「渋谷で5時」(スペシャルゲスト:鈴木雅之とデュエット)をカヴァー。
  • 第16回 東京ジャズ「VOL.2」(2017年10月15日、NHK BSプレミアム)
  • ミュージックステーション ウルトラFES 2018(2018年9月17日、テレビ朝日) - 『ミュージックステーション』初出演の野宮は、「東京は夜の七時」発売25周年を記念して小西康陽が新たに編曲とプロデュースを手がけた同曲の特別バージョンをテレビ初披露した。小西プロデュース&野宮歌唱というコラボは、2001年にピチカート・ファイヴが解散して以来初となった。

Web配信編集

  • 田中圭24時間テレビ(2018年12月15日 - 12月16日、AbemaSPECIAL2) - 本人役 ※早朝と夕刻の2回、収録風景も含め出演。『東京は夜の七時』を披露した(朝は「東京は朝の七時」と歌詞を替えて歌唱)。その模様は出来上がったドラマ「くちびるWANTED」に収められ、配信された[8][9]

映画編集

エピソード編集

  • 若い頃、紙おむつを発売していたほぼ全メーカーのCMソングを歌っていたことがある。このエピソードは2012年2月2日、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際にクイズとして出題された。

出典編集

  1. ^ ファッション・リーダー : 野宮真貴のおしゃれブログ 2006年2月7日
  2. ^ a b c d e f g h 昭和40年男(クレタパブリッシング)2019年12月号 p.124 - 127「俺たちのアイドル 野宮真貴」
  3. ^ a b c GORO 1981年11月No.23号 特集「GORO推薦実力派女性シンガーベスト8」
  4. ^ 野宮真貴からのお知らせ、Miss Maki Nomiya、2011年5月9日
  5. ^ 野宮真貴、夫同伴でお仕事!ひとり息子は成人テレビ朝日、2016/02/22
  6. ^ 野宮真貴 結婚も出産も自分にとっては自然なこと日経デュアル、2016.09.30
  7. ^ 「おしゃれは自分を表現する一番身近なもの」野宮真貴インタビュー。ナリナリドットコム、2005/10/20
  8. ^ 野宮真貴さん”. 田中圭24時間テレビ オフィシャルブログ (2018年12月16日). 2018年12月18日閲覧。
  9. ^ おしゃれかるたリターンズ! 「チークは頬に入れない。」”. 野宮真貴 公式ブログ (2018年12月16日). 2018年12月18日閲覧。
  10. ^ 映画『星くず兄弟の新たな伝説』より「星くず兄弟、月へゆく」 song by 野宮真貴 with スターダスト・ブラザーズ(三浦涼介・武田航平)”. stardust brothers 公式YouTube (2017年12月27日). 2018年3月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集