メインメニューを開く

野獣捜査線』(やじゅうそうさせん、原題: Code of Silence)は、1985年アメリカで公開されたアクション映画。後に『沈黙の戦艦』『逃亡者』などのヒット作を生み出すアンドリュー・デイヴィスが監督し、『地獄のヒーロー』のチャック・ノリスが主演した。

野獣捜査線
Code of Silence
監督 アンドリュー・デイヴィス
脚本 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
製作 レイモンド・ワグナー
出演者 チャック・ノリス
音楽 デヴィッド・マイケル・フランク英語版
撮影 フランク・ティディ
編集 クリストファー・ホームズ
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
レイモンド・ワグナー・プロダクション
配給 オライオン/ワーナー
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年5月3日
日本の旗 1985年11月2日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $20,345,361[1]
テンプレートを表示

概要編集

この作品は、これまでノリスが出演した空手を用いて戦う強い男という一辺倒なイメージを覆し、全編に渡りハードボイルドテイストで描かれている。

あらすじ編集

シカゴ市警で働くエディ・キューサックは、二大麻薬組織を追跡中に、同僚の誤射事件に巻き込まれてしまう。そして相棒も足を負傷し、別のパートナーと組むことになる。だが彼は、何でも一人で事件を解決する正義感の強さのあまりに周りからは反感を買い、孤立してしまう。そして二大麻薬組織と一人で戦うこととなった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
エディ・キューザック チャック・ノリス 井上孝雄
ルイス・コマチョ ヘンリー・シルヴァ 森川公也
ケイツ署長 バート・レムゼン
ダイアナ・ルナ モリー・ヘイガン英語版 安達忍
ニック・コパラス ジョー・ガザルド 村山明
トニー・ルナ マイク・ジェノヴィーズ
ドラート デニス・ファリーナ
フェリックス・スケイルス ネイザン・デイヴィス英語版
クレイギー ラルフ・フーディ英語版
ピレリ アレン・ハミルトン
ビクトル・コマチョ ロン・ヘンリクエッツ 若本規夫
ブレナン ロン・ディーン英語版
スパイダー ウィルバート・ブラッドリー
ミュージック ジーン・バージ英語版
エフレン ミゲル・ニーニョ
その他 大木民夫
及川ヒロオ
上田敏也
北村弘一
池田勝
藤本譲
安田隆
中庸助
筈見純
村松康雄
大山高男
火野カチコ
藤城裕士
津田英三
古田信幸
片岡富枝
有馬瑞香
城山堅
林一夫
塚田正昭
伊井篤史
勝生真沙子
椎橋重
向殿あさみ
花咲きよみ
演出 伊達康将
翻訳 平田勝茂
調整 荒井孝
効果 リレーション
制作 東北新社
解説 淀川長治
初回放送 1988年8月21日
日曜洋画劇場

その他編集

この作品は、元々クリント・イーストウッドのために書かれた脚本であり、イーストウッドを尊敬するノリスがそれに変わって出演した(公開当時のプログラムでも紹介されている)。またノリス自身、お気に入りの作品と語っている(キネマ旬報のインタビューを始め、目に出来る数多くのインタビューで同様のことが語られている)。彼の代表作の一つとして認知されている。テレビの初放映はテレビ朝日の『日曜洋画劇場』。その後は、テレビ東京の深夜帯や『午後のロードショー』で度々放送されている。

アクション編集

この作品でアクションに転向したアンドリュー・デイヴィスは、短いながら迫力のあるカーチェイス、ノリスの映画にしては控えめな格闘シーン、大胆な銃撃戦をメリハリよく、重厚なドラマの間に盛り込まれている。

参考文献編集

  1. ^ Code of Silence” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月26日閲覧。

外部リンク編集