及川ヒロオ

日本の俳優と声優

及川 ヒロオ(おいかわ ヒロオ、旧芸名・及川 広夫、及川 ヒロヲ、1935年8月28日[1][3] - 1995年9月25日[3])は、日本男性俳優声優北海道美唄市出身。プロダクションエム・スリーに所属していた[2]

おいかわ ひろお
及川 ヒロオ
本名 及川 広夫[1]
別名義 及川 ヒロヲ
生年月日 (1935-08-28) 1935年8月28日
没年月日 (1995-09-25) 1995年9月25日(60歳没)
出身地 日本の旗 日本北海道美唄市
身長 166 cm[2]
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画アニメ吹き替え
活動期間 1960年代 - 1995年
事務所 プロダクションエム・スリー
主な作品
フランダースの犬』(ジェハン・ダース役)
イタダキマン』(オチャカ校長役)
テンプレートを表示

来歴編集

北海道美唄東高等学校(現・北海道美唄高等学校)卒業[2][4]

高校卒業後、美唄市劇団「青い実の会」を経て[4]NHK札幌放送劇団入団[4]。同劇団の研究生時代には札幌市電車掌のアルバイトをしていたことがあった[4]。その後23歳の時に上京[4]東京放送劇団[5]を経て、プロダクションエム・スリーに所属していた[2]

1995年9月25日、死去。60歳没。奇しくも『イタダキマン』で共演した富山敬と同じ日に亡くなった。

人物編集

声種バリトン[5]。特技は東北弁[2]。 個性派俳優としてドラマ・バラエティで活躍する一方、『フランダースの犬』のジェハンじいさん役など声優としての活動も多かった。特に『世界まるごとHOWマッチ』では渡された台本そのものが面白くないとして、アドリブ満点の独特の吹き替えを行い、同番組の特番では顔出しの出演も果たした。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

テレビアニメ編集

1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年

劇場アニメ編集

OVA編集

吹き替え編集

海外映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

ラジオドラマ編集

テレビ番組編集

人形劇編集

CM編集

その他コンテンツ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 21話「灯台の悪人」のみ。28&29話「困ったそっくりさん(前編&後編)」以降は加藤精三

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、376頁。ISBN 978-4-415-00878-3 
  2. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑(1995年版)』VIPタイムズ社、1995年、64頁。 
  3. ^ a b 及川ヒロオの解説”. goo人名事典. 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 河北新報 1982年11月13日 24面「登場」コーナー
  5. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、73頁。 
  6. ^ フランダースの犬”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  7. ^ フーセンのドラ太郎”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ 作品データベース イタダキマン”. タツノコプロ. 2022年5月25日閲覧。

外部リンク編集