メインメニューを開く

伊達 康将(だて やすまさ)は、日本の音響監督。株式会社東北新社外画制作事業部スーパーバイザー[1]。別名義は伊達渉

目次

人物編集

元々は映画監督志望だったが採用枠がなく、東北新社の演出家の求人を見つけ応募し、1973年に同社に入社[2]。以来40年以上にわたって活動する外画のベテラン吹替ディレクターの一人。演出作の特徴としては定番のキャストや制作サイドの要望が考慮される主要キャスト以外の配役を固定されたメンバーで回す事が多く、古参の常連声優に青山穣古田信幸辻親八などがいる。

アニメの音響監督も幾つか手がけているが極端に少ない故にアニメを中心に活動する声優に余り精通していない為、洋画吹替を中心に活動する声優を起用する場合が多くキャスティングの傾向が偏っているのが特徴である。映像テクノアカデミアで講師も務めている[1]

演出を手掛けた作品の中で最も思い入れが深い作品は『夜の大捜査線』のTBS版[2]

作品一覧編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

海外映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集