釜江廣志

日本の経済学者

釜江 廣志(かまえ ひろし、1948年 - )は、日本の経済学者一橋大学名誉教授。元生活経済学会会長。生活経済学会賞、東日本鉄道文化財団奨励賞受賞。

人物・経歴編集

兵庫県生まれ[1]。1970年京都大学経済学部卒業[2]。1972年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。指導教官二階堂副包[3]。1975年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学[4][2]。指導教官倉林義正[5]。1993年「日本の国債市場と金利の期間構造」で一橋大学博士(商学)の学位を取得。審査員花輪俊哉柴川林也清水啓典[6]

1975年小樽商科大学講師。1981年山口大学助教授。1984年一橋大学商学部助教授。1989年一橋大学商学部教授[2]。2005年生活経済学会会長。一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2009年東京経済大学教授。2011年一橋大学名誉教授[7]。生活経済学会賞、東日本鉄道文化財団奨励賞受賞[4]。指導学生に清水順子学習院大学教授)[8]孫立堅復旦大学世界経済研究所副所長)など[9]

著書編集

  • 『日本の国債流通市場 : 利子率の期間構造の計量分析』有斐閣 1993年
  • 『証券分析の基礎』(編)有斐閣 1995年、改訂版1997年
  • 『入門証券市場論』(編)有斐閣 1998年、第3版2006年、第3版補訂2015年
  • 『日本の証券・金融市場の効率性』有斐閣 1999年
  • 『ゼミナール証券分析』有斐閣 2002年
  • 『ミクロ経済学基礎演習』(大塚晴之と共著)同文舘出版 2002年
  • 『マクロ経済学基礎演習』(大塚晴之と共著)同文舘出版 2003年
  • 『日本の国債市場と情報』有斐閣 2005年
  • 『金融・ファイナンス入門』(皆木健男と共著)同文舘出版 2011年
  • 『日本の債券市場の史的分析 : 戦前と戦後の数量経済史』同文館出版 2012年
  • 『日本の公共債市場の数量経済史』同文舘出版 2016年

脚注編集

  1. ^ 『日本の債券市場の史的分析―戦前と戦後の数量経済史』著者略歴 - Amazon.co.jp
  2. ^ a b c 釜江 廣志 教授一橋大学商学部
  3. ^ 昭和46年度 学位授与・単位修得論文」『一橋研究』第23号、一橋大学大学院生自治会、1972年7月、 143-146頁、 doi:10.15057/6632ISSN 0286-861XNAID 110007621158
  4. ^ a b 「釜江 廣志」researchmap
  5. ^ 昭和49年度学位授与単位修得論文」『一橋研究』第29号、一橋大学大学院生自治会、1975年7月、 231-236頁、 doi:10.15057/6551ISSN 0286-861XNAID 110007621080
  6. ^ 釜江広志, 「日本の国債市場と金利の期間構造」 一橋大学 博士論文, 乙第114号, 1993, NAID 500000099865, doi:10.15057/10884
  7. ^ 「名誉教授」一橋大学
  8. ^ 論文題目 東アジア諸国における為替変動と国際資本フロー一橋大学大学院商学研究科
  9. ^ 学位授与者(万代勝信・沼上幹・福島英史・妹尾大・孫立堅・佐々木百合・石井昌宏・加賀谷哲之・松井剛・畢滔滔・鄭基龍・洪仁淑)」『一橋論叢』第124巻第3号、日本評論社、2000年9月、 459-464頁、 doi:10.15057/10479ISSN 0018-2818NAID 110007640289
先代:
村本孜
生活経済学会会長
第11期:2005年 - 2007年
次代:
坂口正之