メインメニューを開く

鋼鉄の咆哮3 ウォーシップコマンダー

鋼鉄の咆哮3 ウォーシップコマンダー(くろがねのほうこうスリー ウォーシップコマンダー)は、マイクロキャビンが開発し、コーエーから2004年に発売された第二次世界大戦期を題材にした海戦アクションゲームで、鋼鉄の咆哮シリーズのWindows版第3作である。(ただし『2EK』を独立した1作として数えれば第4作、さらにPS2版のWSGも含めれば第5作である。)。しばしば『3』、あるいは『無印3』等と略される(以下、『3』と略記)。

ゲームシステムについてはシリーズ項目参照。

目次

ストーリー編集

1931年、南極大陸の新独立国家より、「レアメタル」と呼ばれる新合金が発見され、新たなエネルギー発生装置が開発された。列強諸国はこの装置を用い、こぞって「超兵器」を建造、さらには連合軍と枢軸軍に分かれて覇権を争う様になった。この状況を危惧した新独立国家は「レアメタル」の輸出を禁止、列強は相次いで新独立国家に宣戦布告してきた。プレイヤーは新独立国家の部隊を率い、祖国を侵略の手から守る為、列強に立ち向かう。

特徴と変更点編集

『1』から『2EK』までは2D画面だったものが、『3』では3D化され、自作艦の姿を3Dで見られるようになった。

『3』では自艦と最大3隻の従属艦で構成する「主力艦隊」(『2EK』と同様に従属艦も自作艦から選択できるが、今作では自艦も船体に応じた編成値が設定されるため、総獲得編成値を上回る自艦は必然的に使えないことになる)の他に、最大4隻から成る「支援艦隊」を最大3部隊投入することが出来る。つまり、最大16隻の艦船を1マップに侵攻させることが出来る。また、航空機部隊に個別の指令を出す事が出来るようになったり、戦略爆撃機への爆撃支援要請や揚陸隊の存在など、戦略要素が以前のシリーズに比べ大幅に高まっている。

従来、設計を行えたのは水上艦(空母戦艦巡洋艦駆逐艦航空戦艦)だけであったが、、『3』では潜水艦と潜水空母、航空機の設計も可能になった。さらに、航空機については今まで1部隊内への異なる機種の混在が出来なかったが、今作ではそれも可能になっている。同時に航空機には経験値も設定され、同じ部隊を使い続けることにより性能を向上させる事も出来る。

また、今までプレイヤーが設計できなかった「超兵器」艦船の設計・使用も条件付では有るが可能となっている。

それと漂流兵の扱いは再び変わり、回収による耐久力回復メリットは無くなり、おまけステージ出現などに関わる「階級」の増加に必要となるだけとなった。しかし、耐久力回復については今作から、機関停止状態で待機する事により耐久力を60%まで回復・殆どの2次災害を回復する応急修理、ステージ各所に点在する修理ドック内で機関停止状態で待機する事により耐久力・燃料を全快し全ての2次災害を回復する完全修理が何度でも行なえる為、その点では以前のシリーズに比べ遥かに楽になっている。

要所要所でルート選択の場面があり、それによって攻略ステージや結末が変化する「マルチシナリオ」を採用した。(それまでの戦闘中でのフラグで分岐する最終2エリア以外は、一度訪れれば以前のシリーズと同様にエリアごとではあるものの、繰り返しやり直すことが可能。最終2エリアの分岐は特定のエリアの再チャレンジ及びフラグ立てによって操作することが可能)

登場超兵器編集

超高速巡洋戦艦「シュトゥルムヴィント」
約70ノットの速力を誇るドイツの巡洋戦艦。プレイヤーが最初に遭遇するのは枢軸群先遣艦隊の旗艦であり、アンゴラで最終調整が行われていた。船体側面に装備されたロケットエンジンにより、非常識的な速力を発揮するが、その反面装甲や兵装が犠牲になっている。35.6cm砲3基を主砲とし、船体側面には魚雷発射管を6基、艦尾には多数のVLSを搭載している他、バルカン砲や対潜ロケットも備えている。南アフリカ方面を選んだ場合、最初に遭遇する超兵器になる。ゲーム終盤では全性能が向上している改良型多く登場する、そのためかなりの数が量産されていたと思われる。
超高速戦艦「インテゲルタイラント」
新登場の超兵器。速力は50ノットとシュトゥルムヴィントに速力は劣るが、耐久面では勝っている。連合軍太平洋艦隊旗艦(Cエリア登場時)で、ステルス性を重視したトリマラン形状の船体を有する戦艦、リヴァイアサンに似ていることからそのプロトタイプと推測される。長砲身のAGSが主砲であり、航空機の主翼に一撃で命中させられる程の正確な射撃ができる。艦前方と後方にはVLSを搭載している。オセアニア方面選んだ場合、最初に遭遇する超兵器になる。少数ではあるが改良型も登場する。
超巨大ホバー戦艦「アルティメイトストーム」
新登場の超兵器。ホバーのため砂浜程度の陸地は易々と乗り越えられる上に、速力も軽く50ノット以上を発揮できる。海上から上陸し敵拠点に直接攻撃を仕掛けるために開発されたと思われる。大和型にも匹敵する45.7cm砲を主砲とし、副砲には高い命中精度を誇るAGSを搭載している。船体後部には多数のミサイル発射機も備えている。初登場のCエリアでは2隻同時に出現する。改良型の「改アルティメイトストーム」も存在する。連合軍所属。
超巨大二段空母「ペーターシュトラッサー」
前作にも登場した、二層になった飛行甲板を持つ多段式空母。枢軸軍南極攻略艦隊の旗艦で、飛行甲板には鉄十字が描かれている。設計当初は戦艦として作られているため、強靭な防御力を備えている。兵装として43.2cm砲や多弾頭噴進砲、更にはミサイル発射機まで搭載しているため、戦艦並みの火力も持ち合わせている。
超巨大二段空母「改ペーターシュトラッサー」
ペーターシュトラッサーの改良型、2隻の存在が確認されている。装甲は対56cm砲防御に強化され、主砲が拡散荷電粒子砲に変更されている他、対空パルスレーザーやガトリング砲、多弾頭SSM発射機など、攻撃面、防御面が共に向上しており、速力も50ノットを超える。バルト海周辺のフィンランド湾、もしくはボスニア湾で建造されていたと思われる。
超巨大高速潜水艦「アームドウイング」
新登場の超兵器。50ノットを誇る、エイの様なデザインの高速潜水艦。艦尾には小型潜水艦を発進させるハッチがある。兵装は多連装魚雷、多連装誘導魚雷、ミサイルを装備しており、小型潜水艦との飽和攻撃を行う。中破した際に流れるBGMは、前作2EXに登場した「超アルウス」が中破した際に流れたBGMのアレンジである。後半には強化された改良版もあり。連合軍所属。
アームドウイング以降の超兵器は中破するとBGMが変わるようになる(一部例外あり)。
超巨大要塞艦「ストレインジデルタ」
前作「鋼鉄の咆哮2」では偽装戦艦として登場したが、今作では飛行甲板、軍艦のドックを備えた要塞艦として登場する。艦尾には3つのハッチがあり、多数の船を収納可能。Gエリアでは、戦艦大和以上の大きさを誇るミシガン級戦艦(架空)を3隻搭載している。広大な飛行甲板にはVLSやエレベーター、4つのアングルド・デッキ、カタパルト6基があり、多数の艦載機のほか、大型爆撃機B-36を搭載している。兵装は45.7cm砲、AGS、ミサイル発射機や、艦周囲に大量の弾幕を張ることができる全方位機関砲を装備している。船体は5角形の形状をしており、更に超兵器の中で最大クラスの大きさを誇るため、速力は25ノットとかなり鈍足である。連合軍所属。
超巨大双胴航空戦艦「近江」
新登場の超兵器。航空戦艦の弱点でもある搭載機の少なさを、双胴形式にすることにより大幅に増加させた超兵器。主砲は50.8cm砲、副砲には46.0cm砲を装備し、その他にもミサイル発射機、噴進爆雷砲などを搭載している。速力も比較的高く、40ノット以上は発揮できる。主砲を前部に集中配置しているため、艦尾方向が弱点である。枢軸軍所属。
超巨大高速空母「アルウス」
60ノットを誇るアングルド・デッキ構成の高速空母。外見は現実のニミッツ級航空母艦に近い形状をしているが、甲板には40.6cm砲15門を備え、ミサイル発射機、AGS砲等を搭載しているため、戦艦並みの火力がある。1隻で小国3個分に匹敵する航空戦力を有すると言われており、大型の戦略爆撃機等も搭載している。プロローグでは、甲板に戦略爆撃機B-58が搭載されているのを確認することができる。改良型も登場する。連合軍所属。
超巨大爆撃機「ジュラーヴリク」
新登場の超兵器。三つのローターで飛行する前進翼の巨大爆撃ヘリコプターカムチャッカ半島攻略に出撃した枢軸軍の戦艦を含む14隻の艦隊をたった一機で全滅させている。大口径の356mmガトリング砲、魚雷、ミサイル等を搭載しており、変則的な動きをしながら飽和攻撃を行ってくる。修正パッチ適応前後では動きが違う。連合軍所属であり、主翼と胴体には赤い星国籍マークが描かれている。
オープニング映像にも登場し、米軍機とともに戦艦、空母を含む合計10隻程の日本艦隊に攻撃を仕掛ける。上空からの急降下爆撃にもものともせず、回避に失敗して突っ込んできた爆撃機をローターで叩き割る等、通常兵器とは一線を越えた場面を観ることができる。
超巨大双胴戦艦「播磨」
戦艦を二隻くっつけ、重圧な装甲と大量の兵装を搭載可能にした双胴戦艦。基地で改装されていた。速力は36ノットと平凡だが、旋回性能は他の超兵器を圧倒する。主砲の50.8cm砲の砲門数は30門もあり、通常の戦艦とは比較にならない程強力な砲撃能力を備えている。その他にも、光学兵器の怪力線照射装置、多弾頭ミサイルなどを装備している。枢軸軍所属。
巨大戦艦「超大和」
前作までは通常の敵として登場していたが、今作では超兵器として登場する。大和型戦艦より一回りほど巨大な量産型の超兵器で、12隻の建造が予定されており、横須賀海軍工廠で建造が進められていた。主砲に50.8cm砲12門、副砲に20.3cm砲を装備し、光学兵器の怪力線照射装置も搭載している。他の超兵器とは異なりノイズは発さない上に、アイテムも落とさない。枢軸軍所属。
枢軸国と同盟を結んだ場合、特定のステージで味方として登場する。
超巨大潜水艦(潜水空母)「ドレッドノート」
今までのシリーズと違い、飛行甲板を備えた潜水空母として登場。船体上部に可動式の飛行甲板を備えており、艦載機を発艦させる最には、アングルド・デッキのように可動させて利用する。ベンガル方面から枢軸軍を空襲したのはこのドレッドノートである。兵装は多連装魚雷、誘導魚雷、酸素魚雷、ミサイル、クラスター爆弾発射機、バルカン砲を装備している。連合軍所属。作中では状況に合わせて「潜水艦」、「潜水空母」と呼び別けられている。
連合国と同盟を結んだ場合、特定のステージで味方として登場する。
超巨大ドリル戦艦「荒覇吐」
巨大なドリルを1基搭載し、側面にも巨大なソーを搭載した戦艦。初代鋼鉄の咆哮で使われていた「緑神」の二つ名が復活しており、船体色も緑になっている。セイロン島方面の連合軍は、この荒覇吐に襲撃され壊滅した。今作では大破させると船体を上下反転させて攻撃してくる。反転前後で兵装が違い、反転前は356mmガトリング砲、バルカン砲、クリプトンレーザー、噴進砲、反転後はプラズマ砲、拡散プラズマ砲、対空パルスレーザー、共通武装として多連装魚雷とミサイルを搭載している。枢軸軍所属。
ステージクリア後に見られるデザインと戦術画面のデザインとでは、3連装砲塔の基数が違う。
超巨大光学迷彩戦艦「シャドウ・ブラッタ」
光学迷彩を装備した黒いカラーリングの超兵器で、そのため姿を視認することができない(環境設定によっては薄っすらと見える)。その特性により、枢軸軍のバレアレス諸島奇襲の際には、発見されずに射程圏内まで接近し、砲撃を加え占領した。双胴のSWATH船型であり、枢軸軍艦隊から「無様な艦容だ」と言われるほど非常に奇抜な外観をしており、そのためか他の超兵器に比べ耐久面が貧弱である。兵装は、3基の50.8cm砲を主砲とし、副砲はAGSの中で最大威力を誇る280mmAGS砲である。敵に気づかれずに接近した際に使用すると思われる、火炎放射砲も装備している。光学兵器を搭載する超兵器でもあり、戦艦を一撃で大破させる程の威力があるエレクトロンレーザーを装備している。光学迷彩に膨大なエネルギーを消費するため、迷彩中は光学兵器が撃てない。そのため、光学兵器を使用する際は光学迷彩を解除しなければならない。連合軍所属。
超巨大レーザー戦艦「グロースシュトラール」
光学兵器を主力兵装とするレーザー戦艦。船体各部に高出力の光学兵器を搭載し、その圧倒的火力でティレニア海の連合軍の艦隊を全滅させている。艦橋の形状がムスペルヘイムとヴォルケンクラッツァーによく似ている。不規則な軌道を描くαレーザー、3本のレーザーがそれぞれ3つに分かれ、着弾地点に密集するβレーザー、目標地点から8つに分離し画面をなぎ払うγレーザー、拡散荷電粒子砲、対空パルスレーザー等、前作同様の高火力兵器を備える。改良型の「改グロースシュトラール」も登場する。枢軸軍所属。
超巨大地上戦艦「スレイプニル」
新登場の超兵器。その名のとおり地上を移動する超巨大戦艦であり、内陸からの攻撃により連合軍艦隊を壊滅させている。特殊な装置により上面からの攻撃をほぼ無力化しているため、決定的なダメージを与えることが出来ない。艦底に弱点があり、地上部隊による攻撃が有効とされている。装甲は超兵器の中で最大の対80cm砲防御を誇り、耐久力も他を圧倒する。艦尾には船体の半分はあろうかと思われる長砲身の砲を持ち、100cm砲や56cm砲、船体側面には誘導荷電粒子砲や多弾頭SSM発射機などを装備しているため、防御面だけではなく攻撃面も強力である。枢軸軍所属であり、船体側面には鉄十字が描かれている。
超巨大爆撃機「アルケオプテリクス」
逆ガルウィングの巨大双胴爆撃機。機体上部には戦艦クラスの砲を装備し、その他にもミサイルや爆弾を搭載している。連合国と同盟を結んだ際、味方としてのみ登場する。アンダマン海で救助した偵察機パイロットが搭乗しており、借りを返すため、スレイプニル戦で支援のために飛来する。
超巨大氷山空母「ハボクック」
特殊な氷でできた船体を持つ氷山空母。アルウス以上の航空戦力を持ち、通常の艦載機の他にもアブロ バルカンTSR-2などの戦略爆撃機を運用している。船体に損傷を負っても海水を凍らせ修復するため、火炎放射器による攻撃が有効。前作同様、武装は56.0cm砲やガトリング砲、誘導荷電粒子砲など、戦艦以上の火力を備えているが、今作では新たに多連装誘導魚雷も追加された。リヴァイアサンの存在が確認されるまで連合軍最後の超兵器だと思われていた。
超巨大航空戦艦「ムスペルヘイム」
ペーターシュトラッサー2隻に戦艦を合体させた、三胴の超巨大航空戦艦。大量の航空機と光学兵器を用いる。ペーターシュトラッサーは主砲、艦橋、対空砲数基が撤去されている。戦艦部位がヴォルケンクラッツァーに似ているため、プロトタイプだと推測される。3隻分の巨大な超兵器ノイズが出るため、ヴォルケンクラッツァーの存在が確認されるまで枢軸軍最後の超兵器だと思われていた。前作同様、重力砲やプラズマ砲、61cm砲は健在であるが、新たに光子榴弾砲を装備している。今作では空母部分を分離させることも可能になっており、3隻独立しての攻撃も行ってくる。超重力砲を装備した改良型の「改ムスペルヘイム」も登場する。
前作では左右非対称だったが、今作では右舷側のペーター・シュトラッサーが左右反対になっており、ムスペルヘイム全体のデザインは左右対称になっている。
超巨大戦艦「リヴァイアサン」
新登場の超兵器。連合軍の究極超兵器で、全長だけならストレインジ・デルタにも匹敵する。耐久力、防御力、速度のバランスがすばらしく、これといった弱点が存在しない。名前は戦艦だが、飛行甲板を備えた航空戦艦である。インテゲルタイラントと同じくステルス性を重視したトリマラン形状の船体を持つ。兵装は超射程のレールガンや、大規模な爆発を引き起こす特殊弾頭ミサイル、レーザー兵器の中で最大威力のX線レーザーなどとかなり強力。戦闘時には専用BGMが流れる。ルートによっては最後のボスになる。
超巨大戦艦「ヴォルケンクラッツァー」
リヴァイアサンを上回る枢軸軍の究極超兵器。前作の超ヴォルケンクラッツァーに近いデザインになっており、波動砲やレールガン、80cm砲、δレーザーなどは健在である。今作では新たに、光子榴弾砲と同様の衝撃波を発生させる反物質ビーム砲を装備している。戦闘時には専用BGMが流れる。
超巨大攻撃衛星「ソヴィエツキー・ソユーズ」
新登場の超兵器。ヴォルケンクラッツァーに匹敵するほどの大きさの超巨大軍事衛星衛星軌道上に存在するため撃破するには特殊な装備が必要。兵装はレールガンや特殊弾頭爆弾、光学兵器などを搭載している。修正パッチ適応前はバグで航空機のミサイルでもダメージを与える事が可能。
超巨大円盤型爆撃機「ヴリルオーディン」
円盤型の機体に森林迷彩を施した超兵器。兵装は50.8cm砲やX線レーザー、拡散リングレーザーなどと多彩。武装やデザインは前作『2EK』に登場したときとほぼ変わらない。5機同時に出現する。

外部リンク編集