メインメニューを開く

長沢 広明(ながさわ ひろあき、1958年8月19日 - )は、日本政治家東京都出身。

長沢 広明
ながさわ ひろあき
Hiroaki Nagasawa 201708.jpg
復興副大臣就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 (1958-08-19) 1958年8月19日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東洋大学社会学部
前職 公明新聞記者
所属政党公明党→)
無所属

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例北関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2003年11月 - 2005年8月

日本の旗 参議院議員
選挙区 参議院比例区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月 - 2017年9月
テンプレートを表示

公明党機関紙局政治部副部長、衆議院議員(1期)、参議院議員(2期)、公明党参議院国会対策委員長復興副大臣などを歴任した。

目次

経歴編集

生い立ち編集

1971年3月、板橋区立板橋第四小学校を卒業した。1974年3月、板橋区立加賀中学校を卒業した。その後、東京工業大学工学部附属工業高等学校建築科に進学した。1977年3月、東京工業大学工学部附属工業高等学校を卒業した。その後、東洋大学社会学部に進学した。1983年3月、東洋大学を卒業した。

1983年4月、公明党機関紙局が発行する『公明新聞』の記者となる。1995年10月から政治部副部長を務める。2003年10月、『公明新聞』を退局した。

政治家として編集

 
2017年4月8日、「まち・なみ・まるしぇ」にて内閣総理大臣安倍晋三(左から2人目)、復興大臣今村雅弘(左端)と

2003年11月、第43回衆議院議員総選挙にて、比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し初当選を果たす。しかし、2005年8月の第44回衆議院議員総選挙では、比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し落選した。さらに、2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し落選した。

2010年2月、 第22回参議院議員通常選挙の比例区の公明党公認候補として発表される。同年7月、第22回参議院議員通常選挙比例区で当選し、国政復帰を果たした。2013年8月、公明党参議院国会対策委員長に就任した。2016年7月の第24回参議院議員通常選挙では、比例区で再選を果たした。2016年8月、第3次安倍第2次改造内閣で、復興副大臣に就任した[1]。しかし、2017年9月、第三者の女性に議員宿舎の鍵を貸与し、宿泊させたことで週刊誌に取材を受け、これを理由として26日に公明党に離党届を提出の上、参議院議員の辞職願を伊達忠一参議院議長に提出し、受理された[2]。同時に復興副大臣を辞職した[2]。これにより竹内真二繰り上げ当選

政策編集

 
2017年4月8日、「まち・なみ・まるしぇ」にて内閣総理大臣安倍晋三(手前)、復興大臣今村雅弘(奥右)と

選択的夫婦別姓制度導入に賛成[3]

人物編集

趣味は「スポーツ観戦(野球・相撲・他)・ 読書」[4]。愛読書は「竜馬が行く」[4]

略歴編集

 
2017年8月7日第3次安倍第3次改造内閣の副大臣辞令交付後の記念撮影にて

過去の役職編集

公明党編集

  • 埼玉県本部副代表
  • 市民活動局次長
  • 参議院副幹事長
  • 経済産業部会長代理
  • 関東方面副議長

参議院編集

脚注編集