メインメニューを開く

秋野 公造(あきの こうぞう、1967年7月11日 - )は、日本医師政治家公明党所属の参議院議員(2期)、参議院総務委員長

秋野 公造
あきの こうぞう
生年月日 (1967-07-11) 1967年7月11日(52歳)
出生地 日本の旗 兵庫県神戸市
出身校 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
前職 厚生労働省技官
所属政党 公明党
称号 医学博士
公式サイト あきの公造|参議院議員・医学博士

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

経歴編集

兵庫県神戸市生まれ。幼少時に喘息アトピー性皮膚炎を併発。病苦がきっかけで医者を目指すこととなった[1]白陵中学校・高等学校長崎大学医学部卒業後、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科修了。在学中から臨床医として研究に携わりつつ医師として勤務。医師として、日本内分泌学会若手研究奨励賞、ヨーロッパ組織再建学会若手研究奨励賞、日本創傷治癒学会研究奨励賞、日米創傷治癒学会第一回優秀演題賞など多くの賞を受賞する。

2006年より、長崎大学からの人事交流として2年間の予定で厚生労働省に出向。厚生労働省健康局疾病対策課課長補佐として薬害エイズなどの対策に携わる。2007年、正式に厚生労働省医系技官採用試験を経て、長崎大学の籍を離れ、厚生労働省に入省。2008年より厚生労働省医薬食品局血液対策課課長補佐として献血対策、新型インフルエンザ対策に携わる。2008年に長崎大学客員教授に就任。

2009年羽田空港内にある東京空港検疫所支所長に就任。検疫業務、国際ターミナル開業準備を指揮。同年、厚生労働省を退職。公明党の次期参議院選挙の候補者となる。

2010年7月11日に実施された第22回参議院議員通常選挙公明党公認で比例区から出馬し初当選[2]

2012年12月26日発足の第2次安倍内閣において環境大臣政務官内閣府大臣政務官に任命される[3]2013年9月、退任。

2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙で再選[4]

政策編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入の賛否について、2010年の読売新聞のアンケートで、「どちらともいえない」と回答している。
  • 2011年2月10日に提出した質問主意書にて国に初めて胃がんの原因をヘリコバクター・ピロリ菌と認めさせ、その結果、2013年2月21日にヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対して適応を拡大した上で、同日付けで保険適用が実現している[5]
  • 2015年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針」いわゆる骨太の方針に「生活習慣病の合併症予防を含む重症化予防」の文言を盛り込ませて、平成28年診療報酬改定における「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」の創設や適切な腎代替療法の推進[6]を主導。
  • 日本下肢救済・足病学会の大浦武彦理事長と「足病の教科書(三五館)」、日本フットケア学会の小林修三理事長と「フットケアで寿命を延ばす(PHPエディターズ グループ)」、日本てんかん学会の大澤真木子理事長と「てんかんの教科書(メディカルレビュー社)」、日本透析医学会の中元秀友理事長と「やさしい腎代替療法 よりよい治療法を選択するために読む本(西村書店)」を発刊している。

現在の役職編集

公明党編集

  • 九州方面本部長代理
  • 沖縄方面副本部長
  • 長崎県本部顧問

参議院編集

過去の役職編集

所属議員連盟編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 秋野 公造 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!!” (2015年4月1日). 2018年1月19日閲覧。
  2. ^ 秋野公造 参院選2010”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  3. ^ 公明党から3副大臣”. 公明党ホームページ (2012年12月28日). 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ 秋野公造 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  5. ^ 胃がんは「ピロリ菌除菌」でなくせる 浅香正博・秋野公造 (著)潮出版2013/10/5、潮新書2017/3/4
  6. ^ やさしい腎代替療法 よりよい治療法を選択するために読む本 中元秀友・秋野公造 (著)西村書店2018/06/29
  7. ^ 役員人事”. 東京オリンピック・パラリンピックに向けて 受動喫煙防止法を実現する議員連盟. 2019年6月6日閲覧。
  8. ^ 顧みられない熱帯病の根絶へ議連 会長に塩崎元厚労相”. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク編集