メインメニューを開く

長浦駅 (千葉県)

日本の千葉県袖ケ浦市にある東日本旅客鉄道の駅

長浦駅(ながうらえき)は、千葉県袖ケ浦市蔵波(くらなみ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線である。

長浦駅
南口(2014年3月19日)
南口(2014年3月19日
ながうら
Nagaura
姉ケ崎 (5.4km)
(3.9km) 袖ケ浦
所在地 千葉県袖ケ浦市蔵波5
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 内房線
キロ程 20.5km(蘇我起点)
千葉から24.3km
電報略号 ウラ←ナウラ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
6,036人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1947年昭和22年)1月10日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

長浦駅
配線図

姉ケ崎駅

1 2


STRg STRf
STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

袖ヶ浦駅

北口(2005年10月9日)
北口(2005年10月9日)
改札口(2014年3月19日)
改札口(2014年3月19日)

目次

歴史編集

当時の長浦村長が調査に来た進駐軍に請願し開設された[1]

駅構造編集

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。

駅舎には自動券売機自動改札機自動精算機、エレベーター、エスカレーターが設置されている。2018年1月13日からは、始発から午前6時30分までの間は遠隔対応(インターホン対応は五井駅が行う)のため改札係員は不在となり、一部の自動券売機のみ稼働する[9]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 内房線 上り 千葉東京方面
2 下り 木更津館山方面

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員6,036人である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 5,628 [* 1]
1991年(平成03年) 6,051 [* 2]
1992年(平成04年) 6,548 [* 3]
1993年(平成05年) 6,879 [* 4]
1994年(平成06年) 6,943 [* 5]
1995年(平成07年) 6,881 [* 6]
1996年(平成08年) 6,863 [* 7]
1997年(平成09年) 6,690 [* 8]
1998年(平成10年) 6,547 [* 9]
1999年(平成11年) 6,543 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]6,598 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]6,677 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]6,578 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]6,526 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]6,584 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]6,726 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]6,771 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]6,835 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]6,883 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]6,613 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]6,452 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]6,363 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]6,369 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]6,301 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]6,167 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]6,164 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]6,088 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]6,036

駅周辺編集

北側と南側の両方にロータリーがあり、また駅舎と直結した自転車駐輪場が設けられているなど、駅周辺が整備されている。

南口編集

北口とは対照的に、商業地や住宅街である袖ケ浦市長浦駅前(1-8丁目)地区が広がる。

北口編集

国道16号を挟んで東京湾埋立地が広がっており、京葉工業地域の工場群が並んでいる。

  • 袖ケ浦市立臨海スポーツセンター
  • としまや弁当長浦店

バス路線編集

南口発着編集

路線バスターミナルであり、小湊鐵道日東交通によって運行されている。

乗り場 経由地 行先
1番 蔵波台・今井 袖ケ浦駅北口
蔵波台・今井・袖ケ浦駅南口 袖ケ浦バスターミナル
蔵波台・今井・袖ケ浦駅南口・高柳 木更津駅西口
久保田・浜宿団地 代宿団地
久保田・浜宿団地 椎の森工業団地
代宿団地・別荘下 姉ケ崎駅西口
2番 槇の実特別支援学校前・のぞみ野ターミナル のぞみ野南

北口発着編集

アクアライン高速バスのターミナルであり、小湊鐵道・日東交通・京浜急行バスによって運行されている。

乗り場 経由地 行先
(高速バス) 品川駅東口

隣の駅編集

東日本旅客鉄道
内房線
通勤快速・快速(京葉線経由)・快速(総武線経由)・普通(各駅停車)
姉ケ崎駅 - 長浦駅 - 袖ケ浦駅

関連項目編集

  • 日本の鉄道駅一覧
  • やなぎ屋主人 - つげ義春の作品にN駅として登場する。大衆食堂のモデルとなったのは駅山側徒歩1分にある「よろずや」。作中では、主人公の青年は、親切な駅員に一夜の宿としてやなぎ屋を紹介される。つげは、1962年に実際によろずやに宿泊している。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、14-15頁。
  2. ^ “国鉄長浦駅 「快速停車」へ弾み ホーム上屋延長工事が今月中に完成”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1987年2月18日) 
  3. ^ “袖ヶ浦町のJR長浦駅 待望の「快速」停車へ 来月から一本”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1987年8月18日) 
  4. ^ a b 鉄道整備促進事業 - 袖ヶ浦市公式ホームページ参照
  5. ^ “小湊バスがJR長浦駅乗り入れ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 18. (1992年12月18日) 
  6. ^ a b “長浦駅 新駅舎が完成 袖ヶ浦市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2014年2月23日) 
  7. ^ 長浦駅新駅舎が完成 都市機能向上に期待 きょうから利用開始. 千葉日報. (2014年2月23日). 2015年5月28日閲覧。
  8. ^ 駅業務外注化絶対反対! 曖昧な「情報」や指示では第2の川崎駅事故に!. 動労千葉. (2014年4月4日). 2015年5月28日閲覧。
  9. ^ JR千葉支社-7駅の遠隔操作=無人化導入と錦糸町駅の旅行業務委託を提案”. 国鉄千葉動力車労働組合. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月8日閲覧。
  10. ^ “小湊バスがJR長浦駅乗り入れ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 18. (1987年4月3日) 
  11. ^ “「イオン長浦店」に新装 開店式典に600人 袖ケ浦”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (2016年3月7日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

統計資料編集

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

外部リンク編集