長野県道・愛知県道・静岡県道1号飯田富山佐久間線

日本の長野県と愛知県・静岡県の道路

長野県道・愛知県道・静岡県道1号飯田富山佐久間線(ながのけんどう・あいちけんどう・しずおかけんどう1ごう いいだとみやまさくません)は、長野県飯田市から愛知県北設楽郡豊根村を経由して静岡県浜松市天竜区に至る主要地方道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svg
長野県道1号標識
Japanese Route Sign Number 1.svg
愛知県道1号標識
Japanese Route Sign Number 1.svg
静岡県道1号標識
長野県道1号飯田富山佐久間線
愛知県道1号飯田富山佐久間線
静岡県道1号飯田富山佐久間線
制定年 1971年建設省指定
1972年長野県愛知県認定
起点 長野県飯田市下久堅知久平
主な
経由都市
長野県下伊那郡天龍村
愛知県北設楽郡豊根村
終点 静岡県浜松市天竜区佐久間町浦川
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0256.svg国道256号
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
長野県道64号標識
長野県道64号天竜公園阿智線
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
長野県道83号標識
長野県道83号下条米川飯田線
Japanese National Route Sign 0418.svg国道418号
Japanese National Route Sign 0473.svg国道473号
Japanese Route Sign Number 9.svg
静岡県道9号標識
静岡県道9号天竜東栄線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

路線データ編集

歴史編集

(主に長野県域)

  • 1957年昭和32年)11月28日
    長野県が長野県道天竜富山佐久間停車場線を認定[5]
  • 1959年(昭和34年)8月1日
    長野県が長野県道満島飯田線を認定[6]
  • 1966年(昭和41年)1月13日
    長野県が長野県道下和田平岡停車場線、上矢作平岡停車場線を認定[7]
  • 1971年(昭和46年)6月26日
    建設省(当時)が満島飯田線の一部(起点 - 下伊那郡天龍村平岡)、下和田平岡停車場線の一部( - JR飯田線平岡駅)、県道上矢作平岡停車場線の一部( - 天龍村神原)、天竜富山佐久間停車場線の一部( - 終点)を主要地方道飯田富山佐久間線へ指定[8]
  • 1972年(昭和47年)5月4日
    愛知県が愛知県道飯田富山佐久間線を認定。
  • 1972年(昭和47年)9月11日
    長野県が長野県道飯田富山佐久間線を認定[2]
  • 1973年(昭和48年)4月
    3県で路線番号を「1」に統一。

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

全線が天竜川水系(天竜峡平岡ダム佐久間湖、大千瀬川)の峡谷沿いを走る道路であり、トンネルが多い。旧富山村から佐久間ダムの間は狭隘な悪路が続く。トンネルは一車両がようやく通行できるだけの幅であるのだが、ダンプカー等の大型車の通行が多いため、多くのトンネル内に離合のための待避所が設けられている。

ほぼ全区間に亘ってJR飯田線が併走、または天竜川を挟んだ対岸を走っている。

通過する自治体編集

交差する道路編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県道の路線変更及び関係図面の縦覧(平成23年長野県告示第212号)『長野県報』第2254号 (PDF) (2011年3月31日). pp.35-50
  2. ^ a b 昭和47年長野県告示第550号
  3. ^ a b 長野県道路現況平成23年
  4. ^ 長野県道路現況平成12年
  5. ^ 昭和32年長野県告示第662号
  6. ^ 昭和34年長野県告示第486号
  7. ^ 昭和41年長野県告示第8号
  8. ^ 道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道(昭和46年建設省告示第1069号)『官報』号外第82号 (1971年6月26日). pp.2-34

関連項目編集

この路線は、全国的にも珍しい3県を通る路線である。3県以上を通る他の県道については、3か所以上の都府県にわたる都道府県道を参照。