メインメニューを開く

関根 光才(せきね こうさい、1976年 - )は、日本の映像ディレクター。

人物編集

映像作家。東京生まれ、上智大学文学部哲学科卒業。

文化横断的なストーリーテリングや実験的な映像表現などを中心とした演出をしており、その作品は、広告映像・ミュージックビデオ・映画・インスタレーションアートなど多岐のジャンルにわたる。

映像制作会社勤務時代に、初監督作品である短編映画「RIGHT PLACE」を発表。同作品が海外の映画賞を多数受賞したことでデビューを果たす。その後、Young Directors Awardグランプリを受賞したことで日本人の広告映像ディレクターとしては国際的な知名度を獲得、活動の幅を海外に拡げる。Cannes Lionsカンヌ国際広告祭) でグランプリやD&AD でのブラックペンシルONE SHOWNew York Festival での金賞受賞など、特に国際的なクリエイティブアワードで多数の受賞を果たし、審査員も務める。

2018年には長編映画初監督作品「生きてるだけで、愛。」(原作:本谷有希子)が公開され、新藤兼人賞 銀賞を受賞。また同年、ドキュメンタリー長編映画初監督作品、「太陽の塔」も公開され、映画監督としても活動している。

多くの短編映画やアートフィルム、ドキュメンタリー作品などを発表し、インディペンデントな制作活動も続けている。

主な作品編集

コマーシャル編集

  • TOYOTA Hybrid Harrier「Message from H.H.」シリーズ
  • HONDA Sound of Honda - Internavi「Ayrton Senna 1989」
  • Nike Japan FREE RUN +「Nike Music Shoe」
  • LifeCard ショートフィルム「Here, my Life」
  • Adidas Originals UK「Split Up Service」
  • 資生堂 HAKUシリーズ
  • FUJI XEROX 企業広告シリーズ

ミュージックビデオ編集

長編映画編集

短編映画編集

インスタレーションアート編集

  • 「Synchronized Drops」(Space Shower TV)
  • 「怒りに対する考察」(NOddIN)

主な受賞編集

脚注編集

外部リンク編集