リリー・フランキー

日本のマルチタレント

リリー・フランキー(Lily Franky、本名:中川 雅也(なかがわ まさや)、1963年11月4日 - )は、日本マルチタレント俳優文筆家(脚本、小説、エッセイ)、画家(イラスト、絵本)など、多種多才な顔を持つ。所属事務所は、ガンパウダー有限会社。身長174cm、体重62kg、血液型はB型。独身。 福岡県北九州市小倉生まれ。武蔵野美術大学卒業。

リリー・フランキー
リリー・フランキー
本名 中川 雅也(なかがわ まさや)
別名義 Elvis Woodstock
生年月日 (1963-11-04) 1963年11月4日(58歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県北九州市小倉
身長 174 cm
血液型 B型
職業 俳優イラストレーター放送作家エッセイストライターミュージシャン作詞家作曲家ラジオパーソナリティーデザイナーフォトグラファーアートディレクター絵本作家小説家
主な作品
著書
おでんくん
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
映画
ぐるりのこと。
ボーイズ・オン・ザ・ラン
モテキ
凶悪
そして父になる
海街diary
野火
バクマン。
恋人たち
SCOOP!
聖の青春
美しい星
探偵はBARにいる3
ラプラスの魔女
万引き家族
劇場アニメ
バケモノの子
テレビドラマ
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
龍馬伝
なつぞら
いだてん〜東京オリムピック噺〜
 
受賞
東京国際映画祭
特別賞
2015年
日本アカデミー賞
最優秀助演男優賞
2013年そして父になる
優秀主演男優賞
2018年万引き家族
優秀助演男優賞
2013年『凶悪
2016年SCOOP!
ブルーリボン賞
助演男優賞
2016年『SCOOP!』『聖の青春』他
新人賞
2008年ぐるりのこと。
その他の賞
ボストン映画批評家協会賞
アンサンブル演技賞
2018年『万引き家族』
キネマ旬報ベスト・テン
助演男優賞
2013年『そして父になる』『凶悪』
テンプレートを表示

名前編集

ロックバンド「TOKYO MOOD PUNKS」のボーカル。作詞作曲をする際は、Elvis Woodstock(エルヴィス・ウッドストック)というペンネームで活動している。

ペンネーム「リリー」の由来は、大学時代の友人とあまりに仲が良く、周りの友人がこの2人に対し、「薔薇と百合(ローズ&リリー)みたい」と名付けたことから。また、カルチャー・クラブボーイ・ジョージが好きだったことから、自身も「男だか女だか判らない、日本人だか外国人だか判らない謎めいた名前にしたい」との理由で「フランキー」を後に付けた。

来歴編集

福岡県北九州市小倉に生まれた後、5歳から中学卒業までを福岡県鞍手郡宮田町(現:宮若市)、高校を大分県別府市で過ごした。高校生から一人暮らしをしていた。大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校を卒業し[1]武蔵野美術大学に進学する。ファミコンに熱中して留年したため、卒業に5年を要した。卒業制作もファミコンのプレイ映像だった。

24 - 25歳の時に初めて連載を持つ。以来、「頼まれた仕事はすべて引き受ける。断る理由がない」の精神で、ピーク時には約30もの連載を掛け持ちしていた。物理的に不可能となり、締め切りに間に合わず、よく連載を落とした。

1991年宍戸留美のラジオ番組の構成を担当した縁で、宍戸の楽曲制作に携わる。これが音楽関係の仕事の足掛かりとなる(アルバム『プンスカ』(1992年)で宍戸と共同作詞、インディーズアルバム『Set me Free』(1995年)で作詞を4曲、作曲を1曲担当)。以後、リリメグのデビューシングル『おやすみ』での作詞&作曲をはじめ、サディスティック・ミカ・バンド「小野瀬雅生ショウ」藤田恵美高見沢俊彦など、数多くのアーティストへの作詞提供をしている。かつて、千葉県鴨川市鴨川グランドホテルにて、約1か月間バンド出演していた[要出典]

ファンクラブ会報にイラストを描いていたのが縁で、1994年1月25日に発売された森高千里のシングルCD『ロックン・オムレツ』のカバーイラスト&PVアニメを担当した。

1994年から1999年まで、雑誌「ぴあ」誌上で「あっぱれB級シネマ」を連載(のちに『日本のみなさんさようなら』として刊行される)し、広く知られるようになる。

2003年福田和也柳美里坪内祐三との共同編集で、季刊の文芸誌『en-taxi』を創刊する。同誌の創刊号から4年の歳月をかけて母親との半生を綴った、自身初の長編小説東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜を連載。2005年に単行本が扶桑社から発売されると、「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミ[2]で、200万部を突破する大ベストセラーとなった。同作は全国の書店員が「最も売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞2006」の大賞も受賞。さらには、テレビドラマ化、松竹による映画化、舞台化がなされた。出身地である福岡県内の書店では、リリーの単行本を買うと、もれなく彼のイラスト入りブックカバーがついてくる、というキャンペーンが行われた[要出典]

2006年3月30日、ソフト・オン・デマンドが主催する「AV OPEN〜あなたが決める!セルアダルトビデオ日本一決定戦〜」の名誉総裁に就任。10月25日、安めぐみとの音楽ユニット・リリメグが『おやすみ』でCDデビュー。もともと、J-WAVETR2 Wednesday』の番組内でリリー・フランキーの弾くギターにのせて安が歌うという企画から生まれたユニットで、フジテレビ系『新堂本兄弟』やテレビ朝日ミュージックステーション』にゲスト出演したこともある。同年、雑誌『KING』(講談社)の創刊に携わった際、創刊記者会見で自分が創刊に関わる雑誌は2年以内に廃刊されることが多い、と発言した。その後、『KING』は本当に休刊となった。

2021年、北九州市立文学館の「こどもノンフィクション文学賞」で悠仁親王が佳作を受賞したときの選考委員を務めた[3](仔細については北九州市立文学館#文学賞をめぐる動向を参照のこと)。

人物編集

趣味・嗜好編集

子供の頃から大の読売ジャイアンツのファンである。『日本美女選別家協会』元会長、草野球チーム『ヤング・ジャイアンツ』を主宰。

趣味は寝ることであり、公私共に認める遅刻魔。「ベストの状態で活動したいから」という理由かららしいが、ベストな状態でかつ時間内に間に合った事は、本人曰く今までに一度もないとのこと[2]。相手を見下しているというわけでなく「常に遅刻をするので、尊敬している長嶋監督と会うときでも自分は遅刻してしまうだろう」と語っている。実際、井上陽水との対談でも遅刻している。

カラオケにミュージシャンと行った際、相手の持ち歌を歌唱するのが多いという。

尊敬する人物は松田優作で、NHK教育知るを楽しむ・私のこだわり人物伝』中において、彼に対する思いを熱く語った。「いい男」を書く際に、基本的に松田優作を真似て書くようである[要出典]

矢沢永吉のファン[4]。矢沢の「アイ・ラヴ・ユー、OK」もカラオケでよく歌唱する[5]

ナンシー関のファンであり、コラムなどで大きな影響を受けている。生前のナンシーに自分の版画を彫ってもらっている。ナンシーが急逝した際、直後にリリーとの対談が予定されていた。

スナック喫茶エデンで共演したノースリーブスを推しており、ラジオで「理想の娘はたかみな(高橋みなみ)」と公言している。

トークでは下ネタが多く、テレビ出演ではそこだけがカットされているという。テレビ出演時にはみうらじゅんと一緒に購入したラブドールを彼女として出演させている。ラブドールは「理々香」という名前で、ラジオでは声でも出演したことがある。

文筆活動編集

一時期、正式なペンネームを“リリー・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド”や、“リリー・フランキー・ジェット・シティ”などと語っていたが、これらはあくまでも洒落である。

文章を書く際は、推敲や書き直しは一切行わず、またイラストを書く際も、下絵を書かず一気に書き上げるのが特徴[2]

『東京タワー』刊行後はエッセイをはじめとする文筆関係の仕事をほぼ行っていない。連載している『POPEYE』の目次ページには数年にわたり「※リリー・フランキーの珍道中絵日記は筆者都合により休載させていただきます。」と記載され続けていたため、「俺は読者からどれだけ大病していると思われているんだ」と自嘲していた。2012年の『POPEYE』リニューアルとともに連載を再開したが、掲載回数は2014年は4回、2015年はゼロと掲載されている方が珍しい。

画家として編集

独特のタッチの絵で知られ、特に、絵本作品『おでんくん』はアニメ化され、『天才ビットくん』(NHK教育テレビ)のアニメコーナーになっている。また、リクルートの不動産情報雑誌『住宅情報』のTVCMにも、自身の自画像がアニメキャラクターという形で“出演”している(CM自体がアニメのみで製作されているため)。また、歌手木山裕策のシングル「home」のジャケットをデザインしている。

東京都福生市福生にあるディスコの壁には、リリーが描いた巨大壁画がある。この壁画は、MAX主演のVシネマ『麗霆゛子(レディース)MAX』の中で少しだけ見る事が出来る。また、杉並区高円寺にある書店の看板にも、リリー直筆のイラストが描かれている。また長野県塩尻市のラーメン店には、リリー書き下ろしマスコットキャラクターがある。

俳優として編集

2001年の『盲獣vs一寸法師』(石井輝男監督)にて、俳優デビューと同時に主演デビュー。映画『ぐるりのこと。』の演技が高く評価され、2009年第51回ブルーリボン賞・新人賞を最高齢(45歳)で受賞[6]

是枝裕和に重用されており、『そして父になる』以降の監督映画のほとんどに起用されている。

人間関係編集

福山雅治が、リリーのファンであることを公言している(2008年当時、福山雅治のファンクラブ会報に漫画を連載していた。本人曰く"押しかけ"とのこと)。リリーのラジオ番組に福山がゲスト出演(2004年1月)したことがきっかけで友人となり、一緒にいちご狩りに行くほどの仲となった。

アルファMCであるTSUBOIとは、親類関係に当たる。正確には、TSUBOIの母親とリリーが従兄弟の関係。

また、2020年の正月には亀梨和也山下智久とババ抜きをしたと亀梨和也がBABA嵐で語った。

主な出演編集

バラエティ番組編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • 影と呼ばれた男たち1,2,3,4,5,6(2019年 - 2020年、オールイン エンタテインメント) - 永井(バーのマスター) 役

劇場アニメ編集

吹き替え編集

テレビドラマ編集

Webドラマ編集

ラジオ編集

舞台編集

PV編集

ドキュメンタリー編集

広告編集

テレビCM編集

その他編集

主な作品編集

舞台編集

ラジオ編集

  • スーパーテンションズ・K.K.チューン(bayfm)構成
  • SMAP POWER SPLASH(bayfm)構成
  • シャ乱Q・マムシラジオ(bayfm)構成

DVD編集

キャラクター・イラスト関連編集

作詞編集

  • 君が君に歌う歌 - 2017年 第84回NHK全国学校音楽コンクール 高等学校の部 課題曲

主な著書編集

共著など編集

  • 『ミラクル・ペティント :タラリン、タラリンの奇跡』責任編集. ソニー・マガジンズ, 2000
  • 『リリー・フランキーのペティントbook』ハビエル・フェセル原案,青山出版社, 2000
  • 『キューケイくん 心と体に効く休憩ガイド』佐々木桂 著, リリー・フランキー絵. 情報センター出版局, 2001
  • 『リリー&ナンシーの小さなスナック』(ナンシー関共著、2002年・文藝春秋2005年・文春文庫)
  • 『リリー・フランキーのおでんくんマガジン』(This is animation)[原作]. 小学館, 2006
  • 『無用のかがやき』谷郁雄 言葉, リリー・フランキー 写真. 新風舎, 2007 実業之日本社文庫、2011
  • 『ビートルズへの旅』 (とんぼの本) 福岡耕造共著. 新潮社, 2008
  • 高山都』[撮影]. ワニブックス, 2009
  • 『架空の料理空想の食卓』澤口知之共著. 扶桑社, 2009
  • 『SHKRA :堀田ゆい夏ラスト水着写真集』[写真]. 彩文館出版, 2010
  • 『ロングヘアーという生き方 :ボクらの時代』みうらじゅん, 高見沢俊彦共著. 扶桑社, 2010
  • 『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』みうらじゅん共著. 扶桑社, 2011
  • 佐野洋子対談集人生のきほん』西原理恵子共著. 講談社, 2011
  • 『女体の森』みうらじゅん共著. 扶桑社, 2012
  • 『今日のつぶやき』リリー・フランキーとロックンロールニュース 著. 宝島社文庫, 2012
  • 『どうぶつぶつ』たちばなれんじ 写真, リリー・フランキー ことば. パルコエンタテインメント事業部, 2012

受賞歴編集

2005年度

2006年度

2008年度

2013年度

2015年度

2016年度

2018年度

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『東京タワー』の著者、リリー・フランキーさんの特別トークセッションを開催します”. 大分県立芸術文化短期大学 (2007年9月30日). 2018年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c 情熱大陸 2006年4月16日、毎日放送
  3. ^ 「お知らせ・「第12回子どもノンフィクション文学賞作品集について」北九州市民文学館>ホーム>お知らせ>選考委員
  4. ^ I LOVE 永ちゃん! 舛添要一、リリー・フランキーが語る矢沢永吉
  5. ^ [1],goo
  6. ^ サンケイスポーツ (2009年1月15日). “リリー・フランキー最高齢で新人賞/BR賞”. 2009年1月15日閲覧。
  7. ^ タビフクヤマ”. フジテレビ. 2019年12月9日閲覧。
  8. ^ 漫画「バクマン。」が実写映画化 - 主人公コンビは佐藤健&神木隆之介、『モテキ』の大根仁が監督”. Fashion press. 2015年9月6日閲覧。
  9. ^ リリー・フランキー主演「シェル・コレクター」、場面写真に離島で橋本愛と並ぶ姿”. 映画ナタリー (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  10. ^ 門脇麦、長谷川博己を尾行…映画単独初主演で禁断の行為にのめり込む”. シネマトゥデイ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  11. ^ 門脇麦の主演作「二重生活」公開日決定、菅田将暉ら捉えた場面写真も到着”. 映画ナタリー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  12. ^ 福山雅治、大根仁監督の「SCOOP!」でひげ面のパパラッチに、共演は二階堂ふみ”. 映画ナタリー (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  13. ^ 上野樹里&リリー・フランキーの同棲生活に藤竜也が転がり込む!? タナダユキ監督作が決定”. 映画.com (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  14. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  15. ^ “吉田大八、三島由紀夫「美しい星」を大胆脚色で映画化!リリー×亀梨×橋本愛が宇宙人に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月1日). http://eiga.com/news/20160301/2/ 2016年3月1日閲覧。 
  16. ^ “妻夫木聡“奥田民生になりたいボーイ”に!大根仁が渋谷直角のマンガ実写化”. 映画ナタリー. (2016年5月20日). http://natalie.mu/eiga/news/187820 2016年5月20日閲覧。 
  17. ^ 福岡県のみ同年1月20日公開
  18. ^ 「ラプラスの魔女」豊川悦司、玉木宏、リリーら新キャスト8人解禁、最新映像も”. 映画ナタリー (2017年11月1日). 2017年11月7日閲覧。
  19. ^ “村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化”. 映画.com. (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/3/ 2018年6月23日閲覧。 
  20. ^ “「一度死んでみた」リリー、松田翔太、妻夫木聡、佐藤健、エライザ、志尊淳ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月2日). https://natalie.mu/eiga/news/357674 2019年12月2日閲覧。 
  21. ^ キャスト|映画『AINU MOSIR』公式サイト”. 2020年9月21日閲覧。
  22. ^ “大泉洋主演『騙し絵の牙』追加キャスト 宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也ら12人”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153125/full/ 2020年1月15日閲覧。 
  23. ^ 小松菜奈×坂口健太郎『余命10年』予告編公開 山田裕貴、奈緒、井口理ら新キャストの姿も” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年12月14日閲覧。
  24. ^ 細田守監督最新作、役所広司が主演声優に決定!宮崎あおいら豪華キャスト陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  25. ^ 峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーがアヌシーW受賞アニメの日本語吹替担当”. 映画ナタリー (2017年11月9日). 2017年11月9日閲覧。
  26. ^ 柄本佑、伊藤沙莉、リリー・フランキーが仏伊合作アニメーション日本語吹替版に参加”. 映画ナタリー (2021年11月10日). 2021年11月12日閲覧。
  27. ^ 番組エピソード 事実は小説より奇なり【実話ドラマ特集】-NHKアーカイブス
  28. ^ 実写版「あの花」小泉今日子、小日向文世、吉田羊、リリー・フランキーら豪華俳優集結!”. シネマトゥデイ (2015年9月1日). 2015年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月5日閲覧。
  29. ^ 「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告”. ニュースウォーカー (2015年11月21日). 2015年12月7日閲覧。
  30. ^ “長谷川博己:テロリストに立ち向かう! TBS新春ドラマ「都庁爆破!」に豪華キャスト集結”. MANTANWEB. (2017年11月13日). https://mantan-web.jp/article/20171112dog00m200024000c.html 2017年11月18日閲覧。 
  31. ^ リリー・フランキーと吉田大八がドラマでタッグ、小林聡美と岡田将生も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  32. ^ “リリー・フランキー&斎藤工がW主演「痛快バカドラマ」主題歌は細野晴臣の「恋は桃色」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年1月2日). https://hochi.news/articles/20191229-OHT1T50175.html 2020年1月2日閲覧。 
  33. ^ “又吉直樹オリジナル脚本によるドラマが放送!コロナ禍のとある家族の様子を描く”. ザテレビジョン. (2020年7月20日). https://thetv.jp/news/detail/238558/ 2020年7月23日閲覧。 
  34. ^ "窪塚洋介、20年ぶりTVドラマ出演!NHK『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ』". RBB TODAY. 株式会社イード. 16 March 2022. 2022年3月16日閲覧
  35. ^ キャスト&スタッフ|Huluオリジナルドラマ「フジコ」”. Huluオリジナルドラマ「フジコ」公式サイト. 2015年10月9日閲覧。
  36. ^ “リリー・フランキーと染谷将太がHuluドラマで渡辺麻友、宮脇咲良らと共演”. 映画ナタリー. (2016年7月7日). http://natalie.mu/eiga/news/193639 2016年7月7日閲覧。 
  37. ^ ““AVの帝王”演じる山田孝之主演作「全裸監督」に満島真之介、玉山鉄二、リリー・フランキーら”. 映画.com. (2019年3月15日). https://eiga.com/news/20190315/5/u 2019年9月21日閲覧。 
  38. ^ “「ヒヤマケンタロウの妊娠」本予告、斎藤工と上野樹里が予想外の妊娠生活に奮闘”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月15日). https://natalie.mu/eiga/news/469479 2022年3月15日閲覧。 
  39. ^ 北海道米ゆめぴりか
  40. ^ “アマゾンプライムビデオCMで松本人志、リリー・フランキー、清野菜名、三浦瑠麗がお家映画を楽しむ! 出演者のプロフィールをチェック!”. TVR NEWS (CMニュース・ライダー). (2020年8月3日). https://tv-rider.jp/column/amazonprime 2020年8月4日閲覧。 
  41. ^ クラシル新CM「おいしい、アプリ」、10月9日(土)放映開始 リリー・フランキーさんと濱田マリさんが「おいしさ」を実況!”. PR TIMES (2021年10月8日). 2021年10月31日閲覧。
  42. ^ “六本木歌舞伎、新作は海老蔵&寺島しのぶ!三池崇史×リリー・フランキー版座頭市”. ステージナタリー. (2016年10月23日). http://natalie.mu/stage/news/206523 2016年10月24日閲覧。 
  43. ^ 過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2014年11月21日閲覧。
  44. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  45. ^ 東京国際映画祭“ARIGATO賞”新設、受賞者に樹木希林、広瀬すず、細田守ら”. 映画ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  46. ^ “リリー・フランキーがNYの映画祭で受賞、園子温の欠席にちなんだ挨拶で会場沸かす”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/195537 2020年1月2日閲覧。 
  47. ^ 2018年の「GQ MEN OF THE YEAR」が決定! 田中圭、美輪明宏、DA PUMPをはじめ10組が受賞!”. GQ JAPAN (2018年11月21日). 2019年6月15日閲覧。

参考文献編集

  • 河出書房新社『文藝』 2002年春季号 特集・リリー・フランキー

外部リンク編集