株式会社関西東通(かんさいとうつう)は、TBSアクト(旧・東通)のグループ企業で、主に近畿地方のテレビ局制作番組の技術協力などに携わる制作プロダクションである。

株式会社関西東通
Kansai Totsu,Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
531-0076
大阪府大阪市北区大淀中1丁目16番7号
設立 1985年7月
(株式会社ティ・ディー・シーとして)
業種 情報・通信業
法人番号 8120001067309 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ番組の制作・技術協力業務
代表者 代表取締役社長 羽東敏夫[1]
資本金 2,840万円
売上高 30億1,012万円(2018年3月期)[2]
従業員数 202名(2020年4月1日現在)[2]
決算期 3月
主要株主 株式会社TBSアクト
株式会社MBSメディアホールディングス
朝日放送グループホールディングス株式会社
関西テレビ放送株式会社
讀賣テレビ放送株式会社
テレビ大阪株式会社[2]
主要子会社 株式会社東通インフィニティー
株式会社ライズ・アップ[3]
株式会社東通企画
外部リンク https://www.kansai-totsu.com/
テンプレートを表示

沿革編集

1985年7月に「株式会社ティ・ディー・シー」として設立。2005年に東通クリエイト(のちに東通エーヴィセンターと統合し、現・東通インフィニティー)から4つの部門についての営業譲渡を受け、同4月「株式会社東通テクノサービス」に社名を改める[2]

この間、東通子会社で、在阪テレビ局と取引関係があった大阪東通1968年設立)が経営難と、地上デジタルテレビ放送対応の設備投資の資金不足などから2001年民事再生法を申請・倒産し、その後東通本社が受け皿となって同社の大阪支社として業務を引き継いだ[4] が、2010年に東通大阪支社の業務を東通テクノサービスが継承すると共に、同年2月に現社名に改め今日にいたる。なお親会社であった東通は、2021年4月1日をもって、TBSアート&テクノロジー、並びにTBSホールディングスグループと東通グループの傘下にあった技術関連会社12社との合併による「TBSアクト」へ統合されたが、当社は社名変更されない。

製作番組編集

大阪東通、東通大阪支社時代のものもあり。

テレビ番組編集

(凡例)S:スタジオ技術、E:ENG・ロケ技術、R:中継技術、編:編集・ポスプロ、制:自社制作番組

ニュース・情報編集

スポーツ編集

バラエティ・クイズ編集

ドキュメンタリー・教養・料理・トーク編集

音楽編集

ドラマ編集

イベント、ライブ編集

舞台、演芸編集

コンサート編集

関連会社編集

著名関係者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 2010年4月1日以降の会社合併後に業務開始。
  2. ^ a b 2010年4月2日以降の会社合併後に業務開始。
  3. ^ a b c d e 2010年4月3日以降の会社合併後に業務開始。
  4. ^ 2010年4月14日以降の会社合併後に業務開始。
  5. ^ a b c d e 2010年4月4日以降の会社合併後に業務開始。
  6. ^ 2010年4月5日以降の会社合併後に業務開始。
  7. ^ 2010年4月6日以降の会社合併後に業務開始。
  8. ^ a b 2010年4月7日以降の会社合併後に業務開始。
  9. ^ 2010年4月8日以降の会社合併後に業務開始。
  10. ^ 2010年4月19日以降の会社合併後に業務開始。
  11. ^ ナイトinナイト枠は2016年4月以降
  12. ^ ナイトinナイト枠は2019年4月以降

出典編集

  1. ^ 株式会社関西東通 役員一覧”. 株式会社関西東通. 2018年4月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 株式会社関西東通 会社概要”. 株式会社関西東通. 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ a b 2014年4月、株式会社東通ライティングより社名変更(株式会社ライズ・アップ 会社概要 より)。
  4. ^ テレビドラマデータベース・関西の番組制作、技術プロダクション・大阪東通が再生法申請(2001年9月28日 2013年10月8日閲覧)

外部リンク編集