メインメニューを開く

阿曽布村(あそぶむら)は、岐阜県吉城郡にあったである。

阿曽布村
廃止日 1950年6月10日
廃止理由 合併
現在の自治体 飛騨市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
吉城郡
阿曽布村役場
所在地 岐阜県吉城郡阿曽布村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の飛騨市の一部であり、旧神岡町域東部および南部に該当する。村の北部は跡津川支流の打保谷川沿いの集落、村の南部は高原川沿いの集落で構成され、北は富山県に接する。神岡鉱山の主力坑の一つである栃洞鉱山が存在し、鉱山の村として栄えた。

歴史編集

教育編集

交通機関編集

鉱業編集

  • 神岡鉱山の主力の一つである栃洞鉱山が存在していた。その他、幾つか支抗(下之本鉱山、吉城鉱山、岩井谷鉱山など)が存在したが、昭和30年代に廃止されている。

神社・仏閣編集

  • 鉱山四柱神社 (神岡鉱山神社)[2] 
  • 金山神社
  • 麻生野神社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 神岡鉱山を運営していた三井組が1896年に開設した私立神岡小学校が前身。1929年に私立栃洞尋常高等小学校、1941年に三井栃洞校、1947年に私立栃洞小学校に改称し、1949年に私立神岡第一小学校。
  2. ^ かつて栃洞鉱山のある二十五山に存在した神社。2005年3月に宗教法人神岡鉱山神社が解散し廃止。

関連項目編集