メインメニューを開く

阿蘇国造(あそのくにのみやつこ、あそこくぞう)は、のちに肥後国の一部となる地域(阿蘇国)を支配した国造である。

阿蘇国造
No image available.svg
本姓 阿蘇氏[1]
家祖 速瓶玉命
種別 皇別
出身地 大倭国
主な根拠地 阿蘇国(のちの肥後国阿蘇郡
支流、分家 宇治部氏(のちに宇治氏、さらに阿蘇氏[2]
凡例 / Category:日本の氏族

目次

概要編集

祖先編集

先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、崇神天皇(第10代天皇)の時代に、火国造と同祖で神八井耳命神武天皇(初代天皇)の皇子)の孫の速瓶玉命が初代阿蘇国造に任じられたという。

速瓶玉命は、その父健磐龍命の意志を継ぎ、農耕を広めて畜産植林等にも力を尽くしたという[3]

なお『古代豪族系図集覧』の系図は神八井耳命武宇都彦命武速前命敷桁彦命健磐龍命―速瓶玉命となっており、これに従えば速瓶玉命は神八井耳命の孫ではなく5世孫となる。

氏族編集

阿蘇氏[1]多氏などとは同祖である。

阿蘇国造の系図については、阿蘇氏(「日本の苗字7000傑 姓氏類別大観」内)を参照。

本拠編集

のちの肥後国阿蘇郡阿蘇郷[4]。現在の熊本県阿蘇市一の宮町宮地・手野[4]。なお阿蘇郡の郡衙の場所は不明であるが、『肥後国風土記』によれば、阿蘇神社からみて西方に位置したという。

なお、「阿蘇」の名を持つ自治体としては、かつては阿蘇町が、現在は阿蘇市が存在する。

支配領域編集

阿蘇国造の支配領域は当時阿蘇国と呼ばれていた地域である。阿蘇国はのちの阿蘇郡をさす。

また、『筑紫風土記』には「閼宗県(あそ の あがた)」という(あがた)が記載されており、これは阿蘇国にあったと考えられる。

「阿蘇」という地名の由来は、『日本書紀』によれば、阿蘇国造の祖先でもある阿蘇都彦阿蘇都媛という2神がいたことであるという。阿蘇の語源(「阿蘇ペディア」内)も参照。

火国、阿蘇国、葦北国末羅国葛津国筑志米多国などは火国(肥国)と呼ばれた。これはのちに令制国の整備に伴い肥前国肥後国に分割され、かつての阿蘇国の範囲は肥後国の一部となった。

関連神社編集

編集

子孫編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b 国史大辞典 4  き〜く』。
  2. ^ a b 古代豪族系図集覧』。
  3. ^ a b 国造神社 - 阿蘇ペディア(2018年7月25日 午後4時0分(JST)閲覧)
  4. ^ a b 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  5. ^ a b c 阿蘇郡誌』。
  6. ^ a b c d 上御倉・下御倉古墳 - 阿蘇ペディア(2018年7月26日 午前10時54分(JST)閲覧)
  7. ^ a b c 速瓶玉命(はやみかたまのみこと)と国造神社(こくぞうじんじゃ) - 阿蘇ペディア(2018年7月26日 午前10時52分(JST)閲覧)
  8. ^ 指定文化財一覧 - 阿蘇市ホームページ(2018年7月26日 午前10時55分(JST)閲覧)
  9. ^ 上御倉古墳 - 阿蘇ペディア(2018年7月26日 午前10時59分(JST)閲覧)
  10. ^ a b 古代史 - 阿蘇ペディア(2018年7月26日 午前10時25分(JST)閲覧)
  11. ^ a b c 中通古墳群 - 阿蘇ペディア(2018年7月26日 午前10時33分(JST)閲覧)

参考文献編集

  • 国史大辞典編集委員会『国史大辞典 4  き〜く』吉川弘文館、1984年、843頁。ISBN 4642005048
  • 『古代豪族系図集覧』近藤敏喬東京堂出版、1993年、432・433頁。ISBN 4-490-20225-3
  • 日本歴史地図 原始・古代編 下』竹内理三等、柏書房、1982年、292頁。
  • 阿蘇郡誌』熊本県教育会阿蘇郡支会、熊本県教育会阿蘇郡支会、1926年、281,306頁。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、162コマ目。

関連項目編集