メインメニューを開く
新潟県雑太郡の範囲(黄色・桃色:加茂・羽茂両郡分割前の郡域)

雑太郡(さわたぐん)は、新潟県佐渡国)にあった

目次

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、佐渡市のうち下記の区域にあたる。地区区分は佐渡市 市政概要 市内の住所表記を参照。

  • 佐和田地区(全域)
  • 相川地区(北川内、北立島、入川、高千、北田野浦、小野見、石名、小田、大倉、矢柄、関、五十浦、岩谷口を除く)
  • 金井地区(吉井、大和、吉井本郷、安養寺、三瀬川、水渡田を除く)
  • 新穂地区(新穂皆川、新穂舟下)
  • 畑野地区(松ヶ崎、多田、浜河内、丸山を除く)
  • 真野地区(金丸、四日町、長石、真野新町、真野、吉岡、真野大川、名古屋、国分寺、竹田、阿仏坊)

歴史編集

当初は佐渡国唯一の郡であったが、養老5年(721年)、雑太郡より分けて新たに加茂郡羽茂郡が設置された。

近代以降の沿革編集

後尾村、石花村、北片辺村、南片辺村、戸中村、戸地村、戸地炭町、北狄村、姫津村、達者村、小川村、下相川村、相川町[1]、羽田村、下戸村、海士町、鹿伏村、大浦村、高瀬村、橘村、稲鯨村、米郷村、二見村、沢根村、沢根町、五十里籠町、田中村、西五十里村、東五十里村、五十里本郷、五十里炭屋町、窪田村、河原田諏訪町、河原田本町、河原田裏町、河原田大坂町、河原田塩屋町、河原田田町、八幡町、八幡新町、上八幡町、下八幡町、四日町村、長石村、新町、田町村、吉岡村、真野村、名古屋村、阿仏坊村、国分寺村、大川村、北村、馬場村、三宮村、宮浦村、後山村、河内村、大久保村、猿八村、小倉村、長谷村、坊ヶ浦村、弐拾五貫村、三拾弐貫村、栗野江村、舟代村、下村、皆川村、目黒町村、寺田村、畑方村、畑本郷、安国寺村、金丸村、金丸本郷、中原村、石田村、二宮村、青野村、山田村、真光寺村、平清水村、市野沢村、上長木村、下長木村、上矢馳村、下矢馳村、牛込村、当野平村、和泉村、藤津村、上中興村、下中興村、本屋敷村、大和田村、西方村、新保村、貝塚村、竹田村、辰巳村[2]
  • 慶応4年
  • 明治元年
  • 明治2年
  • 明治4年11月20日1871年12月31日) - 第1次府県統合により佐渡県(第2次)が相川県に改称。
  • 明治9年(1876年4月18日 - 第2次府県統合により新潟県の管轄となる。
  • 明治10年(1877年) - 下記の村の統合が行われる。(10町73村)
    • 田中村・西五十里村・東五十里村・五十里本郷が合併して五十里村となる。
    • 河原田本町・河原田裏町・河原田大坂町・河原田塩屋町・河原田田町が合併して河原田町となる。
    • 上八幡町・下八幡町・辰巳村が合併して八幡村となる。
    • 北村・馬場村が合併して田畑村となる。
    • 舟代村・下村が合併して舟下村となる。
    • 藤津村・上中興村・下中興村が合併して中興村となる。
    • 戸地炭町が戸地村に合併。
    • 田町村が新町に合併。
    • 弐拾五貫村・三拾弐貫村が栗野江村と合併。
    • 金丸本郷が金丸村に合併。
  • 明治11年(1878年7月22日 - 郡区町村編制法の施行により行政区画としての雑太郡が発足。「雑太加茂羽茂郡役所」が相川町に設置され、加茂郡羽茂郡とともに管轄。
  • 明治19年(1886年) - 下矢馳村・牛込村・当野平村・和泉村が合併して泉村となる。(10町70村)
  • 明治20年(1887年) - 本屋敷村・大和田村・西方村が合併して千種村となる。(10町68村)

町村制以降の沿革編集

  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。全域が現・佐渡市。(4町16村)
    • 相川町 ← 相川町[3]、海士町、羽田村、下戸村
    • 二見村 ← 鹿伏村、大浦村、高瀬村、橘村、稲鯨村、米郷村、二見村
    • 沢根町村 ← 沢根村、沢根町
    • 五十里町 ← 五十里籠町、五十里村、五十里炭屋町
    • 川原田町 ← 川原田町、川原田諏訪町
    • 八幡村 ← 八幡村、八幡町、八幡新町
    • 二宮村 ← 中原村、石田村、上長木村、下長木村、上矢馳村、二宮村、市野沢村、真光寺村
    • 野田村 ← 窪田村、青野村、山田村
    • 金沢村 ← 中興村、千種村、新保村、貝塚村
    • 平泉村 ← 平清水村、泉村
    • 国中村 ← 目黒町村、舟下村、皆川村
    • 畑野村 ← 安国寺村、畑本郷、畑方村、河内村、寺田村
    • 小倉村 ← 小倉村、長谷村、猿八村
    • 栗野江村 ← 栗野江村、坊ヶ浦村
    • 三宮村 ← 後山村、宮浦村、三宮村、畉田村、大久保村
    • 金丸村 ← 長石村、四日町村、金丸村
    • 新町(単独町制)
    • 真野村 ← 真野村、吉岡村、名古屋村、大川村、国分寺村、竹田村、阿仏坊村
    • 金泉村 ← 小川村、達者村、姫津村、北狄村、下相川村
    • 北海村 ← 石花村、後尾村、北片辺村、南片辺村、戸中村、戸地村
  • 明治29年(1896年4月1日 - 郡制の施行のため、羽茂郡・雑太郡・加茂郡の区域をもって佐渡郡が発足。同日雑太郡廃止。

行政編集

  • 雑太・加茂・羽茂郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)4月9日
明治29年(1896年)3月31日 廃官

脚注編集

  1. ^ 相川73町の総称。本項では便宜的に1町と数える。
  2. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  3. ^ 相川水金町、相川柴町、相川下山ノ神町、相川北沢町、相川坂下町、相川炭屋町、相川大間町、相川紙屋町、相川濁川町、相川広間町、相川弥十郎町、相川夕白町、相川勘四郎町、相川四十物町、相川米屋町、相川味噌屋町、相川長坂町、相川八百屋町、相川会津町、相川上京町、相川中京町、相川下京町、相川六右衛門町、相川左門町、相川大床屋町、相川新五郎町、相川南沢町、相川大工町、相川諏訪町、相川次助町、相川庄右衛門町、相川清右衛門町、相川上寺町、相川中寺町、相川下寺町、相川嘉左衛門町、相川惣徳町、相川五郎右衛門町、相川奈良町、相川柄杓町、相川上相川町、相川小右衛門町、相川銀山町、相川板町、相川材木町、相川新材木町、相川小六町、相川西坂町、相川新西坂町、相川石扣町、相川塩屋町、相川羽田町、相川江戸沢町、相川壱町目、相川壱町目裏町、相川弐町目、相川弐町目新浜町、相川三町目、相川四町目、相川壱町目浜町、相川弐町目浜町、相川市町、相川三町目浜町、相川三町目新浜町、相川四町目浜町、相川新浜町、相川五郎左衛門町、相川馬町、相川下戸町、相川下戸浜町、相川下戸炭屋町、相川下戸炭屋裏町、相川下戸炭屋浜町。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
佐渡郡