メインメニューを開く

真野町(まのまち)は、かつて新潟県佐渡郡におかれていた佐和田町への通勤率は15.2%(平成12年国勢調査)。町域には、かつて佐渡国国府が置かれていた。2004年3月1日に、合併して佐渡市の一部になった。

真野町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
佐渡島内 全10市町村 → 佐渡市
現在の自治体 佐渡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
佐渡郡
団体コード 15606-0
面積 67.09km2.
総人口 6,125
(2004年1月31日)
隣接自治体 佐和田町金井町畑野町
羽茂町赤泊村
町の木 マツ[1]
町の花 キク[1]
真野町役場
所在地 952-0318
新潟県佐渡郡真野町大字新町489[1]
(現在の佐渡市真野支所)
外部リンク 真野町 公式ウェブサイト - ウェイバックマシン(2004年3月27日アーカイブ分)
真野町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
佐渡島における平成の大合併の地図。

地理編集

町の北部は国中平野の南端にあたり、北西の境を国府川が流れた。

町域の大部分は、緩やかな小佐渡丘陵とその裾野の傾斜地、海岸沿いの細い平地であった。海岸沿いの道にある新町が、中心街であった。傾斜地は田や畑に利用された。

西には真野湾に接する。湾沿いの北の浜を長石浜、南の浜を越の長浜といい、海水浴場として利用された。さらに南の海岸は山が迫って岩がちとなった。

  • 山: 経塚山
  • 河川: 国府川、竹田川、真野川、小川内川、西三川川
  • 湖沼・ダム: 竹田川ダム

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 古代には佐渡国国府がおかれていた。
  • 1889年(明治22年)4月1日
    • 真野村、吉岡村、名古屋村、国分寺村、大川村、竹田村、阿仏坊村 が合併して、真野村になった。
    • 金丸村、四日市村、長石村 が合併して、金丸村になった。
    • 豊田村、滝脇村、背合村 が合併して、恋ヶ浦村になった。
    • 下黒山村、静平村、上川茂村、下川茂村、外山村が合併して、川茂村になった。
  • 1901年(明治34年)11月1日 – 真野村、金丸村、新町、恋ヶ浦村と、川茂村のうち下黒川と静平が合併して、真野村になった。
  • 1951年(昭和26年)1月1日 – 町制施行し真野町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 – 西三川村の一部と合併し、真野町を新設。
  • 2004年(平成16年)3月1日 – 両津市相川町佐和田町金井町新穂村畑野町、真野町、小木町羽茂町赤泊村が合併して、佐渡市になった。

行政編集

町長編集

髙野宏一郎2000年2月~2004年2月、1期)(2004年4月18日- 2012年4月17日 佐渡市長、2期)

経済編集

産業編集

農業は水稲が中心で、他に野菜、果樹、大豆などが作られた。

姉妹都市・提携都市編集

教育編集

交通編集

道路編集

国道350号が海岸沿いに南北に走っていた。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成14年度市町村要覧:真野町(新潟県HP) - ウェイバックマシン(2004年2月2日アーカイブ分)
  2. ^ a b 小学校の住所連絡先一覧”. 佐渡市. 2019年10月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集