メインメニューを開く

飯田 信夫(いいだのぶお、1903年明治36年)5月25日1991年平成3年)8月19日)は昭和期の作曲家指揮者。妻は女優の夏川静江。娘に女優の夏川かほる

飯田信夫
Ida Nobuo.JPG
1955年
基本情報
出生名 飯田信夫
生誕 1903年3月24日
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
死没 (1991-08-19) 1991年8月19日(88歳没)
学歴 東京帝国大学卒業
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家

経歴編集

大阪市出身。1924年松本高等学校理科甲類卒業、1930年東京帝国大学工学部鉱山学科卒業。

1935年(昭和10年)公開されたJ.O.スタヂオ映画『百万人の合唱』(主題歌の作曲も担当)を始め、東宝映画『鶴八鶴次郎』、『上海』、『忠臣蔵』、『皇道日本』、『娘時代』、『秀子の車掌さん』、『戦争と平和』、『異國の丘』、『若い娘たち』など戦前・戦後と多くの東宝映画の映画音楽作曲家とし活躍する一方、『隣組』、『歩くうた』、『朝だ元気で』、『紫のタンゴ』などの流行歌の作曲も多く手掛けた。

このほか、電電公社などの社歌・団体歌、全国の小・中・高・大学校歌の作曲も多く手掛けた。

1991年(平成3年)8月19日死去。享年88。

主な作品編集

管弦楽曲編集

映画音楽編集

歌謡曲編集

校歌など編集

脚注および出典編集

  1. ^ 広島県立因島北高等学校創立30周年記念誌 『鉄魂』
[ヘルプ]

外部リンク編集