メインメニューを開く
高木益太郎

高木 益太郎(たかぎ ますたろう、明治2年1月25日1869年3月7日) - 昭和4年(1929年12月11日)は日本の政治家、弁護士、実業家。衆議院議員、『法律新聞』創刊者、尾西鉄道社長、法政大学理事。

略歴編集

人物編集

創刊した『法律新聞』は、下級審の裁判例を広く収載し、法律の普及と立法の資料として役立てることを目的としている。

大審院判決についても「判決録」「判例集」に登載されないものも全文掲載され、法曹界の動向や外国の立法状況なども報道しており、明治・大正期の法曹界、社会状況を示す貴重な資料となっている。

高木没後は娘婿の弁護士岡崎源一が継承し、1944年8月4922号をもって終刊となった。

衆議院議員を務め、立憲国民党憲政会立憲民政党に所属。また、尾西鉄道社長、法政大学理事に就任している。

参考文献編集

  • 『日本人名大辞典』(講談社
  • 『日本弁護士総覧 第2巻』浅田好三編(東京法曹会)[1]
  • 『東京名古屋現代人物誌』長江銈太郎著(柳城書院)[2]
  • 『法律新聞』(不二出版