メインメニューを開く

高杉 敬二(たかすぎ けいじ、1940年2月4日 - )は、日本の実業家である。本名は相良興邦[1]。主に芸能関係の事業を行っており、かつては芸能事務所「ボンド企画」を経営していた。現在は、株式会社ビーエムアイ社長。

目次

経歴編集

関東州大連(当時)に生まれる。

株式会社ボンド企画社長として、松崎しげるマネージメントを担当したのを始め、杏里松本伊代など、多くのタレントを育てた。また、芸能プロデューサーの秋元康と組んで、「おニャン子クラブ」や「ジャパン女子プロレス」などの企画を仕掛けたのも高杉であると言われる。

同社は1992年平成4年)に倒産したが、同社に所属していた歌手の本田美奈子とはその後も活動を共にし、新たに設立した株式会社ビーエムアイにおいて、本田がアイドル歌手からミュージカル女優へと転換するのを助けた。2005年(平成17年)に本田が白血病で死亡すると、本田の遺志を継いだ高杉は、NPO法人LIVE FOR LIFE』の発起人となり、同法人の活動に従事している。

家族編集

実娘は、元タレントの河村和奈[2]

ボンド企画元所属者編集

補足編集