メインメニューを開く

松本 伊代(まつもと いよ[3]1965年6月21日[3] - )は、日本タレント歌手。80年代アイドル。本名:小園 伊代(こぞの いよ、旧姓:松本[1][5]東京都大田区出身[1]。血液型は B型[3]。ビィーカンパニー所属[注釈 1]

松本 伊代
別名 小園 伊代(本名)
旧姓 :松本[1]
生誕 (1965-06-21) 1965年6月21日(54歳)
出身地 日本の旗 日本東京都大田区[1][2][3]
学歴 戸板女子短期大学卒業[4]
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手タレント
活動期間 1981年 -

夫はタレントのヒロミ[1]、長男はタレントの小園凌央[7]。姉はダンスインストラクターで1990年代前半頃には「松本伊代姉」名義で歌手デビューも果たした。

略歴編集

中学3年生の時に原宿でスカウトされる[1]。翌1981年第5回長崎歌謡祭でグランプリを受賞[8]。同年、TBS系『たのきん全力投球!』の田原俊彦の妹役オーディションに合格しデビュー[1][2][9]。同年10月21日、「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてもデビューした[1][2][3]。当時のキャッチコピーは「瞳そらすな僕の妹」「田原俊彦の妹」[9][10]。翌1982年12月の『第24回日本レコード大賞』新人賞[2]を始め、同年に多くの音楽新人賞を受賞する[3][5]。キャッチコピーの通り、妹的存在として多くのファンを拡大させた[11]。デビュー2年目の1983年には、ドラマ『私は負けない!』の主題歌時に愛は』などもヒットし[2]、同年末の『第25回日本レコード大賞』ゴールデン・アイドル賞を獲得した。

その後『オールナイトフジ』や『夕やけニャンニャン』の司会を務めるなど数々のバラエティ番組でも活動する[1][2][9]1986年からは、川村真澄林哲司船山基紀による「恋愛三部作」をリリース。

1993年、番組での共演がきっかけとなり[9]B21スペシャルヒロミ結婚[1][2][9]、その後2男の母となる[1]

2005年、1982年の同期デビューだった早見優堀ちえみとともにママドルユニット「キューティー★マミー」を結成[2]

2009年にはアイドル時代の12枚のオリジナルアルバム+ボーナスCD・DVDをまとめたBOXセット「SWEET 16 BOX」のボーナストラックとして、尾崎亜美作詞・作曲・プロデュースによる19年振りの新曲「私の声を聞いて」をリリース。配信限定ではあるがシングルカットもされた。

2012年に品川ステラボールでデビュー30周年記念コンサートを開催した。

2017年2月、京都府警察右京警察署に早見優とともに「1月13日に京都市内のJR山陰本線の線路内に無断で立ち入った」として鉄道営業法違反容疑で書類送検され[12][13]、3月21日に起訴猶予処分となった。京都地方検察庁は処分理由を「踏切内の通路からすぐ脇に立ち入ったに留まり、電車往来への支障も生じていないことや反省していることなどを考慮した」としている[14]

エピソード編集

松本がデビューした1982年度[15][16]は、人気・知名度が高い多くの新人歌手達が次々と誕生したことから、堀ちえみ小泉今日子中森明菜三田寛子早見優石川秀美シブがき隊薬丸裕英本木雅弘布川敏和)らと共に「花の82年組」の1人と呼ばれている[1][2][9]。なおデビュー前の1980年には第5回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募するも落選したことがある[注釈 2][17][18]

オールナイトフジでは1984年12月29日の放送で、自著と称する『伊代の女子大生 まるモテ講座』を宣伝した際に本の内容について質問をされ、「まだ読んでないのですけど」と発言してしまい[19]、その場にいた片岡鶴太郎から「自分で書いた本なのにまだ読んでないとはどういうことか」と突っ込まれたことがある[9][20]。この件については「ゲラの状態で最終チェックはしましたが、製本になった状態を見たのはこの時が初めてだったので、(製本された本を)まだ読んでいないと発言した」と弁明をしたが、後にこの弁明に関しても「嘘です」と白状しており、この著書はすべてゴーストライターによる代筆であったことを認めている[9][20][21]

運動が全般的に苦手であり、ボールがうまく投げられないなどのエピソードが披露されたこともあった[22]

デビュー時は身長156cmに対して体重は38kgしかなく[23]、当時は体重が軽過ぎて自動ドアが開かないこともあったという[24]

ボンカレーのCM「だってらっきょうが転がっちゃう編」の撮影で笑うシーンがあるが、本人が緊張してうまく笑えなかったため、テーブルの下にスタイリストが入って足の裏をくすぐり、笑わせられる事になったという撮影裏話があった[25]

独特の低い声質が持ち味であるが、デビュー当初はスタッフから60年代に人気を博した海外の女性グループのロネッツのテープを渡され、良く聴いて勉強する様に云われたと語っている。やはりロネッツのフロントのロニー・スペクターは独特の低いハスキーヴォーカル。加えて松本伊代のデビュー時の楽曲が60年代調のため、参考になるとスタッフが考えていた様である[26]。デビューからの数曲の間、バッキング・ボーカルとして踊っていたキャプテン(北沢清子、山本恵子)は、後に麻生真美子(現:麻生真宮子)と共に、女性アイドルグループとしてデビューした[27]

「マイ・ラグジュアリー・ナイト」のヒットで知られる歌手のしばたはつみはとこで、遠縁にあたる[28]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

※タイトル(作詞者/作曲者/編曲者)で編集している。

  1. センチメンタル・ジャーニー湯川れい子/筒美京平/鷺巣詩郎) (1981.10.21)
    (c/w) マイ・ブラザー
  2. ラブ・ミー・テンダー(湯川れい子/筒美京平/鷺巣詩郎) (1982.02.05)
    (c/w) 虹色のファンタジー
  3. TVの国からキラキラ糸井重里/筒美京平/鷺巣詩郎) (1982.05.21)
    (c/w) PATA PATA
  4. オトナじゃないの(糸井重里/筒美京平/鷺巣詩郎) (1982.08.05)
    (c/w) 恋はBAN BAN
  5. 抱きしめたい康珍化/亀井登志夫/鷺巣詩郎) (1982.11.05)
    (c/w) Kiss In The Dream
  6. チャイニーズ・キッス(康珍化/亀井登志夫/鷺巣詩郎) (1983.03.03)
    (c/w) エリオット
  7. 太陽がいっぱい篠塚満由美/羽佐間健二/鷺巣詩郎) (1983.06.01)
    (c/w) 涙のハンカチーフ
  8. 恋のバイオリズム来生えつこ/吉田拓郎/萩田光雄) (1983.08.25)
    (c/w) うそがおじょうず
  9. 時に愛は尾崎亜美/尾崎亜美/鷺巣詩郎) (1983.11.23)(TBSテレビドラマ「私は負けない!-ガンと闘う少女-主題歌
    (c/w) 真珠のイヤリング
  10. 恋のKNOW-HOW(尾崎亜美/尾崎亜美/小林信吾) (1984.02.21)
    (c/w) NOT FOR SALE
  11. 流れ星が好き(尾崎亜美/尾崎亜美/小林信吾) (1984.05.25)
    (c/w) SUGAR RAIN (VersionII)
  12. シャイネスボーイ(尾崎亜美/尾崎亜美/小林信吾) (1984.09.21)
    (c/w) 冒険少年へのいざない
  13. ビリーヴ売野雅勇/筒美京平/萩田光雄) (1984.11.01)(TBSテレビドラマ「転校少女Y」主題歌)
    (c/w) 淋しさに負けないで (広東語:黃敏華——《Believe》)
  14. あなたに帰りたい(Dancin' In The Heart)(売野雅勇/筒美京平/中村哲) (1985.03.05)
    (c/w) You Don't Know Why
  15. Dancin' In The Heart(12インチ)(売野雅勇/筒美京平/中村哲・小野沢篤) (1985.06.05)
     ※既発のシングル「あなたに帰りたい(Dancin' In The Heart)」と「ビリーヴ」のSPECIAL DANCE MIXを収録
  16. ポニーテイルは結ばない(売野雅勇/筒美京平/萩田光雄) (1985.06.21)
    (c/w) 独立宣言
  17. 月下美人(松本隆/細野晴臣/鷺巣詩郎) (1985.10.05)
    (c/w) お楽しみは これから…
  18. Last Kissは頬にして(松本隆/関口誠人/新川博) (1986.02.21)
    (c/w) 恋はナイショで…
  19. 信じかたを教えて(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1986.08.05)※ここから3曲が"「サヨナラ」三部作"
    (c/w) きれいな涙
  20. サヨナラは私のために(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1986.12.16)
    (c/w) シングルエイド
  21. 思い出をきれいにしないで(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1987.03.21)
    (c/w) 思い出をきれいにしないで (Mini Soundtrack Version)
  22. すてきなジェラシー(川村真澄/岸正之/船山基紀) (1987.11.04 )
    (c/w) 風の宮
  23. 淋しさならひとつ(売野雅勇/井上ヨシマサ/武部聡志) (1988.09.07)
    (c/w) 男には向かない職業
  24. Sonatine(大江千里/大江千里/新川博 (1988.12.01)
    (c/w) 泣かないでギャツビー (戸沢暢美/小林義典/新川博) ※両A面
  25. 悲しくてやりきれないサトウハチロー/加藤和彦/佐橋佳幸)(1989.09.21)※ザ・フォーク・クルセダーズのカバー
    (c/w) ソレイユ
  26. きっと忘れるから(鮎川恵/熊谷幸子/新川博) (1990.12.16)
    (c/w) La Primeur
  27. BOY FRIEND A GOGO(Xbox 360用ソフトビューティフル塊魂)(2007年)
  28. 私の声を聞いて(尾崎亜美/尾崎亜美/尾崎亜美)(2009.11.18)※BOXセット「SWEET 16 BOX」収録の新曲。配信限定。
  29. センチメンタル・ジャーニー まだ50歳ver.(2015.12.2) 配信限定[29]

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

  1. センチメンタルI・Y・O(1981年12月5日)
  2. サムシングI・Y・O(1982年4月21日)
  3. オンリー・セブンティーン(1982年10月5日)
  4. エンドレス・サマー(1983年6月21日)
  5. 夢ひとつ蜃気楼(1983年12月5日)
  6. Sugar Rain (1984年3月5日)
  7. センチメンタル ダンス クラブ(1985年8月21日)
  8. 天使のバカ(1986年9月5日)
  9. 風のように(1987年12月16日)
  10. Private File(1989年1月21日)
  11. Innocence(1989年10月21日)
  12. MARIAGE ~もう若くないから~(1991年1月21日)

ベストアルバム編集

  • Believe(1984年12月16日)
  • REVIEW(1988年11月21日)
  • オールウェイズ I・Y・O [30th Anniversary BEST ALBUM](2012年9月26日)
  • ゴールデン☆ベスト(2015年4月22日)

ライブアルバム編集

  • 伊代 IN 武道館(1983年1月1日)

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

Webドラマ編集

バラエティ番組編集

他多数

情報番組編集

  • 知りたがり!「いいものプレミアム」(フジテレビ系)(2010年3月-2012年3月)
  • ノンストップ!「いいものプレミアム」(フジテレビ系)(2012年4月-)※火曜はカンテレ「よーいドン」、木曜は東海テレビ「スイッチ!」と、系列局の生放送に出演。なので、録画放送であるのがわかる。
  • ごごネタ!#スマートライフTV(TBS)
  • 趣味Do楽「ゼロからはじめるデジタル講座 くらしのタブレット」(2014年4月2日 - 5月28日、NHK Eテレ)※生徒

特番編集

  • 激夏100%伊代ドキドキコンサート ~日比谷野外音楽堂4000人 フラッシュダンスに挑戦(1983年9月10日、フジテレビ)

テレビアニメ編集

舞台編集

  • ミュージカル「ヒロイン」(2011年2月-3月)
  • ミュージカル「NEWヒロイン」(2012年2月-3月)

著作編集

  • 『ハートともだち - 胸さわぎのとき』(ワニブックス) 1982年1月
  • 『タッチ・ミー・プリーズ - フォト・エッセイ』(立風書房) 1984年6月
  • 『伊代の女子大生(モテ)講座』ペップ出版 1985 代筆。テレビ番組出演中に松本が本の内容について質問をされた時に「まだ読んでない」と発言してしまい、後にゴーストライターによる代筆であったことを認めた[30]
  • 『おしゃれ倶楽部』(CBSソニー出版) 1987年9月
  • 『マリアージュ - もう若くないから』(扶桑社) 1991年1月
  • 『思い出にできない』扶桑社 1992

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l ““16歳”の輝きを放ち続ける松本伊代「変な声がコンプレックスでした」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年2月4日). オリジナルの2017年2月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170211080245/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170203-OHT1T50250.html 2018年3月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.63.
  3. ^ a b c d e f IYO MATSUMOTO 松本伊代”. 株式会社ビィーカンパニー公式ホームページ. Be Company. 2017年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.523
  5. ^ a b 「東京電話」新テレビCMについて 平成13年3月7日 東京通信ネットワーク
  6. ^ Talents”. PRODUCTION NO TITLE公式ホームページ. 2016年12月31日閲覧。
  7. ^ “ヒロミ&伊代の息子・小園凌央、連ドラ初挑戦 役者になって両親を見返す?”. ORICON STYLE. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2068992/full/ 2016年3月24日閲覧。 
  8. ^ 長崎歌謡祭HISTORY『これまでのチャンピオン紹介』”. NBC長崎放送 (2000年10月1日). 2000年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h アラフィフ松本伊代、揺るがぬ“16歳ブランド””. オリコンニュース. oricon ME (2016年8月26日). 2016年12月31日閲覧。
  10. ^ 松本伊代(スマホでUSEN)
  11. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.14.
  12. ^ “松本伊代さん早見優さんを書類送検 線路内立ち入り容疑”. 朝日新聞digital (朝日新聞社). (2017年2月10日). オリジナルの2017年2月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170210034330/http://www.asahi.com/articles/ASK2B3S6MK2BPLZB007.html 2017年2月10日閲覧。 
  13. ^ スポニチアネックス (2017年2月10日). “松本伊代と早見優を線路立ち入り容疑で書類送検 ブログ写真に批判”. livedoor news. http://news.livedoor.com/article/detail/12655388/ 2017年2月10日閲覧。 
  14. ^ “線路立ち入りの松本伊代さん、早見優さん起訴猶予 京都地検”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年3月21日). オリジナルの2017年3月21日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170321074907/http://www.sankei.com/west/news/170321/wst1703210047-n1.html 2017年3月21日閲覧。 
  15. ^ 松本は前年の1981年10月にアイドル歌手としてデビューだったが、音楽賞レースにノミネートできる新人は「前年10月から当年9月までデビューした歌手」の為に、松本も翌年の「82年組」の一員と成っている。
  16. ^ 堀ちえみら「82年組」の絆 81年デビューの松本伊代も同期NEWSポストセブン(2019年2月21日記事)
  17. ^ 松本伊代インタビュー”. 帰国便利帳Web. 2015年6月26日閲覧。
  18. ^ 松本伊代:実録まんが([芦原しの・絵、学習研究社 1983年 アイドル・コミックス)p.69
  19. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.
  20. ^ a b 松本伊代、ゴーストライター事件で感謝「片岡鶴太郎さんのおかげ」”. マイナビニュース (2015年5月17日). 2015年6月26日閲覧。
  21. ^ TVでた蔵 2011年10月1日放送 くりぃむしちゅーの最強アイドル大百科 直前SP”. ワイヤーアクション (2011年10月1日). 2015年6月26日閲覧。
  22. ^ 松本伊代:実録まんが([芦原しの・絵、学習研究社 1983年 アイドル・コミックス)p.25
  23. ^ 松本伊代EPコレクション
  24. ^ 月刊平凡(マガジンハウス)1983年1月号 本人掲載のページより。当時の自動ドアは、前に立った人間の体重に反応して開く仕組みで、体重が軽い子供などの場合はドアが開かないことも多かった。
  25. ^ TVでた蔵 2013年11月10日放送 ヒットの秘密”. ワイヤーアクション (2013年11月10日). 2015年6月26日閲覧。
  26. ^ 松本伊代:実録まんが([芦原しの・絵、学習研究社 1983年 アイドル・コミックス)p.76
  27. ^ 松本伊代「16歳の私になって歌いたい」 30周年ライブは久しぶりのやる気!あのデビュー曲秘話も告白”. クランクイン! (2012年10月5日). 2015年6月26日閲覧。
  28. ^ 「マイ・ラグジュアリー・ナイト」の紅白歌手・しばたはつみさんが死去”. オリコン (2010年3月29日). 2015年6月26日閲覧。
  29. ^ 松本伊代 81年発売デビュー曲をリアレンジ配信、あのフレーズは…”. スポニチアネックス (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  30. ^ 松本伊代、ゴーストライター事件で感謝「片岡鶴太郎さんのおかげ」 2015/05/17 マイナビニュース

注釈編集

  1. ^ プロダクションノータイトルがマネジメント協力している[6]
  2. ^ この時の優勝者は林紀恵だった

外部リンク編集