メインメニューを開く

高橋康夫 (プロデューサー)

高橋 康夫(たかはし やすお、1941年[1] - )は、元NHK映像プロデューサーで、エグゼクティブ・プロデューサーなどを務めた。

妻は女優三田佳子1974年に結婚)[2]。長男は森宮隆、二男は高橋祐也

来歴編集

東京都出身。父親は映画カメラマンの高橋通夫[3]で、調布の「大映村」で育った[1]

1965年一橋大学社会学部を卒業。同年[3]、NHKに入局。主としてドラマ番組のディレクター・プロデューサーを務める。

1990年NHKエンタープライズへ出向(ドラマ担当常務取締役)。その後、NHK放送事業局ソフト開発部長、放送総局エグゼクティブプロデューサー(局長)、日本賞事務局長などを歴任。

1998年にNHKエンタープライズへ転籍(新映像プロジェクト長)、ハイビジョン大型映像、劇場用映画の開発・制作を担当する。2004年に退職した後、企画制作会社「株式会社レシピ」の代表をつとめる。[4]

関与作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b キネマ旬報』 2002年12月下旬号(NO.1370) p.118-119 「リレー・エッセイ 映画と私 173 高橋康夫」
  2. ^ 【ヒューマン】三田佳子「やるっきゃない」 (3-3ページ) - SANSPO.COM 2011年4月2日
  3. ^ a b 『現代日本人名録 2002』(日外アソシエーツ
  4. ^ 構成メンバー 会員一覧 - エンジン01文化戦略会議