高齢者の医療の確保に関する法律

日本の法律

高齢者の医療の確保に関する法律(こうれいしゃのいりょうのかくほにかんするほうりつ、昭和57年8月17日法律第80号)は、国民の高齢期における適切な医療の確保を図るため、医療費の適正化を推進するための計画の作成及び保険者による健康診査等の実施に関する措置を講ずるとともに、高齢者の医療について、国民の共同連帯の理念等に基づき、前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整、後期高齢者に対する適切な医療の給付等を行うために必要な制度を設け、もって国民保健の向上及び高齢者の福祉の増進を図ることを目的とした法律である。

高齢者の医療の確保に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 高齢者医療確保法
法令番号 昭和57年8月17日法律第80号
種類 社会保障法
効力 現行法
主な内容 後期高齢者医療制度、前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整、特定健康診査等
関連法令 健康保険法船員保険法国民健康保険法国家公務員共済組合法地方公務員等共済組合法私立学校教職員共済法医療法介護保険法健康増進法社会保険診療報酬支払基金法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

1973年昭和57年)8月17日老人保健法として制定された。2006年平成18年)に制定された健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年6月21日法律第83号)第7条の規定により、題名改正を含む大幅な改正が行われ、2008年(平成20年)4月1日に現在の題名に改正・施行。法改正により同日から後期高齢者医療制度が発足し、75歳以上の老人医療は本法が定める後期高齢者医療制度へ、旧老人保健法で行われていた保健事業は健康増進法へ移行した。

なお、本法における「前期高齢者」とは満65歳から74歳、「後期高齢者」とは満75歳以上の高齢者をそれぞれ指す。

構成編集

  • 第1章 総則(第1条-第7条)
  • 第2章 医療費適正化の推進
    • 第1節 医療費適正計画化等(第8条-第17条)
    • 第2節 特定健康診査等基本指針等(第18条-第31条)
  • 第3章 前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整(第32条-第46条)
  • 第4章 後期高齢者医療制度
    • 第1節 総則(第47条-第49条)
    • 第2節 被保険者(第50条-第55条)
    • 第3節 後期高齢者医療給付
    • 第4節 費用等
      • 第1款 費用の負担(第93条-第115条)
      • 第2款 財政安定化基金(第116条)
      • 第3款 特別高額医療費共同事業(第117条)
      • 第4款 保険者の後期高齢者支援金等(第118条-第124条)
    • 第5節 保健事業(第125条)
    • 第6節 後期高齢者医療診療報酬審査委員会(第126条・第127条)
    • 第7節 審査請求(第128条-第130条)
    • 第8節 保健事業等に関する援助等(第131条・第132条)
    • 第9節 雑則(第133条-第138条)
  • 第5章 社会保険診療報酬支払基金の高齢者医療制度関係業務(第139条-第154条)
  • 第6章 国民健康保険団体連合会の高齢者医療関係業務(第155条-第157条)
  • 第7章 雑則(第158条-第166条)
  • 第8章 罰則(第167条-第171条)
  • 附則

法改正の経過編集

  • 1999年(平成11年)
    • 10月4日 自由民主党・自由党・公明党の、自自公連立政権である小渕第2次改造内閣における三党合意により、2005年を目途に、年金、介護、後期高齢者医療を包括した総合的な枠組みを構築すること、それに必要な財源の概ね二分の一を公費負担とすることを決定[1]
    • 11月 国会で後期高齢者医療についての論議が始まる[1]
  • 2006年(平成18年)
    • 2月10日 内閣提出の「健康保険法等の一部を改正する法律案」が第164回国会に提出される[2]
    • 5月17日 衆議院の厚生労働委員会で法案が可決[3]。18日には衆議院で法案可決[4]
    • 6月14日 参議院で可決[5]
    • 6月21日 公布。
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 3月30日 「診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について」等の一部改正について[6](平成19年3月30日付)と題する厚生労働省保険局医療課長通知が出される。
    • 4月1日 「高齢者の医療の確保に関する法律」を施行[7]
    • 4月11日 厚生労働省が市町村及び広域連合からの照会のためのホットラインを設置。
    • 4月 139の市区町村で保険料の徴収金額の間違え、保険料の免除者から誤って徴収したことが報道される[8]
    • 4月25日 厚生労働省が制度に関する国民の質問等を土曜日及び日曜日においても受け付ける専用ホットラインを設置。
    • 5月23日 民主・共産・社民・国民新の野党4党が参院厚生労働委員会に「後期高齢者医療制度廃止法案」を提出。趣旨説明が行われ、実質審議入り。
    • 5月27日 元自民党衆議院議員浜田幸一を起用した後期高齢者医療制度への理解を求めるCMを沖縄県議選に向けてオンエア。
    • 6月3日 『毎日新聞』が保険料を負担している人の約7割は負担が軽減されたとの厚生労働省の調査結果を報じる[9]
    • 6月4日 後期高齢者医療制度への移行に伴う保険料増減の厚生労働省の実態調査において所得の低い世帯ほど保険料負担が増えていたことが判明[10][11][12]
    • 6月5日 町村信孝内閣官房長官が記者会見で、与党がまとめた保険料軽減策を実施する場合、国民健康保険から移った高齢者世帯で保険料が下がる割合は現行の69%から75%に上がるとの見通しを示す[13]
    • 6月5日 参議院の厚生労働委員会において「後期高齢者医療制度廃止法案」が可決。
    • 6月6日 「後期高齢者医療制度廃止法案」が参議院において可決。
    • 6月12日 厚生労働省が改善策を公表(#保険料の軽減措置[14]。。
    • 6月15日 自民、公明の連絡会議で後期高齢者医療制度の運用改善策が決定。
    • 9月 後期高齢者医療制度検討会設置決定。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月17日 検討会の最終報告書。「後期高齢者」「終末期相談支援料」の名称の見直し程度だった。
    • 4月 65〜69歳の医療費負担額を3割から2割に下げる計画とともに、現役世代は3割、65〜74歳は2割、75歳以上を1割とする案が発表される。
    • 8月30日 第45回衆議院議員総選挙で政権交代。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 第146回国会 衆議院 厚生委員会 第2号 平成11年(1999年)11月9日(議事録
  2. ^ 議案審議情報(参議院)
  3. ^ 第164回国会 衆議院 厚生労働委員会 第22号 平成18年(2006年)5月17日(議事録
  4. ^ 第164回国会 衆議院 本会議 第31号. 5月18日(議事録
  5. ^ 第164回国会 参議院 本会議 第33号 平成18年(2006年)6月14日(議事録
  6. ^ 「診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について」等の一部改正について 厚生労働省
  7. ^ 厚生労働白書 2011, pp. 75–77.
  8. ^ 第169回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号 平成20年(2008年)6月3日(議事録
  9. ^ 後期高齢者医療:「7割は負担減」 厚労省調査毎日JP 2008年6月3日23時25分)
  10. ^ 低所得層ほど負担増 後期高齢者医療制度で実態調査MSN産経ニュース)2008年6月4日 19:50閲覧
  11. ^ 新高齢者医療 低所得者の負担増、高所得者は負担減asahi.com 2008年6月4日23時2分)
  12. ^ 低所得者、実は負担増…後期高齢者医療制度YOMIURI ONLINE 2008年6月7日)
  13. ^ 後期高齢者医療、保険料軽減世帯75%に 官房長官NIKKEI NET 2008年6月5日)
  14. ^ “高齢者医療の円滑な運営のための負担の軽減等について” (プレスリリース), 厚生労働省, (2008年6月2日), https://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02d-9.html 

参考文献編集

関連項目編集