メインメニューを開く

鳥ヶ峰 吉五郎(とりがみね きちごろう、1904年5月 - 没年不明)は大正昭和時代の大相撲力士宮城野部屋所属。本名は天野吉五郎。最高位は十両2枚目。

目次

経歴編集

現在の東京都北区出身。宮城野部屋に入門し、1921年1月、「鳥ヶ峰」の四股名で初土俵を踏む。1925年5月、十両昇進。1930年10月まで十両の地位にあった。その後幕下に落ち、1931年5月に十両に復帰したが、2場所続けて負け越し、1932年1月に再び幕下に落ちた。ところが、春秋園事件により、大量の幕内十両の脱退者が出たため、再び十両に上がることになった。再十両後は成績が振るわず、1933年1月、幕下に落ちた。四股名を本名の「天野」に代えた後、1934年1月に廃業した。

改名編集

鳥ヶ峰→天野

外部リンク編集

参考文献編集

  • 小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年
  • 昭和の大相撲刊行委員会/編『昭和の大相撲 資料編』TBSブリタニカ、1989年

関連項目編集