鳥居 元宏(とりい もとひろ、1935年8月6日 - )は、日本の映画監督脚本家[1]。筆名は飛鳥ひろし[1]日本画家の9代目鳥居清光は実妹。

来歴編集

東京府杉並区成宗出身[2]京都府在住。東京都立豊多摩高等学校を経て早稲田大学第一文学部演劇科卒業(1959年)[2]。卒業後東映入社[2]東映京都撮影所(以下、東映京都)の助監督となり、内田吐夢田坂具隆マキノ雅裕加藤泰らに就く[2][3]。1964年から脚本を執筆し[2]、1966年、岡田茂東映京都所長により監督昇進を認められ[4]、『十七人の忍者 大血戦』で監督デビューした[4]。映画監督として、劇場用映画・テレビ用映画を合せて50本を監督[1]。シナリオ作家としては、劇場用映画・テレビ用映画の脚本を合せて約350本を執筆している 。

1990年大阪芸術大学映像学科教授に就任し、学科長になった[1]。1994年神戸芸術工科大学講師。1997年倉敷芸術科学大学講師。

監督作編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚本作編集

映画編集

テレビドラマ編集

著書編集

  • 物語的演技入門-ある俳優養成所の記録から-(青山社、1995年)

脚注編集

  1. ^ a b c d 鳥居 元宏(Motohiro TORII) – マイポータル – researchmap
  2. ^ a b c d e 『日本映画テレビ監督全集』キネマ旬報社、1988年、269-270頁。
  3. ^ 『明治侠客伝 三代目襲名』トークショー 京都ヒストリカ国際映画祭
  4. ^ a b 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、197-198頁。ISBN 9784163768106

関連項目編集

外部リンク編集