メインメニューを開く

編笠十兵衛』(あみがさじゅうべえ)は、池波正太郎の時代小説。

目次

概要編集

1969年昭和44年)に、『週刊新潮5月31日号から連載を開始した。1970年(昭和45年)の同誌5月16日号まで連載され、同年5月に新潮文庫より文庫化された。公儀の歪みを正す剣豪の活躍を描く忠臣蔵外伝である。

赤穂事件の誤った将軍の裁きを、将軍側近中根正冬の部下で、公儀隠密の資格を持つ月森十兵衛が中根を助けつつ裏で正していくというストーリー。赤穂事件を題材にしているため、浅野家と吉良家の家臣も登場するが、浅野側だけでなく、吉良側の私生活にもスポットをあてたエピソードもあるのが本作の特徴。月森十兵衛は架空の人物だが、中根正冬(中根正盛の子)は実在の人物である。

あらすじ編集

元禄時代末期、将軍のあやまちを正すため、赤穂浪士の吉良邸討ち入りを成功させるほかないと判断した月森十兵衛は、同じく“秘命”をおびる大身旗本・中根正冬と秘策を練る。しかし、討ち入りに備えて吉良邸は防備を固め、また赤穂浪士の側も江戸の強硬派と大石内蔵助の思惑が一致せず、あわや上野介は米沢藩にひきとられそうになるのだが…。

テレビドラマ編集

1974年版編集

1974年10月3日から1975年4月3日までフジテレビ系列にて毎週木曜日21時から21時55分に放映されたテレビ時代劇。全26話。

前番組『ぶらり信兵衛 道場破り』に続く高橋英樹主演であるが、一転してハードな展開の続く物語となった。

スタッフ編集

  • 原作:池波正太郎
  • 脚本:放送日程参照
  • 監督:放送日程参照
  • 音楽:渡辺岳夫
  • 制作:フジテレビ・東映

キャスト編集

ほか

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1974年

10月3日

刃傷 土橋成男 田中徳三
2 10月10日 切腹 飛鳥ひろし
3 10月17日 決断 松尾正武
4 10月24日 襲撃 土橋成男
5 10月31日 斬殺 飛鳥ひろし 井沢雅彦
6 11月7日 追憶 土橋成男
7 11月14日 刺客 松尾正武
8 11月21日 出府 飛鳥ひろし
9 11月28日 炎上 池広一夫
10 12月5日 慕情 土橋成男
11 12月12日 脱落 飛鳥ひろし 松尾正武
12 12月26日 弾圧
13 1975年

1月2日

黒幕 土橋成男
14 1月9日 潜入 飛鳥ひろし
15 1月16日 疑惑 土橋成男
16 1月23日 追跡 飛鳥ひろし 田中徳三
17 1月30日 献身
18 2月6日 暴挙 土橋成男
19 2月13日 非道 飛鳥ひろし 松尾正武
20 2月20日 士魂
21 2月27日 謀略 井沢雅彦
22 3月6日 誠忠 土橋成男
23 3月13日 陥穿 齋藤武市
24 3月20日 前夜 飛鳥ひろし 井沢雅彦
25 3月27日 討入 松尾正武
26 4月3日 訣別 土橋成男

前後番組編集

フジテレビ 木曜21時台
前番組 番組名 次番組
編笠十兵衛
同心部屋御用帳 江戸の旋風

1997年版編集

1997年1月6日から3月24日までテレビ東京で放映された時代劇ドラマ。全12回。2009年現在、テレビ東京系列の月曜21時台で放送された最後のテレビドラマである。

原作にはない高田馬場の決闘のエピソードが挿入されている等、ドラマ独自の設定がいくつかある。

なお、劇中音楽は長部正和の手によるものだが、ほとんどの回で『必殺仕事人V・激闘編』の劇中BGM(作曲:京本政樹大谷和夫)が流用される形で使用されている[1]

スタッフ編集

キャスト編集

ほか

サブタイトル編集

話数 サブタイトル 脚本 監督
1 血煙り高田の馬場 吉田剛 貞永方久
2 吉原おいらん斬り
3 刃傷!松の廊下 中村勝行 杉村六郎
4 大八車暴走す!
5 内蔵助乱れる! 田上雄
6 吉良方武士道別れ道
7 暗闘! 赤穂浪士狩り 中村勝行 岡屋龍一
8 吉良屋敷に潜入せよ!
9 安売り天満屋異聞 田上雄
10 非情の魔剣 津島勝
11 女密偵おれん無残 中村勝行 原田雄一
12 壮絶! 赤穂浪士討ち入り
テレビ東京 月曜21時台(本番組までドラマ枠)
前番組 番組名 次番組
編笠十兵衛

脚注編集

  1. ^ この点については、『付き馬屋おえん事件帳』や『江戸中町奉行所』と言った松竹・京都映画制作作品でも同じである。

外部リンク編集