メインメニューを開く

環状2号線 (横浜市)

日本の神奈川県横浜市の道路

環状2号線(かんじょう2ごうせん)は、横浜市の主要な環状道路の一つ。略称は「環2(かんに)」。

主要地方道(横浜市道)
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道17号標識
環状2号線
主要地方道17号
起点 神奈川県横浜市磯子区
終点 神奈川県横浜市鶴見区上末吉
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0357.svg国道357号
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号横浜新道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

都市計画道路としての名称は横浜国際港都建設計画道路3・1・1号環状2号線環状3号線環状4号線とともに横浜市3環状10放射道路ネットワークを構成する市内の主要な環状道路である。全線が主要地方道に指定された市道であり、「横浜環状2号線」として地域高規格道路にも指定されている。また、主要地方道として17号という番号を持っており、道路標識等にも表示されている。

目次

概要編集

横浜市の中心部を取り巻き、市内の高速道路や放射状の幹線道路をつなぐとともに、市の拠点となる地域を連絡する重要な役割を果たす道路である。 磯子から新横浜までの区間では大半が片側3車線となっている上、線形もよく立体交差も至る所にある。そのため、この区間では法定速度を大幅に超えて走行する車も少なくない。このことから神奈川県警察では、白バイ・覆面パトカーによる速度取り締まりを重点的に行っている。

路線データ編集

  • 本線(google マップ
    • 起点 - 磯子区森三丁目
    • 終点 - 鶴見区上末吉五丁目
    • 延長 - 24.5 km
  • 森支線(支線1号線/google マップ
    • 起点 - 磯子区森五丁目
    • 終点 - 磯子区森一丁目
    • 延長 - 1.22 km

歴史編集

  • 1950年昭和25年)6月17日 - 都市計画決定
  • 1964年(昭和39年) - 新横浜地区周辺が開通
  • 1998年平成10年)3月 - 一部暫定2車線および工事中のまま鶴見区 - 磯子区まで開通
  • 1999年(平成11年)3月 - 日野高架橋、港南ひまわりトンネル部分977 mが開通
  • 2001年(平成13年)1月18日 - 国道16号(保土ケ谷区)との接続ランプが開通
  • 2001年(平成13年)3月30日 - 打越高架橋開通・東川島高架橋開通により全線4車線以上化
  • 2005年(平成17年)3月28日 - 森支線(屏風ケ浦バイパス)開通により全区間工事終了

通過地・交差する道路編集

 
陣ヶ下トンネル上より東川島高架橋を望む
 
新桜ヶ丘インター南交差点(保土ヶ谷バイパス新桜ヶ丘IC)
 
上永谷周辺(間を流れるのは永谷川)

関連項目編集

参考文献・外部リンク編集