メインメニューを開く

龍 憲一(りゅう けんいち、1937年4月28日 - )は、福岡県福岡市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・プロ野球コーチなどの野球指導者。

龍 憲一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市
生年月日 (1937-04-28) 1937年4月28日(82歳)
身長
体重
175 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

福岡商科大附属大濠高から、社会人野球の杵島炭鉱を経て日炭高松に入団。1959年都市対抗野球にチーム初出場を果たし、2回戦では東洋レーヨンを相手に先発。5回まで好投するが、後続が打たれ惜敗した[1]。この時のチームメートに柿本実黒江幸弘がいる。

1960年東映フライヤーズに入団[2]。1年目から一軍で起用され、5月18日には大毎オリオンズを相手に初先発。中西勝己と投げ合い、5回を1点に抑え初勝利を果たす。しかし翌1961年は故障もあって低迷。

1962年広島カープへ移籍。先発、中継ぎと重宝されるが、肩のでき上がりが早く、連投がきくからという理由で抑えを任されることになった[2]。当時はセーブというルールが球界になかった時代であり、抑えは単なるリリーフと変わりが無いものだったが、自分の役目をしっかりと果たす。この年は60試合に登板、翌1963年は先発の一角としても起用され、リーグ最多の61試合に登板するなど、毎試合ベンチでスタンバイしていた[2]1965年には64試合に登板し、投球回数も226回を投げた。18勝したがその内17勝が救援勝利という記録だった[2]。しかし、これまでの疲労が溜まり1967年にひじを故障し、1970年引退[2]。引退後「僕が太く短くを選んだ。だから後悔はない」と本人は語っている[2]

現役引退後の1972年に広島の二軍投手コーチ、1973年1974年には太平洋クラブライオンズの一軍投手コーチ、1975年1983年には古巣・広島の一軍投手コーチ、1984年1987年には二軍コーチと歴任[2]ジョー・ルーツ古葉竹織阿南準郎ら3人の監督に仕え、5度のリーグ優勝と3度の日本一に貢献し、広島の黄金期を支える。

2000年から2005年まで広島経済大学硬式野球部特別コーチ、2006年から2009年まで同部投手コーチ、2010年から2012年まで同部の監督を務めた。2度のリーグ優勝に導き、柳田悠岐を送り出した。監督の後任として同じく広島OBの山本翔が就任し、2代続けて広島OBが監督を務めることとなった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1960 東映 33 6 0 0 0 2 1 -- -- .667 372 86.1 92 6 17 1 3 30 0 0 44 31 3.21 1.26
1961 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 3.2 10 1 1 0 0 4 0 0 8 8 18.00 3.00
1962 広島 60 9 1 1 0 4 9 -- -- .308 622 153.0 142 16 39 2 3 61 1 0 60 56 3.29 1.18
1963 61 19 2 0 0 9 16 -- -- .360 806 190.2 193 24 54 7 0 65 1 0 106 96 4.52 1.30
1964 59 7 1 1 0 8 7 -- -- .533 601 138.1 145 16 47 3 6 49 0 1 74 64 4.17 1.39
1965 64 7 2 0 0 18 13 -- -- .581 893 226.0 191 18 50 8 3 75 0 0 67 58 2.31 1.07
1966 55 9 1 1 0 16 14 -- -- .533 820 202.1 181 16 51 9 3 65 1 0 68 64 2.85 1.15
1967 33 1 0 0 0 2 4 -- -- .333 339 79.1 85 9 22 1 2 34 0 0 44 43 4.90 1.35
1968 34 1 0 0 0 1 3 -- -- .250 226 57.2 51 7 11 3 1 17 1 1 22 19 2.95 1.08
1969 20 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 161 39.2 39 3 5 1 2 26 0 0 15 15 3.38 1.11
1970 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 7.0 9 2 5 0 1 2 0 0 10 8 10.29 2.00
通算:11年 426 59 7 3 0 60 68 -- -- .469 4897 1184.0 1138 118 302 35 24 428 4 2 518 462 3.51 1.22
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 17 (1960年 - 1961年)
  • 13 (1962年)
  • 21 (1963年 - 1970年)
  • 65 (1972年)
  • 75 (1973年 - 1974年)
  • 74 (1975年 - 1987年)

脚注編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ a b c d e f g カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P80

関連項目編集

外部リンク編集