メインメニューを開く

1958年イタリアグランプリ (1958 Italian Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第10戦として、1958年9月7日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1958年イタリアグランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第10戦
モンツァ・サーキット(1957-1971)
モンツァ・サーキット(1957-1971)
日程 1958年9月7日
正式名称 XXIX Gran Premio d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.750 km (3.573 mi)
レース距離 70周 402.500 km (250.102 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ヴァンウォール
タイム 1:40.5
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国 フィル・ヒル フェラーリ
タイム 1:42.9[1]
決勝順位
優勝 ヴァンウォール
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

レース概要編集

ドライバーズランキング首位のマイク・ホーソーンは、フェラーリ・246ドラムブレーキが弱点だと考えた。ランキング首位を争うスターリング・モスヴァンウォールには既にディスクブレーキが採用されていた。ホーソーンはエンツォ・フェラーリに「亡きピーター・コリンズが普段街中で乗っていたフェラーリ・250GTに装着されている特製ディスクブレーキを僕のマシンに移植させてほしい」と直訴した。フェラーリは当レースで4台の246をエントリーしたが、ホーソーンの246にはディスクブレーキが装着された[2]。ヴァンウォールは空力を重視するためコックピットを覆うキャノピーを装着して予選で試走させエンジンの回転数を50rpm上げることに成功したが、操縦席内の騒音がひどかったため決勝では使用されなかった[3]

レース序盤は3台のヴァンウォール(モス、トニー・ブルックススチュアート・ルイス=エヴァンズ)、2台のフェラーリ(ホーソーンとフィル・ヒル)、1台のBRMジャン・ベーラ)による壮絶なスリップストリームによる首位争いが繰り広げられたが、モスはレース前半でリタイアした。代わってブルックスがシーズン3勝目を挙げ、ヴァンウォールの初代コンストラクターズチャンピオンが決定した。ホーソーンはクラッチの不調でペースダウンしたものの2位となり6点を獲得し、モスとの差を8点に広げて最終戦モロッコGPを迎えることになった。フィル・ヒルはスピンとピットインで一旦は後退したもののファステストラップを記録する快走で3位まで盛り返し、初入賞が初表彰台となった[4]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   モーリス・トランティニアン   RRCウォーカー・レーシングチーム クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4 D
4   ジャック・ブラバム   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 2.0L L4 D
6   ロイ・サルヴァドーリ クライマックス FPF 2.2L L4
8   ジャン・ベーラ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
10   ハリー・シェル
12   ヨアキム・ボニエ
14   マイク・ホーソーン   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
16   ヴォルフガング・フォン・トリップス
18   フィル・ヒル
20   オリビエ・ジャンドビアン
22   ジュリオ・ガビアンカ   ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
24   ハンス・ヘルマン
26   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 D
28   トニー・ブルックス
30   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
32   マステン・グレゴリー   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
34   キャロル・シェルビー P
36   クリフ・アリソン   チーム・ロータス ロータス 12 クライマックス FPF 2.0L L4 D
38   グラハム・ヒル 16 クライマックス FPF 2.2L L4
40   ジェリーノ・ジェリーニ   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
42   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
ソース:[5]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 26   スターリング・モス ヴァンウォール 1:40.5
2 28   トニー・ブルックス ヴァンウォール 1:41.4 + 0.9
3 14   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:41.8 + 1.3
4 30   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 1:42.4 + 1.9
5 20   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 1:42.5 + 2.0
6 16   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 1:42.6 + 2.1
7 18   フィル・ヒル フェラーリ 1:42.7 + 2.2
8 8   ジャン・ベーラ BRM 1:43.2 + 2.7
9 10   ハリー・シェル BRM 1:43.2 + 2.7
10 12   ヨアキム・ボニエ BRM 1:44.7 + 4.2
11 32   マステン・グレゴリー マセラティ 1:44.9 + 4.4
12 38   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 1:46.0 + 5.5
13 2   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 1:46.4 + 5.9
14 6   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 1:47.0 + 6.5
15 4   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:47.3 + 6.8
16 36   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 1:47.8 + 7.3
17 34   キャロル・シェルビー マセラティ 1:48.0 + 7.5
18 24   ハンス・ヘルマン マセラティ 1:49.8 + 9.3
19 40   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 1:50.1 + 9.6
20 22   ジュリオ・ガビアンカ マセラティ 1:54.6 + 14.1
21 42   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 1:55.9 + 15.4
ソース:[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 28   トニー・ブルックス ヴァンウォール 70 2:03:47.8 2 8
2 14   マイク・ホーソーン フェラーリ 70 + 24.2 3 6
3 18   フィル・ヒル フェラーリ 70 + 28.3 7 5 1
4 32   マステン・グレゴリー
  キャロル・シェルビー
マセラティ 69 + 1 Lap 11 0 2
5 6   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 62 + 8 Laps 14 2
6 38   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 62 + 8 Laps 12
7 36   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 61 + 9 Laps 16
Ret 42   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 57 エンジン 21
Ret 22   ジュリオ・ガビアンカ マセラティ 51 エンジン 20
Ret 8   ジャン・ベーラ BRM 42 クラッチ 8
Ret 24   ハンス・ヘルマン マセラティ 32 エンジン 18
Ret 30   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 30 オーバーヒート 4
Ret 2   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 24 ギアボックス 13
Ret 26   スターリング・モス ヴァンウォール 17 ギアボックス 1
Ret 12   ヨアキム・ボニエ BRM 14 トランスミッション 10
Ret 20   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 4 サスペンション 5
Ret 40   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 2 アクシデント 19
Ret 34   キャロル・シェルビー マセラティ 1 ハンドリング 17
Ret 16   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 0 アクシデント 6
Ret 10   ハリー・シェル BRM 0 アクシデント 9
Ret 4   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 0 サスペンション 15
ソース:[7]
追記

第10戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lang, Mike (1981). Grand Prix! Vol 1. Haynes Publishing Group. p. 138. ISBN 0-85429-276-4. 
  2. ^ (林信次 1999, p. 60)
  3. ^ (林信次 1999, p. 61)
  4. ^ (林信次 1999, p. 60,62)
  5. ^ Italy 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年2月17日閲覧。
  6. ^ Italy 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年2月17日閲覧。
  7. ^ 1958 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集