1957年イタリアグランプリ

1957年イタリアグランプリ (1957 Italian Grand Prix) は、1957年のF1世界選手権第8戦(最終戦)として、1957年9月8日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1957年イタリアグランプリ
レース詳細
1957年F1世界選手権全8戦の第8戦
モンツァ・サーキット(1957-1971)
モンツァ・サーキット(1957-1971)
日程 1957年9月8日
正式名称 XXVIII Gran Premio d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.750 km (3.573 mi)
レース距離 87周 500.25 km (310.84 mi)
ポールポジション
ドライバー ヴァンウォール
タイム 1:42.4
ファステストラップ
ドライバー イギリス トニー・ブルックス ヴァンウォール
タイム 1:43.7
決勝順位
優勝 ヴァンウォール
2位 マセラティ
3位 フェラーリ

レース概要編集

1955年1956年に使用されたオーバルコースの併用をやめ、ロードコースのみが使用された。それでも高速サーキットであることには変わりがなく、空力に優れたヴァンウォール勢が1-3位を独占した(スチュアート・ルイス=エヴァンズは初ポールポジション)。レースでもマセラティ2台と激しいトップ争いを演じた末、スターリング・モスが制して連勝した。ファン・マヌエル・ファンジオは2位が精一杯だった。マセラティはずっと開発を続けていたV型12気筒エンジンをジャン・ベーラ250Fに搭載しトップ争いにも加わったが、中盤過ぎにエンジンが壊れてリタイアに終わった[1]フェラーリ1950年以来の未勝利に終わった。

マセラティは市販GTカーの開発に専念するため、11月にレース活動の休止を発表した[1]。さらに王者ファンジオが翌シーズンはフル参戦しないことを発表した。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
4   ハリー・シェル
6   ジャン・ベーラ マセラティ 250F1 2.5L V12
8   ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 250F1 2.5L L6
10   パコ・ゴディア
12   ルイジ・ピオッティ   ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
14   ホレース・グールド   H.H. グールド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
16   ブルース・ハルフォード   ブルース・ハルフォード マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
18   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 P
20   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
22   トニー・ブルックス
24   ヨアキム・ボニエ   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
26   マステン・グレゴリー
28   オットリーノ・フォロンテリオ 1
  アンドレ・シモン
  オットリーノ・フォロンテリオ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
30   ピーター・コリンズ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 801 フェラーリ DS50 2.5L V8 E
32   ルイジ・ムッソ
34   マイク・ホーソーン
36   ヴォルフガング・フォン・トリップス
ソース:[2]
追記
  • ^1 - 交代要員としてエントリー

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 20   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 1:42.4
2 18   スターリング・モス ヴァンウォール 1:42.7 + 0.3
3 22   トニー・ブルックス ヴァンウォール 1:42.9 + 0.5
4 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 1:43.1 + 0.7
5 6   ジャン・ベーラ マセラティ 1:43.9 + 1.5
6 4   ハリー・シェル マセラティ 1:45.1 + 2.7
7 30   ピーター・コリンズ フェラーリ 1:45.3 + 2.9
8 36   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 1:45.5 + 3.1
9 32   ルイジ・ムッソ フェラーリ 1:45.7 + 3.3
10 34   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:46.1 + 3.7
11 26   マステン・グレゴリー マセラティ 1:48.9 + 6.5
12 8   ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 1:49.2 + 6.8
13 24   ヨアキム・ボニエ マセラティ 1:49.7 + 7.3
14 16   ブルース・ハルフォード マセラティ 1:51.6 + 9.2
15 10   パコ・ゴディア マセラティ 1:52.2 + 9.8
16 28   アンドレ・シモン マセラティ 1:52.8 + 10.4
17 12   ルイジ・ピオッティ マセラティ 1:52.9 + 10.5
18 14   ホレース・グールド マセラティ 1:53.7 + 11.3
ソース:[3]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 18   スターリング・モス ヴァンウォール 87 2:35:03.9 2 8
2 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 87 +41.2 4 6
3 36   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 85 +2 Laps 8 4
4 26   マステン・グレゴリー マセラティ 84 +3 Laps 11 3
5 8   ジョルジオ・スカルラッティ
  ハリー・シェル
マセラティ 84 +3 Laps 12 1
1
6 34   マイク・ホーソーン フェラーリ 83 +4 Laps 10
7 22   トニー・ブルックス ヴァンウォール 82 +5 Laps 3 1 1
8 32   ルイジ・ムッソ フェラーリ 82 +5 Laps 9
9 10   パコ・ゴディア マセラティ 81 +6 Laps 15
10 14   ホレース・グールド マセラティ 78 +9 Laps 18
11 28   アンドレ・シモン
  オットリーノ・フォロンテリオ
マセラティ 72 +15 Laps 16
Ret 30   ピーター・コリンズ フェラーリ 62 エンジン 7
Ret 20   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 49 エンジン 1
Ret 6   ジャン・ベーラ マセラティ 49 オーバーヒート 5
Ret 16   ブルース・ハルフォード マセラティ 47 エンジン 14
Ret 4   ハリー・シェル マセラティ 34 オイル漏れ 6
Ret 24   ヨアキム・ボニエ マセラティ 31 オーバーヒート 13
Ret 12   ルイジ・ピオッティ マセラティ 3 エンジン 17
ソース:[4]
追記

注記編集

ランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 40 (46)
  2   スターリング・モス 25
  3   ルイジ・ムッソ 16
  4   マイク・ホーソーン 13
  5   トニー・ブルックス 11
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b (林信次 1999, p. 41)
  2. ^ Italy 1957 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月26日閲覧。
  3. ^ Italy 1957 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月26日閲覧。
  4. ^ 1957 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集

前戦
1957年ペスカーラグランプリ
FIA F1世界選手権
1957年シーズン
前回開催
1956年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ次回開催
1958年イタリアグランプリ