1960年ポルトガルグランプリ

1960年ポルトガルグランプリ (1960 Portuguese Grand Prix) は、1960年のF1世界選手権第8戦として、1960年8月14日ボアビスタ・サーキットで開催された。

ポルトガル 1960年ポルトガルグランプリ
レース詳細
1960年F1世界選手権全10戦の第8戦
Boavista (Oporto).svg
日程 1960年8月14日
正式名称 IX Portuguese Grand Prix
開催地 ボアビスタ・サーキット
ポルトガルの旗 ポルトガル ポルト
コース 市街地コース
コース長 7.407 km (4.625 mi)
レース距離 55周 407.385 km (254.375 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 2:25.56
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース ロータス-クライマックス
タイム 2:27.53 (33周目)
決勝順位
優勝 クーパー-クライマックス
2位 クーパー-クライマックス
3位 ロータス-クライマックス

レース概要編集

ベルギーGPで重症を負ったスターリング・モスがわずか2ヶ月で復帰した[1]。F1デビュー3戦目のジョン・サーティースロータス)がポールポジションを獲得した。チームメイトのジム・クラークは予選でマシンを裏返してしまった[1]

レース序盤の10周はダン・ガーニーBRM)がトップを走ったが[2]、サーティースがトップを奪い返した。36周目にジャック・ブラバムクーパー)がサーティースを抜いて5連勝を挙げ、2戦を残して早々に2年連続2回目のドライバーズチャンピオンを確定させた[3]コンストラクターズチャンピオンも2年連続でクーパーのものとなった。クラークは修理跡が生々しいマシンで決勝に臨んだが3位に入賞し、初の表彰台に立った[4]。モスは前半2位につける走りを見せたが、終盤スピンした際にコースを逆走したため失格となった[1]

ポルトガルでのF1世界選手権レース開催は本年を最後に中断し、次回の開催は1984年となった[5]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  クーパー・カー・カンパニー 2   ジャック・ブラバム クーパー T53 クライマックス FPF 2.5L L4
4   ブルース・マクラーレン
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 6   トニー・ブルックス クーパー T51 クライマックス FPF 2.5L L4
8   オリビエ・ジャンドビアン
10   ヘンリー・テイラー 1
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 12   スターリング・モス ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
  チーム・ロータス 14   ジム・クラーク ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
16   イネス・アイルランド
18   ジョン・サーティース
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 20   ヨアキム・ボニエ BRM P48 BRM P25 2.5L L4
22   グラハム・ヒル
24   ダン・ガーニー
  スクーデリア・フェラーリ 26   フィル・ヒル フェラーリ 246 フェラーリ Tipo155 2.4L V6
28   ヴォルフガング・フォン・トリップス
  スクーデリア・セントロ・スッド 30   マステン・グレゴリー クーパー T51 マセラティ 250S 2.5L L4
32   マリオ・カブラル
ソース:[6]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - テイラーは練習走行で腕を負傷したため、レースの参加を見合わせた

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 18   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 2:25.56
2 24   ダン・ガーニー BRM 2:25.63 + 0.07
3 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 2:26.05 + 0.49
4 12   スターリング・モス ロータス-クライマックス 2:26.19 + 0.63
5 22   グラハム・ヒル BRM 2:27.11 + 1.55
6 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 2:27.44 + 1.88
7 16   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 2:27.52 + 1.96
8 14   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 2:28.36 + 2.80
9 28   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 2:28.40 + 2.84
10 26   フィル・ヒル フェラーリ 2:28.42 + 2.86
11 30   マステン・グレゴリー クーパー-マセラティ 2:29.16 + 3.60
12 6   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 2:32.12 + 6.56
13 20   ヨアキム・ボニエ BRM 2:33.34 + 7.78
14 8   オリビエ・ジャンドビアン クーパー-クライマックス 2:33.73 + 8.17
15 32   マリオ・カブラル クーパー-マセラティ 2:35.85 + 10.29
ソース:[7]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 55 2:19:00.03 3 8
2 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 55 + 57.97 6 6
3 14   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 55 + 1:53.23 8 4
4 28   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 55 + 1:58.81 9 3
DSQ 12   スターリング・モス ロータス-クライマックス 51 失格(コース逆走) 4
5 6   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 49 + 6 Laps 12 2
6 16   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 48 + 7 Laps 7 1
7 8   オリビエ・ジャンドビアン クーパー-クライマックス 46 + 9 Laps 14
Ret 32   マリオ・カブラル クーパー-マセラティ 38 アクシデント 15
Ret 18   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 37 ラジエーター 1
Ret 26   フィル・ヒル フェラーリ 30 アクシデント 10
Ret 24   ダン・ガーニー BRM 25 エンジン 2
Ret 30   マステン・グレゴリー クーパー-マセラティ 21 ギアボックス 11
Ret 22   グラハム・ヒル BRM 9 ギアボックス 5
Ret 20   ヨアキム・ボニエ BRM 6 エンジン 13
ソース:[8]
ラップリーダー[9]

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c (林信次 1999, p. 96)
  2. ^ (林信次 1999, p. 99)
  3. ^ (林信次 1999, p. 95)
  4. ^ (林信次 1999, p. 96,99)
  5. ^ ポルトガルGP自体の開催は1964年から再開されたが、F3によるものだった(1966年まで)。
  6. ^ Portugal 1960 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年3月18日閲覧。
  7. ^ Portugal 1960 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年3月17日閲覧。
  8. ^ 1960 Portuguese Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  9. ^ Portugal 1960 - Laps led”. statsf1.com. 2018年3月18日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集

前戦
1960年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1960年シーズン
次戦
1960年イタリアグランプリ
前回開催
1959年ポルトガルグランプリ
  ポルトガルグランプリ次回開催
1984年ポルトガルグランプリ